ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2009年01月08日

2009 International CESについて

 ソニーは、現地時間2009年1月8日(木)に米国ネバダ州ラスベガス市で開幕する「2009 International CES」(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)において、創造性にあふれる商品や将来を見据えた新技術をコンスーマーエレクトロニクス製品の主要カテゴリーに渡って幅広く紹介するとともに、映画やテレビ番組、ゲーム、携帯電話、音楽の分野とも連携し、ソニーグループの総力を結集した総合展示を行います。また、3D映像の世界や環境関連の分野においても、家庭用から業務用機器および様々な映像コンテンツまでを持つソニーグループとしての提案を紹介します。

 ソニーブースのメインエリアは、<イン・ザ・ホーム>、<アウト・オブ・ホーム>を中心に構成され、一般公開に先立ち、現地時間1月7日(水)に開催した報道関係者向けの発表会では、以下の内容を出展のハイライトとして紹介しました。

◆北米市場向け主な新商品

  1. 液晶テレビ<ブラビア>
    • 26V型から52V型までの計19機種を発表。
    • ビデオ・オン・デマンド機能やウィジェット機能を搭載し、ストリーミング映像や、天気、株価、ニュースなどの最新情報など、ネットワーク上のさまざまなコンテンツを液晶テレビの大画面で楽しめる、ネットワーク対応液晶テレビ6機種(40V型から52V型)を今春より発売。
    • ソニー独自開発のバックライトを採用し、大幅に消費電力を抑えた環境配慮型液晶テレビ3機種(40V型から52V型)を今夏より発売。

  2. パーソナルコンピューター “VAIO”Pシリーズ
    • 長形3号封筒とほぼ同等の本体サイズ(約 幅245 mm × 奥行120 mm × 高さ19.8mm)を実現して自社開発のウルトラワイド8型液晶を搭載した世界最軽量(※1)ノートブックコンピューター“VAIO”Pシリーズを2009年1月より発売。第3世代ワイヤレスWAN、高速Wi-Fi規格802.11n、無線通信規格Bluetooth搭載により、ネットワークや周辺機器と多様なワイヤレス接続が可能。
       (※1) 8型クラスとして。質量約 634g。(ソニー調べ、2009年1月時点)

  3. “Webbie HD”カメラ
    • MP4ファイルフォーマット(1440x1080p)のHDビデオや500万画素の静止画を撮影でき、コンテンツ共有サイトなどへ本体からアップロードが可能なコンパクトサイズのカメラ2機種を2009年1月より発売。

  4. 有機ELディスプレイ採用“ウォークマン”およびヘッドホン型“ウォークマン”
    • 3.0型有機ELディスプレイを採用し、タッチパネル操作・Wi-Fi機能・ノイズキャンセリング機能に対応した“ウォークマン”Xシリーズを今夏より発売。
    • ヘッドホンスタイルでコードレス化を実現した“ウォークマン”Wシリーズを2009年4月に発売。

  5. “ハンディカム”
    • 最上位機種からエントリーモデルまで計13機種を発表。
    • 独自開発の「裏面照射技術」を採用した新開発の「Exmor R(エクスモア アール) CMOSセンサー」により、感度を従来の2倍に高めて暗い場所でもノイズの少ない高画質な撮影が可能なハイビジョン“ハンディカム”「HDR-XR520」などを2009年3月より順次発売。

  6. デジタルフォトフレーム
    • 画面の反射の抑制などにより、コントラストを上げ、さらなる高画質化を実現した10型液晶搭載の「DPF-X1000」など、デジタルフォトフレーム4機種を2009年3月より順次発売。

◆主な技術展示(参考出展)

  1. 有機ELディスプレイ
    21型、27型有機ELディスプレイおよび曲がる有機ELディスプレイ

  2. 「3D映像の世界」
    液晶テレビや4K“SXRD”プロジェクターを使った映画、スポーツ、ゲーム等の3Dコンテンツのデモ

  3. 色素増感太陽電池
    シースルー型太陽電池試作パネルによる発電デモ

◆展示ブースの概要

  1. <イン・ザ・ホーム> エリア
    • 映画やテレビ番組、音楽、インターネット上のコンテンツなど、様々なコンテンツの家庭での楽しみ方を、フルHD液晶テレビやホームビデオ、ホームオーディオ、さらに「プレイステーション3」、PSP®「プレイステーション・ポータブル」などを中心に提案。

  2. <アウト・オブ・ホーム> エリア
    • “VAIO”Pシリーズや、“Webbie HD”カメラ、HD対応“ハンディカム”などのエレクトロニクス製品に加え、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズの携帯電話などを使い、いつでも、どこでも映像コンテンツを創造し、手軽にネットワークにつなぎ共有する世界を具現化。

  3. ジョパディ! エリア
    • 25周年を迎えるソニー・ピクチャーズテレビジョンの人気クイズ番組「Jeopardy !(ジョパディ!)」11話分をCES開催中に収録。全米で放映されているクイズ番組がCESの会場で収録されるのは初めて。
 なお、CES開幕初日の現地時間1月8日(木)に、ソニー株式会社 会長兼CEOのハワード・ストリンガーが基調講演を行います。また同日、ソニーは、フロリダ州オーランドから、FOXネットワークによる全米大学アメリカンフットボールのチャンピオンシップであるBCS(FedEx Bowl Championship Series)の3Dライブ中継を実施、全米約100ヶ所の劇場およびラスベガスのパリスホテルの会場「Theatre De Arts」にて特別上映を行います。

※本リリースは、当社の米国子会社ソニー・エレクトロニクス発行の原文(英文)を基に作成したものです。本リリースおよび各商品発表文の原文は、下記URLをご参照ください。

※「プレイステーション」および「PSP」は、株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの登録商標です。
※ 記載されている会社名及び商品名は、各社の商標または登録商標です。

このページの先頭へ