ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2008年04月11日

ソニー、クラシックピアノの新星 郎朗(ラン・ラン)とスポンサーシップ契約を締結

〜 音楽業界で新風を巻き起こすラン・ランと共に更なるブランド価値向上を目指す 〜

 ソニー株式会社は、クラシックピアノの新星 郎朗(以下、ラン・ラン)と3年間(2008年4月1日より2011年3月31日)のスポンサーシップ契約を締結しました。
 中国出身のピアニスト、ラン・ランは、3歳から磨き上げた卓越したテクニック、独自の表現力、カリスマ性により、クラシック音楽界で高い人気と評価を確立してきました。これら才能をもつラン・ランは、熟年層を中心とした従来のクラシックファンを超えて、より若い世代へクラシックの楽しさを魅了する演奏を行い、幅広い世代に向けたクラシック音楽の普及に貢献しています。
 『クラシック音楽の楽しさをより多くの人に伝えたい』とするラン・ランの、新たな支持層の獲得に注ぐ熱意や新境地を切り拓く気概、従来の枠を超えたクラシック音楽の楽しみ方を追求する姿勢は、常に新しいことにチャレンジするソニーの企業姿勢と合致しています。ソニーは、このスポンサーシップによって音楽業界で新風を巻き起こすラン・ランと共に更なるブランド価値向上を図ってまいります。
 ラン・ランは、世界各地で子供向けに音楽やピアノを楽しく体験できるイベントを開催するなど、クラシック音楽の啓発活動を若い世代に向けて積極的に行っています。また音楽活動のみならず、国際連合児童基金(UNICEF)の親善大使としても活躍し、世界各地の若い世代を支援する活動も行っています。
 ラン・ランとソニーは、第一弾目の活動として、中国でソニー・エレクトロニクス製品のプロモーションを行います。またラン・ランは今後、コンサートツアーの際に、“ウォークマン”とノイズキャンセリングヘッドホンで移動中の飛行機で音楽を楽しんだり、HD製品で撮影した映像を自身のウェブ上に掲載しファンと共有するなど、あらゆるシーンでソニー製品を活用する予定です。
 数々のソニーエレクトロニクス製品を愛用し、それに纏わるテクノロジーにも関心をもつラン・ランは今後、中国のみならず世界各地でソニーのプロモーション活動を行ってまいります。

※“ウォークマン”は、ソニー株式会社の登録商標です。

【ラン・ランのプロフィール】

  ・生年月日 : 1982年6月14日
  ・出身地 : 中華人民共和国 瀋陽(シェンヤン)
  ・公式ウェブサイト http://www.langlang.com/
 3歳の時にピアノを始める。5歳の時、瀋陽ピアノ・コンクールで第1位を受賞。芸術系大学で唯一国家重点大学に指定されている北京の中央音楽学院に9歳で入学。13歳の時には、仙台で開催された第二回チャイコフスキー国際青少年音楽家コンクールで第1位となる。
 その後、米フィラデルフィア(ペンシルベニア州)へ移住し、名門私立音楽校のカーティス・インスティテュートで1995年から同校院長を務めた名ピアニストのゲイリー・グラフマンの下で学び、2002年に卒業。
 2002年には、指揮者として20世紀後半をリードしてきたクラシック界の巨匠 レナード・バーンスタインの「レナード・バーンスタイン賞」を世界で初めて受賞。
 2008年2月12日に米国で開催された「第50回グラミー賞授賞式」では、ジャズ・ピアニストのハービー・ハンコックと共演もしています。
 また、150年もの歴史をもつ名門ピアノメーカーのスタインウェイ&サンズ社から初めてアーティスト名が付けられた子供向けピアノ「Lang Lang Steinway」も製造されている。
このページの先頭へ