ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2008年08月04日

リチウムイオン電池の生産増強を目的とした投資を決定

〜2010年末には、月産7400万セル体制へ〜

 ソニーは、今後3年間で予定している半導体・コンポーネント事業への投資のうち、集中領域のひとつである電池事業への投資の第一弾として、リチウムイオン電池の生産能力増強を目的とした約400億円の投資を行うことを決定しました。
 今回の投資では、リチウムイオン電池の国内製造拠点であるソニー エナジー・デバイス株式会社 本宮事業所と栃木事業所の新棟建設と生産設備増設を行います。また、昨年投資を行ったソニーエレクトロニクスシンガポールは、今月末からリチウムイオンポリマー電池の生産を開始いたします。今回決定した日本に加え、シンガポール、中国の各製造拠点の生産増強により、2010年末におけるソニーのリチウムイオン電池の生産能力は、現在の月産約4,100万セルから月産7,400万セルへ強化されることになります。
 ソニーが1992年に初めて市場に導入したリチウムイオン電池は、小型でありながら高容量を実現する優れた特長があります。現在、携帯電話やノートパソコン、デジタルカメラ、ゲーム機などに加え、最近では電動工具やヘルスケア機器など用途が多様化し、市場が拡大しております。ソニーは、今後も世界的なリチウムイオン電池市場の需要増に対応し、引き続き生産増強を検討してまいります。

【設備投資の概要】

投資目的 リチウムイオン電池に対する需要拡大に対応する為
展開場所 ソニーエナジー・デバイス株式会社 本宮事業所(福島県 本宮市)
ソニーエナジー・デバイス株式会社 栃木事業所(栃木県 下野市)
投資内容 リチウムイオン電池の電極生産用新棟、セルの組み立てライン、 充放電装置など
投資時期 2008年度〜2010年度下期
投資額 (第1フェーズ) 約400億円(予定)
このページの先頭へ