ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2008年02月01日

【ご参考】「PMA 2008」出展のご案内

 ソニーは、2008年1月31日(木)より米国ラスベガスで開催されている北米最大規模の写真・映像関連の展示会「PMA 2008」(PMA2008 International Convention and Trade Show)にて、デジタル一眼レフカメラ“α”の新商品(“α350”および“α300”*1)を中心に展示しております。

<デジタル一眼レフカメラ“α”>
充実の基本性能を備えた“α200”に加え、液晶を見ながら自由なアングルで撮影ができ、光学ファインダー使用時と変わらずレスポンスよく撮影することが可能な「クイックAFライブビュー」を搭載した“α350”および“α300”*1などのエントリー新機種を加えたαシリーズボディラインアップをはじめ、新しく発売する“Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM”“70-300mm F4.5-5.6 G SSM”を含む26本のレンズ群や外付けフラッシュ『HVL-F42AM』などのアクセサリーを展示しています。加えて、以下の製品群を参考出品しています。

*1 “α300”は海外向けに販売予定のモデルです。

 
【参考出品】
 フラッグシップモデルシステム(2008年中に発売予定):
   (1)開発中のαシステム最上位モデル
    ・24.6MフルフレームサイズCMOSイメージセンサー「Exmor」搭載
    ・フルフレームサイズセンサー対応ボディ内蔵手ブレ補正機能搭載
   (2)専用縦位置グリップ、新規外付けフラッシュ

 交換レンズコンセプトモデル群
  交換レンズについても高性能・高画質なレンズを中心に、幅広いラインナップを開発していく計画です。
  今回はその中から6本のコンセプトモデルを展示しています。
   (1)大口径広角ズームレンズ
   (2)超望遠ズームレンズ
   (3)広角単焦点レンズ
   (4)大口径広角単焦点レンズ
   (5)望遠単焦点レンズ
   (6)超望遠単焦点レンズ
 
<デジタルスチルカメラ“サイバーショット”>
 顔検出機能やスマイルシャッター機能を搭載した、米国向け“サイバーショット”新商品(Tシリーズ、Wシリーズ、Hシリーズ、Sシリーズなど)やプリンター、関連アクセサリーなどを展示しています。また、「ブラビア プレミアムフォト」対応のハイビジョンテレビ<ブラビア>につないで再生すると、写真らしい高精細で微妙な質感や色合いの表現が可能となり、写真を「撮る」楽しみに加え、写真を「見る」楽しみも引き続き提案しています。
<デジタルビデオカメラ“ハンディカム”>
 大容量120GBのHDDにハイビジョン映像を最長約48時間*2撮影可能なハイビジョン“ハンディカム”や8GB内蔵フラッシュメモリー・“メモリースティック”・DVDディスクの3種類のメディアに1920×1080iのハイビジョン映像を記録し、高精彩な映像を楽しめるハイブリッドプラス デジタルハイビジョン“ハンディカム”などを含む“ハンディカム”のフルラインアップを展示しています。
デジタル一眼レフカメラ“α700”に搭載した“Exmor”技術を採用した「クリアビッドCMOSセンサー」を搭載し、ノイズの少ない高精細なハイビジョン映像と静止画記録を実現します。
“ハンディカム”として初めて「顔検出」機能を搭載。動画撮影時でも「フォーカス」「明るさ」「肌色」を自動で調整し、人物の顔を美しく撮影します。

*2 『HDR-SR12』でAVCHD 5Mbps (LPモード)撮影時

このページの先頭へ