ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2009年01月20日

デジタルサイネージによる広告配信サービスを小売業界で拡大

〜 スーパーマーケットチェーン・いなげやへ導入 〜

 ソニーは、「デジタルサイネージ アドバタイジング(広告配信)サービス」を株式会社いなげや(以下、いなげや)に導入します。いなげやの首都圏30店舗に、20V型、26V型、32V型のディスプレイを254台設置し、当社が展開する専用チャンネル「ミルとくチャンネル」※1の配信を3月より開始します。昨年6月の株式会社Olympic(以下、Olympic)の食品部門への導入に続き、今回のいなげやへの導入により、「ミルとくチャンネル」を配信するディスプレイは、全国で約400台となります。今後、当社は本サービスを小売業界に対して積極的に展開し、事業を拡大してまいります。
 本サービスは、売り場に近い広告メディア(インストアメディア)として、商品やサービスの付加価値情報を提供することにより、販売促進につながるとの評価を得ています。いなげやでは、花小金井駅前店において、視認性の高い設置を行った上で約2ヶ月間の実証実験を行った結果、実験対象とした商品のうち、ある調味料では売上数量が3倍になるなど、デジタルサイネージによる売上げ効果が実証されたため、このたびサービスの本格導入に至りました。
 「ミルとくチャンネル」は、広告、店舗、特売、イベントなどの販促情報の配信に加え、雑誌やインターネットなど他媒体とタイアップを強化し、豊富なコンテンツを提供しています。

【「ミルとくチャンネル」コンテンツ例】
  料理レシピ情報 (株式会社NHKエデュケーショナル:「みんなのきょうの料理」)
  生活の知恵情報 (株式会社オレンジページ:「オレンジページ」など)
  おでかけ情報  (株式会社角川クロスメディア:「ファミリーウォーカー」)
  女性のライフスタイル情報 (株式会社ベネッセコーポレーション:「サンキュ!」)
 今後も当社では、これまでのサービス導入実績を生かし、小売業界を中心としてインストアメディアの拡大を図り、デジタルサイネージによる広告配信サービスを更に展開してまいります。
デジタルサイネージアドバタイジング(広告配信)サービス
ソニーが、2008年6月30日より開始したサービスです。当社が開発した、最大10,000台のディスプレイへのコンテンツ配信が可能なサービスプラットフォーム“BEADS”※2を使用して、広告効果の高い場所にデジタルサイネージディスプレイを設置し、多様なコンテンツを配信する広告配信サービスです。ディスプレイの設置場所の選定から機器の手配・設置、放映する広告の受注、コンテンツ制作・配信・保守・監視に至るトータルサービスをソニーグループで提供します。

デジタルサイネージ事業概要

 ・2008年1月  デジタルサイネージプレーヤー「VSP-NS7」発売
(ディスプレイ200台程度までの小・中規模の運用に適したデジタルサイネージ製品)
 
 ・2008年3月  デジタルサイネージサービスプラットフォーム“BEADS” を開発
(最大10,000台のディスプレイへ配信が可能なプラットフォーム)
 
 ・2008年4月  “BEADS”による「デジタルサイネージ マネージド(運営受託)サービス」開始
(株式会社伊勢丹へ導入)
 
 ・2008年6月  “BEADS”による「デジタルサイネージ アドバタイジング(広告配信)サービス」開始
(スーパーマーケットチェーンOlympicの食品部門へ導入)


※1  logo(ミルとくチャンネル):
  ソニーが展開するスーパーマーケット向けデジタルサイネージ専用チャンネルの名称。
ソニー株式会社の登録商標。
   
※2  logo(ビーズ): Bilateral Electrical Advertisement Distribution System
  インターネット網を活用し、最大10,000台のディスプレイへのセキュアなコンテンツ配信が可能なサービスプラットフォーム。流通業店舗や駅などの全国規模の拠点や大型商業施設に設置された多数のディスプレイに対して、一斉に映像情報を配信可能です。
   
※3  記載されている企業名、製品名等は、各社の登録商標もしくは商標です。

デジタルサイネージソリューションOfficial Web:

www.sony.co.jp/digital-signage/
※現在はアクセスできません

このページの先頭へ