ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2008年04月10日

【参考資料】ソニー・フィルハーモニック・オーケストラ、世界的なチェリストのヨーヨー・マと米国カーネギーホールでチャリティーコンサート開催

〜 指揮者はロンドン交響楽団のマエストロ・ハーディング 〜

*この参考資料は2008年4月9日に米国ニューヨークで発表された資料を和訳したものです。

 【米国ニューヨーク発: 2008年4月9日】ソニーグループ社員で構成された交響楽団のソニー・フィルハーモニック・オーケストラ(以下、ソニーフィル)は、2008年10月14日(火)に、米国ニューヨークのカーネギーホールでコンサートを開催します。ソニーフィル初の米国でのコンサートの指揮は、ロンドン交響楽団首席客演指揮者、スウェーデン放送交響楽団音楽監督、マーラー・チェンバー・オーケストラ首席指揮者であるダニエル・ハーディング氏が務め、ソニーBMGに所属する世界的なチェリストのヨーヨー・マがゲストソリストとして演奏します。
 ソニーフィルは、ソニーグループ社員によって1995年に設立された交響楽団です。現在、日本で勤務するソニーグループ各社の社員とその家族を含む、108名によって構成されています。楽団員の6割以上がエンジニアで、その他のメンバーは、ソニーやソニー・コンピュータエンタテインメント、ソニー生命、ソニー・ミュージックエンタテインメント、ソニーマーケティングなど、グループ各社に勤めています。

ソニー会長兼CEOのハワード・ストリンガーのコメント

「カーネギーホールのメインステージでソニーフィルのコンサートを開催することは、私の10年来の夢でした。楽団員の音楽に対する情熱は、卓越した技術を追い求める彼らの情熱に匹敵するものです。また、目標に向かうその強い意志は、世界中のソニー社員の才能とエネルギーを映し出しています。ソニーフィルの演奏を初めて聴いたとき、その演奏レベルの高さに大きな感銘を受けました。ソニーグループ各社の社員が一体となり、世界で最も有名なコンサートホールでシンフォニーを奏でる姿は、まさにソニーユナイテッドの成果を象徴しています」
 コンサートでは、ドヴォルザーク作曲の「チェロ協奏曲 ロ短調」、ベルリオーズ作曲の「序曲 海賊」、チャイコフスキー作曲の「交響曲第5番 ホ短調」などを演奏いたします。また、コンサートの収益金の一部は、芸術教育支援のため、The Harlem School of the Arts、みどり教育財団およびOrchestra of St. Luke's Arts Education Programに寄付されます。

 チケットは、カーネギーホールのボックスオフィス「カーネギーチャージ」、またはホームページ www.carnegiehall.org にて、今夏に発売される予定です。

ダニエル・ハーディング氏のコメント

(本年2月16日に東京で行われたソニーフィルとの初のリハーサル時に語った内容の抜粋)

 「私は日頃から、アマチュア交響楽団の方々に対して、また音楽の世界における彼らの重要な役割に対して尊敬の念を抱いていました。日々の業務をこなし、さらにこのような高いレベルでの演奏ができることは、素晴らしいと思います」

ソニー・フィルハーモニックオーケストラ 部長 依田健一のコメント

 「ソニーフィルはこれまで、東京を中心に20回以上のコンサートを開催してきましたが、今回のコンサートは、私たちにとって大きなステップとなります。ヨーヨー・マとの共演、マエストロ・ハーディングの指揮によるカーネギーホールでの演奏、夢が叶うとは、まさにこのことだと思います。 今回のコンサートを通じて地域社会へ貢献できることを、楽団員一同、大変うれしく思います」
このページの先頭へ