ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2009年03月04日

ジグビー・アライアンスとRF4CE、CE機器用リモコンの新たな可能性を示す
赤外線リモコンの優れた代替技術として無線リモコンのグローバルなオープンスタンダード化を実現

本文の正文は、2009年3月3日に米国にて発表された「ZigBee and RF4CE set new course for Consumer electronic remote controls」です。



サムスン電子株式会社
ジグビー・アライアンス
ソニー株式会社
ロイヤル フィリップス エレクトロニクス


 ジグビー・アライアンスおよびRF4CEコンソーシアム(設立はサムスン電子株式会社、ソニー株式会社、パナソニック株式会社、ロイヤルフィリップスエレクトロニクスによる)は、無線リモコン(RFリモコン)の業界標準を策定していくことに合意しました。RFリモコンは、応答速度が速く、高い信頼性を持つ技術であり、現在主流となっている赤外線リモコンの見通し内操作に限られるという制限もなく、より自由な機器操作を可能にします。今回の合意を受けて、本日以降、ジグビー・アライアンスは長期的な統合・成長戦略の一環として、CE機器領域にも幅広く参入していきます。

 ジグビー・アライアンスは、RF4CEの規格バージョン1.0を同アライアンスが全世界向けに提供しているセンサー、コントローラー向けネットワークソリューションパッケージの中に取り込みます。新たなソリューションは、本四半期中に、まずはジグビー・アライアンスの加盟企業に向けて提供されます。このソリューションは、各種機器やさまざまな公開アプリケーションプロファイルを操作するための、即実現できる、低コストで、実装が容易なソリューションとして、ホームエンタテインメント機器の操作、車庫のドア開閉、キーレスエントリーその他の幅広い商品向けに策定されます。採用機器の種類を問わず、このソリューションは、見通し内操作に制限されない、双方向のコミュニケーションが可能となる、などの先進的な機能を可能とし、顧客体験を大きく変えていきます。

 このソリューションでは、革新的な双方向コミュニケーション、家庭用エンタテインメント機器の操作が可能となります。具体的にはHDTV、ホームシアター機器、セットトップボックス、オーディオ機器などの製品において、ジグビーが提供する先進的な機能によるメリットを享受することが出来るようになります。

ジグビー・アライアンス議長 ボブ・ハイルのコメント

「いまや、ジグビーが提供するメリットは、その他のどの代替技術を使っても実現できないものであり、私たちは世界中の何百万もの家庭に向けた近道を走っていると言える。私たちはRFおよびジグビーの技術が世界で幅広く使われることを目指している。今回の合意はジグビーと世界中を結びつけるための画期的な道を開いてくれた。ジグビー・アライアンスはRF4CEコンソーシアムメンバーの加盟を歓迎し、またこの強いパートナーシップが大いなる成果に結びつくことを期待している。」

RF4CEコンソーシアム議長 ロイヤルフィリップスエレクトロニクス技術マネジャー バス・ドリーセンのコメント

「RF4CEコンソーシアムとジグビー・アライアンスは共にIEEE802.15.4に準拠しており、両団体が協調することは非常に理にかなった決定と言える。これによってコンスーマーが家庭用エンタテインメント機器の操作をよりシンプルかつリッチなものにするための新機能が開発可能となるため、完成したジグビーRF4CE標準がCEメーカーに運用されていくことは非常に喜ばしいと考えている。」

RF4CEコンソーシアム副議長 ソニー株式会社統括部長 鈴木直也のコメント

「ソニーはIEEE802.15.4に基づくRFリモコンを液晶テレビ用に既に商品化している。既に実績のあるこの技術をリモコンの業界標準に進化させることで、RF4CEとジグビー・アライアンスはエレクトロニクス業界に全く新しい付加価値を生み出すことが出来ると信じている。」


 今回の合意を受け、ジグビー・アライアンスの中に新たな分科会が設置され、RFリモコン技術のオープンな標準化作業に参画します。RF4CEに加盟していない企業、ジグビーに加盟していない企業はジグビー・アライアンスに加盟し、新たに成立する分科会に参加することを歓迎されます。
ジグビーRF4CE標準は、免許不要で利用できる2.4Ghz帯のIEEE802.15.4のMAC/PHY方式無線技術をベースにしており、低消費電力で即時応答する通信システムを全世界で可能とします。また、無指向性で信頼性の高い双方向無線通信、他の2.4GHz帯無線技術との共存を可能にする自動周波数移動、シンプルなセキュリティの設定などを特徴としています。
ジグビー・アライアンスは次の四半期中に、既存の仕様や公開アプリケーションプロファイルに対応するテストプログラムを開発します。テストプログラムの完成後は、このソリューションを使用した商品を認証された検査機関に提出し、認証を受けるための検査を受けることができるようになります。


RF4CE コンソーシアムは、赤外線リモコン等の既存技術では実現できない先進的な機能性のニーズに応えるため、2008年6月12日に、サムスン電子株式会社、ソニー株式会社、パナソニック株式会社、ロイヤルフィリップスエレクトロニクス、の4社によって設立されました。
ジグビーは、幅広い機器を接続して同時に操作し、日々の生活を劇的に変化させる、グローバルなワイヤレス技術です。ジグビー・アライアンスは、300以上の加盟企業がジグビー無線技術の開発に取り組む非営利団体です。同アライアンスは、CE、エネルギー、住宅用、商用、工業用各種機器向けのワイヤレス接続、センサー、コントローラーのための先進的な規格として、ジグビー技術の採用を全世界的に推進しています。詳しくはwww.ZigBee.org まで。
このページの先頭へ