報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2009年5月12日

ソニー独自の映像用階調補完技術“Super Bit Mapping for Video”を採用し
よりなめらかで高品位なBDソフトの制作を実現するBDエンコード環境を構築

- 5月27日発売 BD版「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 EVANGELION:1.11」にて初採用 -

ソニー株式会社
ソニーピーシーエル株式会社

 ソニーピーシーエル株式会社(以下、ソニーPCL)は、ソニー株式会社が開発した映像用階調補完技術“Super Bit Mapping for Video(SBMV)”を採用したブルーレイディスク(以下、BD)エンコード環境を構築し、同技術を利用したBD制作サービスを開始しました。

※画像をクリックすると拡大表示します。

〜 カラーバンディングの比較(当社比)〜
BD版「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 EVANGELION:1.11」より (c)カラー  ※実際の映像に枠線はありません。

 BDソフトでは映像信号を8ビットで記録しているため、10ビットで制作されたオリジナルコンテンツはBDソフト用にエンコードする時に8ビットに変換する処理が行われます。そのため、映像に広いグラデーション領域がある場面などでは、エンコード処理後の映像に階調の変化点が等高線のようになって見えるカラーバンディングが発生することがあり(上図「従来方式によるエンコード映像」参照)、カラーバンディングの軽減はより高品位なソフト制作を行う上での重要な要素のひとつとなっています。

 今回ソニーPCLは、“Super Bit Mapping for Video”を採用したBDエンコード環境を構築し、より高品位なBD制作に向けたサービスを開始しました。これにより、エンコード処理の前に “SBMV”処理を行うことで、オリジナルコンテンツのグラデーション感を保ちながらカラーバンディングを軽減することが可能となり、より多くの機器で高品位な映像再生を楽しむことができるようになります。
 なおBDソフトでは、5月27日発売予定の「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 EVANGELION:1.11」(発売元:キングレコード株式会社)が、同技術を採用した初の作品※となります。

“Super Bit Mapping for Video”とは:

ソニー株式会社が開発した映像用階調補完技術で、人間の視覚特性を利用した演算処理により、10ビットから8ビットへの変換処理においても滑らかなグラデーション表現を可能にします。この技術は、同社製ブルーレイディスクレコーダー/プレーヤーの高画質回路「CREAS(クリアス)」で採用されています。

「CREAS」搭載 ソニー ブルーレイディスクレコーダー

 BD機器の普及とともに、BDソフト市場も今後一層の拡大が見込まれています。
 ソニーグループは、今後もマスター制作からエンコード、オーサリング、メニュー制作、パッケージングなどのBDソフト制作をトータルにサポートするとともに、高品質な制作に積極的に取り組んでまいります。

【ご参考】

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」

新作カットを加えたデジタルマスター版がBDで登場
タイトル: EVANGELION:1.11 YOU ARE (NOT) ALONE.
発売日: 5月27日(DVD版も同日発売)
収録時間: 本編101分+映像特典36分
仕様: カラー/AVC/1080p/BD50G/字幕なし
価格: 6,090円(税込)
発売元: キングレコード株式会社
  • “SBMV”および “SBMV”ロゴはソニー株式会社の商標です。
  • 記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
このページの先頭へ