ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2009年02月02日

小型かつ高速で高精度を実現した指静脈認証技術
“mofiria”(モフィリア)を開発

 ソニー株式会社は、パソコンや携帯電話などのモバイル機器に搭載可能な、小型、高速かつ高精度で快適な操作性を実現した指静脈認証技術“mofiria”を開発しました。ネットワークにつながる商品・サービスが増えるにつれ、使いやすい個人認証やユーザーインターフェース、加えて、個人情報に対する高いセキュリティが求められています。今回開発した指静脈認証技術“mofiria”は、独自の光学メカニズムとアルゴリズムにより、小型化、高速化を可能にしました。さらに、指位置を自動補正することで、指位置を厳密に固定する必要がなく、高精度で快適な操作性を実現しています。
 指静脈認証技術は、指の静脈パターンにより本人確認をおこなう認証方式で、その静脈パターンは個人および各指により異なり、経年変化もおこさないとされています。また、静脈認証は体内にある静脈を用いるため、成りすましが困難であり、他の生体認証と比較して、高精度の認証が可能です。“mofiria”は、LEDから発光された近赤外光を指静脈にあてた結果、体内で散乱した光をCMOSセンサーで効率的に撮像する独自の反射散乱方式を採用しています。反射散乱方式では、LEDの光を一方向から斜めに指静脈に当てて撮像しているため、平面での配置が可能で、機器に組み込む際のデザインの自由度や小型サイズを実現します。
  • 反射散乱方式のイメージ図
    反射散乱方式のイメージ図
 また、撮像された指静脈画像から静脈パターンを抽出し、さらに静脈パターンのデータを約1/10に圧縮してメモリーへ蓄積するため、モバイル機器にも搭載可能な小容量の照合データを実現しました。
 さらに、ソニー独自のアルゴリズムにより、厳密に指位置を固定する必要がなく、撮像された指静脈画像からすばやく正確に静脈パターンを抽出し、かざされた指位置の補正も同時におこなうことで、高速かつ高精度で快適な操作性を実現しました。その結果、認証精度は、本人拒否率(FRR*3)0.1%、他人受入率(FAR*4)0.0001%で、認証処理時間は、パソコンのCPUを使用した場合で約0.015秒*1、携帯電話のCPUを使用した場合で約0.25秒*2となります。
 ソニーは、以上のような特長をもつ“mofiria”を、パソコンや携帯電話などの様々なモバイル機器や入退出の際のセキュリティシステムなどへの搭載、そしてソリューションサービスへの展開などへ向けて、2009年度中の商品化を目標に事業化の検討を進めて参ります。

 ■“mofiria”の主な特長
1)   反射散乱方式による小型化の実現
2)   独自のアルゴリズムによる高速処理の実現
3)   指位置の自動補正による高精度で快適な操作性の実現

*1 インテル製ノートPC向けCPU 2.8GHz使用、2009年2月現在(ソニー調べ)
*2 ARM9 150MHz使用、2009年2月現在(ソニー調べ)
*3 False Rejection Rate
*4 False Acceptance Rate

指静脈認証技術 "mofiria" Official Web:

このページの先頭へ