ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2008年03月11日

映画館に向けた デジタルコンテンツ配給事業 開始

〜本年5月より音楽座ミュージカル「メトロに乗って」をデジタル上映〜

 ソニー株式会社は、演劇、ミュージカル、オペラなどの舞台芸術、スポーツイベント、音楽イベントなどをデジタル化し、作品・イベントの権利所有者と共同で全国の映画館に向けてデジタル映像を供給するコンテンツ配給事業を開始いたします。
 事業の第一弾として、株式会社ヒューマンデザイン様が、昨年12月に東京芸術劇場にて上演された音楽座ミュージカル「メトロに乗って」を収録したデジタル映像作品を本年5月より国内の映画館に配給いたします。同作品の配給は、関東圏の映画館を対象に開始し、その後、全国へ展開する予定です。
 今回収録をしたデジタル上映向けの「メトロに乗って」は、ソニーPCL株式会社が、映画館の大画面で上映するために当社製“CineAlta(シネアルタ)”カメラ「HDC-F950」※1など計9台で撮影し、編集・制作をいたしました。
 大画面でデジタル上映されるミュージカルは、演者の動きや表情、舞台の細部までを映し出すことで、お客様に舞台芸術の新たな楽しみ方をご提供いたします。
 現在、国内の映画館には3,000を超えるスクリーンがあり、そのうち約3%がデジタル対応をしております。※2 一方、映像制作の現場では、撮影・編集などの工程で既にデジタル化がスタンダードになっており、映画館においても編集の効率化などへの期待から、今後更なるデジタル化が見込まれています。
 このような市場動向に鑑み、当社は逸早くデジタル化に適した魅力的な作品やイベントを発掘し、コンテンツの権利所有者とともに映像のデジタル化を図り、全国の映画館へ配給することで、これまで特定の場で楽しまれてきた作品やイベントを全国の皆様へお届けいたします。
 当社は、昨年5月に受注を開始した“デジタルシネマ上映用トータルシステムパッケージ”に加え、今回のデジタルコンテンツ配給事業を開始することで、ハードウェア・ソフトウェアの両面で国内デジタルシネマ市場の活性化に取り組んでまいります。

  • ソニーPCL(株)での映画館上映版「メトロに乗って」制作風景
    写真・左は、監督(映像ディレクター)の宮坂まゆみ氏
作品の詳細については、ミュージカル「メトロに乗って」映画館上映特別版公式HPをご覧下さい。 http://www.metroninotte.jp

※1 “CineAlta”および“シネアルタ”は、ソニー株式会社の商標です
※2 2007年12月時点、日本映画製作者連盟調べ

事業に関するお問い合わせ

デジタルコンテンツ配給事業担当窓口 電話:03-5792-2081

このページの先頭へ