ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2008年02月15日

世界をリードする企業12社が「東京宣言」に署名

〜地球温暖化に対するさらなる取り組みとビジネス界の変革を拡大することを宣言〜

 東京発−世界をリードするソニー、ノキア、ナイキなど、WWFクライメート・セイバーズ・プログラム参加企業12社が、緊急の課題である気候変動に立ち向かう決意を「東京宣言」として発表しました。本日、WWFとソニーが共同で開催した「クライメート・セイバーズ東京サミット2008」において署名されたこの宣言は、気候変動による危機的状況を避けるには、世界の温室効果ガスの排出量を2050年までに50%以上削減しなければならないこと、気温上昇を2℃未満に抑えるために今後10年から15年のうちに排出量のピークを迎え、その後速やかに削減させなくてはならないことを強く訴えています。
 京都議定書発効の3周年を翌日に控え、12社を代表してソニー株式会社代表執行役会長兼CEO(最高経営責任者)ハワード・ストリンガーが発表したこの「東京宣言」には、国際的なビジネス社会が、気候変動への対策をより強化、拡大していく決意が述べられています。
ソニー株式会社代表執行役会長兼CEOハワード・ストリンガーのコメント:
「悪化した環境下ではビジネスの繁栄は不可能だとソニーは考えています。だからこそ、地球への負荷を軽減するためにソニーの技術力とノウハウを駆使するとともに、各家庭における環境負荷削減を消費者に促すことに尽力しています。ソニーは自らの環境負荷を最小限にするために、企業活動のあらゆる側面において責任を持って行動すると同時に、ソニー独自の能力を最大限に活用して他企業やビジネス・パートナーとともに環境問題の解決に向けて取り組んでまいります」
「東京宣言」に署名した多くの企業をはじめとするWWFクライメート・セイバーズ・プログラム参加企業は、すでに、同プログラム参加時に自ら定めた野心的な排出削減目標を超えた成果をだしています。同宣言では、これに加えて、ビジネス・パートナーに働きかけ、気候変動におよぼす影響を低減するための効果的な対策の実行を促すとともに、ビジネス・パートナーや消費者にむけて、低炭素型のライフスタイルの普及啓発、促進も宣言しています。
WWFインターナショナル事務局長ジェームズ・リープのコメント:
「WWFクライメート・セイバーズ・プログラムと『東京宣言』は、企業が貢献できる気候変動への対策が広範囲であることを示しました。これらの企業は自らの排出量削減目標を定めているだけでなく、政府、より広範なビジネス界、ビジネス・パートナーや消費者にまで対策への取り組みを進んで求めていく意志がある点も、WWFは賞賛します」
 クライメート・セイバーズ企業は、この宣言を通して早期に自主的、革新的に気候変動に取り組むことがビジネス界の緊急の課題であると同時に、恩恵をもたらすことであると強調しています。「東京宣言」に署名した企業は、アリアンツ・グループ、キャタリスト、ザ・コリンズ・カンパニー、ヒューレット・パッカード・カンパニー、ナイキ・インク、ノボ ノルディスク、ノキア コーポレーション、佐川急便株式会社、ソニー株式会社、スピッツベルゲン・トラベル、テトラパック、ザンテラ・パークス・アンド・リゾートの計12社です。

註:

  • 1) 本ニュースリリースおよび添付資料(クライメート・セイバーズ企業のファクトシート、クライメート・ セイバーズ企業の取組の達成状況など)は、以下のウェブサイトでもご覧いただけます。
    http://www.panda.org/climate
    http://www.wwf.or.jp/activities/press/2008/02/
    www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/Group/index.html
    2) 東京宣言に署名した企業に関しては各企業のウェブサイトをご参照ください。アリアンツ・グループAllianz Group (www.allianz.com)、キャタリストCatalyst (www.catalystpaper.com), ザ・コリンズ・カンパニー The Collins Companies (www.collinswood.com), ヒューレット・パッカード・カンパニー Hewlett-Packard Company (www.hp.com), ナイキ・インク NIKE, Inc. (www.nike.com), ノボ ノルディスクNovo Nordisk (www.novonordisk.com),ノキア コーポレーションNokia Corporation (www.nokia.com), 佐川急便株式会社 Sagawa Express (www.sagawa-exp.co.jp), ソニー株式会社 Sony Corporation (www.sony.co.jp/ ), スピッツベルゲン・トラベル Spitsbergen Travel (www.spitsbergentravel.no), テトラパックTetra Pak (www.tetrapak.com), ザンテラ・パークス・アンド・リゾート Xanterra Parks & Resorts (www.xanterra.com).
    3) WWFは、先進的な環境対策を進めている世界の様々な企業に、さらに一歩踏み込んだ温室効果ガスの削減を行い、その業界における地球温暖化対策推進リーダーとしてより大きな役割を果たしてもらうプログラム“クライメート・セイバーズ”への参加を呼びかけています。
    クライメート・セイバーズ・プログラムは、WWFと企業がパートナーシップを結び、企業の排出削減の計画とその実施を行っていくプログラムです。企業は、WWFとの対話を通じて削減目標を掲げ、温室効果ガス削減目標とその実行を、WWFと第三者認証機関が検証します。くわしくは、以下のアドレスにあるクライメート・セイバーズ概要をご参照ください。
    http://www.wwf.or.jp/activity/climate/clmt-svrs/index.htm

このページの先頭へ