ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2009年05月19日

「TransferJet Consortium」のAdopter(アドプター)会員(*1)募集について

 ソニー株式会社、キヤノン株式会社、カシオ計算機株式会社、Eastman Kodak Company、株式会社日立製作所、JVC・ケンウッド・ホールディングス株式会社、KDDI株式会社、日本電気株式会社、株式会社ニコン、株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ、オリンパスイメージング株式会社、パナソニック株式会社、パイオニア株式会社、SAMSUNG ELECTRONICS CO.,LTD.、セイコーエプソン株式会社、シャープ株式会社、ソフトバンクモバイル株式会社、Sony Ericsson Mobile Communications、株式会社 東芝の計19社で構成する「TransferJet Consortium」は、近接無線伝送技術TransferJetTMの相互接続仕様の確立を目指し協議してまいりましたが、このたび、相互接続の基礎となる物理層、接続層の規格を共同で完成させました。今後、本技術の採用を幅広く働きかけるために、2009年5月19日より「TransferJet Consortium」で策定した技術仕様を使用できるAdopter会員*1の募集を開始いたします。
 「TransferJet Consortium」では引き続き、TransferJetTM技術搭載機器の相互接続性に必要な各種技術規格・認証プログラム・ガイドラインなどの策定を行いながら、Adopter会員の募集活動などを通して、本技術を適用した製品・サービスの開発・普及・促進を目指します。

*1現在の「TransferJet Consortium」メンバーをPromoter(プロモーター)会員と呼び、もう1つAdopter会員という階層を作りました。Adopter会員には、「TransferJet Consortium」で策定した技術仕様の使用権が与えられます。
お申し込みの詳細については「TransferJet Consortium」(http://www.transferjet.org/)のホームページをご覧ください。

【TransferJetTMとは】

 従来の無線技術の課題であった複雑な接続設定や不安定なデータの転送状態といった課題を解決し、560Mbpsの高速データ転送が可能な無線技術です。通信したい機器同士を直接かざすだけで通信を行うという、直感的なインターフェースを採用し、従来の無線システムのような複雑な接続設定やアクセスポイントの存在を不要にします。例えば、デジタルカメラを直接TVにかざすだけで静止画を画面に映し出したり、携帯電話をオーディオ機器に直接かざして音楽ファイルを転送するなど、様々な機器間のUniversal Interface(ユニバーサルインターフェース)として幅広く利用することが期待されます。

【「TransferJet Consortium」参加会社一覧】 (2009年5月19日時点)

ソニー株式会社(「TransferJet Consortium」事務局代表)
(以下、アルファベット順)

キヤノン株式会社
カシオ計算機株式会社
Eastman Kodak Company
株式会社 日立製作所
JVC・ケンウッド・ホールディングス株式会社
KDDI株式会社
日本電気株式会社
株式会社ニコン
株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ
オリンパスイメージング株式会社
パナソニック株式会社
パイオニア株式会社
SAMSUNG ELECTRONICS CO., LTD.
セイコーエプソン株式会社
シャープ株式会社
ソフトバンクモバイル株式会社
Sony Ericsson Mobile Communications
株式会社 東芝

* 「TransferJet」および「TransferJet」ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

このページの先頭へ