ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2008年03月03日

デジタルサイネージサービスプラットフォーム“BEADS”新開発

〜 2008年度よりマネージドサービスを提供 〜

 ソニーは、広域・多拠点へのコンテンツ配信を可能にするデジタルサイネージサービスプラットフォーム“BEADS”※1を開発いたしました。

 “BEADS”は、インターネット網を活用し、最大10,000台のディスプレイへのセキュアなコンテンツ配信が可能なサービスプラットフォームです。
 このため、流通業店舗や駅などの全国規模の拠点や大型商業施設に設置された多数のディスプレイに対して、一斉に映像情報を配信できます。ディスプレイごとに異なる情報の配信もできるため、設置シーンに応じた情報配信が可能です。

 2008年度上期には、“BEADS”を採用したデジタルサイネージマネージド(運営受託)サービスを開始予定で、お客様にディスプレイおよびディスプレイコントローラーなどをご購入いただいたうえで、コンサルティング、システム導入から、コンテンツ制作、運用、監視・保守まで、デジタルサイネージに関するトータルソリューションを提供いたします※2

 ソニーは、小・中規模の運用に適したデジタルサイネージプレーヤー『VSP-NS7』(現行商品)に加え、“BEADS”による運営受託サービスの提供により、大規模での運用にも対応し、デジタルサイネージ分野におけるお客様のあらゆるニーズにお応えしてまいります。

※1 BEADS(ビーズ): Bilateral Electrical Advertisement Distribution System
※2 国内におけるデジタルサイネージマネージドサービスは、ソニーブロードバンドソリューション株式会社が営業窓口となります。

<BEADSのシステム構成>

  • BEADSのシステム構成
導入事例
 本システムは伊勢丹新宿店前地下通路で今春運用が開始される予定です。
52インチディスプレイを27台、17インチを32台設置。“BEADS”を使い、店舗情報などを配信し、店頭における新たな販売促進、集客に利用されます。
展示会出展のご案内
 3/4〜3/7に東京ビッグサイトで開催予定の“リテールテックジャパン2008”にて、“BEADS”を使った店舗におけるデジタルサイネージのご提案例や、52インチディスプレイ3台を連動させた展示を行います。(ソニーブース: 小間番号 RT1117)

<デジタルサイネージサービスプラットフォーム“BEADS”の主な特長>

1. 最大10,000台のディスプレイへのコンテンツ配信
 インターネット網を活用し、最大10,000台のディスプレイへのコンテンツ配信が可能で、全国規模の拠点に対するタイムリーな情報配信を実現します。
2. RSA公開鍵認証を使ったセキュリティシステムによる安全性の高いコンテンツ配信
 耐タンパ性※3のチップに電子証明書を搭載する“BEADSセキュリティドングル”※4を用いたセキュリティシステムにより、クライアント認証、改ざん検出、暗号鍵漏洩防止などの強固なセキュリティ機能を実現し、インターネット上においても通信路暗号化を行うことにより、信頼性の高い配信サービスを提供します。
 これにより、専用回線やVPN(仮想プライベート網)の構築が不要となり、ネットワーク運用コストを低減することができます。

※3 情報の読み取りや改変に対する耐性のこと。
※4 “BEADSセキュリティドングル”は、USBで接続する小型専用機器です。

3. 多チャンネル配信管理によるフレキシブルなコンテンツ編成機能
 複数のディスプレイを目的や設置エリアに応じて分類し、それぞれに異なるコンテンツを編成・配信する多チャンネル配信管理が可能です。
 例えば、地域特性に合わせた内容のコンテンツ配信や、同一拠点内において店舗の売り場や時間帯に合わせたコンテンツを配信することが可能です。場所や時間に応じたコンテンツを編成することにより、情報の訴求効果を最大限に高めます。
  • 【配信例】売り場によって異なる映像を配信
4. 効果的な空間演出を実現するリアルマルチディスプレイ表示機能
 従来、複数連動したディスプレイに映像を表示するには、デジタル処理による画像拡大が必要なため、画像劣化が発生していました。
 リアルマルチディスプレイ表示機能により、高解像度に制作したFlashコンテンツデータの拡大を最小限に抑えることで、高精細な映像表現を実現しました。
 例えば、フルHD(1920×1080ドット)の大型ディスプレイを縦置きで3台並べた3240×1920ドットの3連スクリーンで、高精細な映像表現が可能です。
5. 高精度シンクロ再生機能
 複数ディスプレイでの再生タイミングを高精度に同期させ、ずれのないコンテンツ表示を可能にしました。複数の画面が一斉に切り替わることにより、迫力のあるコンテンツ表現で見る人に強い印象を与えます。
6. 監視機能
 24時間365日、ディスプレイ電源のオン/オフ状況※5や、コンテンツの再生状況を監視。配信履歴を証明する配信ログの出力も可能です。
 また、万が一の事態にも即時対応ができる遠隔操作機能も備えています。

※5 ソニー製業務用ディスプレイ使用の場合に限ります。

7. その他表示機能
 テロップ表示機能、画面分割表示機能など、多彩なコンテンツ表現が可能です。

<サービスイメージ図>

  • サービスイメージ図

※ サービス提供価格はお客様のご利用環境・構成により異なりますので、個別にお見積りいたします。

サービスに関するお問い合わせ:

業務用商品相談窓口 電話:0120-788-333

デジタルサイネージソリューションOfficial Web:

www.sony.co.jp/digital-signage/
※現在はアクセスできません

このページの先頭へ