ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2009年03月03日

「PMA2009」出展のご案内

ソニーは、2009年3月3日(火)より米国ラスベガスで開催されている北米最大規模の写真・映像関連の展示会「PMA 2009」(PMA2009 International Convention and trade Show)にて、以下の新商品や参考出品を中心に、展示やデモンストレーションを行っています。

<デジタルスチルカメラ“サイバーショット”>

デジタルカメラの新しい楽しみを提案する『DSC-HX1』:
高速撮影やパノラマ撮影などを実現した『DSC-HX1』は“サイバーショット”として初めて、“Exmor”CMOSセンサーを搭載しています。

「ハイビジョン動画撮影」機能なども新搭載した“Tシリーズ”“Wシリーズ”:
“Tシリーズ”:スリムな本体に「ハイビジョン動画撮影」機能を搭載した『DSC-T90』と『DSC-T900』。
“Wシリーズ”:顔の動きも自動検出して被写体ブレなどの失敗を防ぐ「顔動き検出」や優先したい人を自動で判別する「選択顔記憶」*1などの新機能を搭載した『DSC-W270』など。
いずれも、3月より北米にて順次発売します。

*1: 「選択顔記憶」機能は、『DSC-W270』のみに搭載。

 この他、手軽に高画質な写真撮影を楽しめる“Sシリーズ”や、光学・高倍率が特長の“Hシリーズ”『DSC-H20』など、幅広いラインアップを展示しています。

<デジタル一眼レフカメラ“α”>

 最上位機種“α900”をはじめ、“αシリーズ”の全ボディラインアップを展示しています。
また、最新ラインアップの70-400mm F4-5.6 G SSM、Vario-Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSMをはじめとするレンズ群や外付けフラッシュ『HVL-F58AM』などのアクセサリーに加えて、以下の参考出品を行っています。

【参考出品】
“α”の表現力をさらに広げる高性能・高画質な交換レンズのさらなる充実を図っていきます。今回はその中から、6本の交換レンズを展示しています。
 (1)Super Telephoto Lens
 (2)DT 50mm F1.8
 (3)DT 30mm F2.8 Macro
 (4)DT 18-55mm F3.5-5.6
 (5)DT 55-200mm F4-5.6
 (6)28-75mm F2.8

<デジタルビデオカメラ“ハンディカム”>

世界初*2、裏面照射型CMOSセンサー「“Exmor R”(エクスモア アール)」を採用し、約2倍*3の感度向上で暗所でもノイズの少ない高画質撮影が可能なデジタルハイビジョン“ハンディカム” 『HDR-XR520V』『HDR-XR500V』をはじめ、8GB内蔵フラッシュメモリーにハイビジョン映像が記録可能なコンパクトでスタイリッシュなデジタルハイビジョン“メモリースティック”“ハンディカム”『HDR-CX100』などを展示しています。
  • *2: 2009年1月広報発表時点。
    *3: 当社従来機種との比較(F値:F2.0時)

<“Image³”(イメージキューブ)のコンセプト展示>

“α”“サイバーショット”“ハンディカム”を支える差異化技術である、「レンズ」「撮像素子(イメージセンサー)」「画像処理エンジン」などの基幹技術を紹介する展示を行なっています。当社では、これら基幹技術を“Image³”と名付け、今後、デジタルイメージング領域の新しい商品展開や、さらなる楽しみの提案などを行なっていきます。
このページの先頭へ