ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2008年04月25日

ソニーがスポンサーとして支援する 世界最大規模の写真コンテスト フランス カンヌにて授賞式開催 -「Sony World Photography Awards」-

 全世界の優れたフォトグラファーを顕彰する賞としては世界最大規模を誇る「Sony World Photography Awards Cannes 2008」*が、4月21日(月)から25日(金)までフランス・カンヌにて開催されました。会場では、世界各地のフォトグラファーから寄せられた70,000点を超える応募作品の内、最終選考にまで残った約330点(11プロフェッショナル部門、8アマチュア部門)の作品が公開されました。
 「Sony World Photography Awards Cannes 2008」は、ソニー株式会社の欧州法人であるソニー・ヨーロッパ(Sony Europe)が、2007年に「World Photography Awards Company」とスポンサーシップを締結し、プロフェッショナルおよびアマチュアの枠を超えてフォトグラファー同士が交流できる国際的な機会と場を提供することで、写真文化の発展に寄与しています。
 デジタル一眼レフカメラ“α”シリーズやデジタルスチルカメラ“サイバーショット”の事業を行なうソニーは、「Sony World Photography Awards」のスポンサーシップを通じて、世界のプロフェッショナルおよびアマチュアフォトグラファーの作品を世に広める場を提供し、創造性を刺激していくことで、写真文化の発展に貢献していきます。
 現地時間4月24日(木)には、世界的な写真家 エリオット・アーウィット氏をはじめとする審査委員会によって、プロフェッショナル部門から計11名、アマチュア部門から計8名の受賞者が選出され、授賞式が行われました。
 授賞式には、世界の著名なフォトグラファーや報道関係者を含む多数のゲストが出席し、ソニー株式会社からは業務執行役員SVP(シニア・バイス・プレジデント)でデジタルイメージング事業本部長の石塚茂樹と同事業本部AMC事業部長の勝本徹が出席しました。
 なお、「Sony World Photography Awards Cannes 2008」および授賞式は、カンヌ映画祭のメイン会場として知られる「Palais des Festivals et des Congres」にて行なわれました。

*「World Photography Awards Company」主催(会長 スコット・グレイ氏)

<授賞作品>

  • ●プロフェッショナル部門 

    (c)Vanessa Whinship,
    courtesy of Sony World Photography Awards
  • ●アマチュア部門

    (c)Arup Ghosh,
    courtesy of Sony World Photography Awards

<授賞部門>

プロフェッショナル部門
フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー 1名
  (The Le Iris d’Or Sony World Photographer of the Year)賞金 25,000ドルほか副賞
アブストラクト、広告、建築、ファッション、音楽/パフォーマンス、自然、ヌード、報道、人、科学、スポーツの各部門より、最優秀フォトグラファー 計11名 副賞
   
アマチュア部門
最優秀フォトグラファー 1名 賞金 5,000ドルほか副賞
アブストラクト、建築、ファッション、音楽/パフォーマンス、自然、人、科学、スポーツの各部門より、最優秀フォトグラファー 計8名 副賞


◇Sony World Photography Awardsのオフィシャルサイト(受賞作品と原文リリース)
http://www.worldphotographyawards.org/newsupdates.asp
※現在はアクセスできません
このページの先頭へ