ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2008年05月27日

HD テープレス制作システム 国内での採用拡大
国内放送局16社から“XDCAM” HDを受注
ノンリニアサーバーシステムとして“Sonaps(ソナプス)”を日本テレビに納入

 ソニーは、2008年5月までに国内の放送局16社からプロフェッショナルディスクシステム“XDCAM” HDを受注しました。

 2003年に発売を開始した“XDCAM”は、記録メディアに青紫色レーザー技術を使用したプロフェッショナルディスクを採用しており、ディスクならではの操作性を実現しています。2006年には、HD対応の“XDCAM” HDを発売し、今年4月には4:2:2サンプリングに対応した“XDCAM” HD422シリーズが登場しました。

 採用各社には、映像・音声をプロフェッショナルディスクにMXFファイル形式で記録する点やIT技術との親和性が高く、ネットワークやサーバーとの連携がスムーズに行える点など“XDCAM” HDならではの特長をご評価頂きました。

 また、当社はこのたび、日本テレビ放送網株式会社(以下 日本テレビ)にノンリニアサーバーシステムとして“Sonaps (ソナプス)”を納入いたします。

 “Sonaps”は、ソニー株式会社と中国のSobey Digital Technology Co. Ltd. (ソーベイ) が共同開発したシステムで、収録から編集・送出・アーカイブまで一貫した制作環境を実現します。

 当社は、プロフェッショナルディスクシステム“XDCAM”シリーズとネットワーク報道制作システム“Sonaps”を通じて、HD化・テープレス化が進む映像制作現場に向けて効率的なワークフローを提供してまいります。

【納入実績】


  • 右:“XDCAM” HDシリーズ
    左:“XDCAM” HD422シリーズ
1. プロフェッショナルディスクシステム“XDCAM” HD/“XDCAM” HD422
 プロフェッショナルディスクシステム“XDCAM” HD/“XDCAM” HD422は国内外の放送局・ケーブルテレビ事業者・映像制作事業者などにおいて続々と納入が決定しています。
 株式会社フジテレビジョンでは、“XDCAM” HD422シリーズの採用が決定し、当社が受注した「新報道NVシステム」(2008年4月14日 既発表)に先駆けて今夏より運用を開始します。

“XDCAM” HD/“XDCAM” HD422の主な納入先
沖縄テレビ放送株式会社
株式会社岐阜放送
株式会社さくらんぼテレビジョン
株式会社東北新社
株式会社新潟テレビ二十一
株式会社フジテレビジョン
山形放送株式会社
  株式会社鹿児島讀賣テレビ
株式会社共同テレビジョン
株式会社仙台放送
長崎文化放送株式会社
株式会社福島中央テレビ
北海道文化放送株式会社


2. ネットワーク報道制作システム“Sonaps”
 今回日本テレビに納入する“Sonaps”は、“XDCAM” HD422シリーズのコーデックをベースにして、ノンリニア制作システム“XPRI NS”、素材共有サーバーから構成されるシステムです。

  • “Sonaps” 標準システム概念図
    “Sonaps” 標準システム概念図
このページの先頭へ