ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2009年06月02日

【参考資料】
S-LCD、第8世代第2生産ラインの稼動を開始

S-LCD株式会社

<要旨>
第8世代第2生産ライン(以下、8-2ライン)は、サムスン電子株式会社(以下、サムスン電子)とソニー株式会社(以下、ソニー)の合弁会社である、S-LCD 株式会社(以下、S-LCD)による約1.8兆ウォンの投資(2008年4月発表)によって敷設された。
8-2ラインの生産能力は月産70,000枚。(ガラス基板サイズ:2,200×2,500ミリメートル)
8-2ラインのフル稼働により、S-LCDは、サムスン電子およびソニーなどへの、より安定した効率の良い、大型液晶パネルのサプライヤーを目指す。

(2009年6月2日、韓国ソウル)サムスン電子とソニーの合弁会社であるS-LCDは、8-2ラインの稼動を開始しました。
 S-LCDは、8-2ラインの稼動開始を記念し、韓国のタンジョン・クリスタル・バレー(忠清南道、牙山市)にて、本日出荷式を開催しました。同式には、ソニー会長兼社長 CEOのハワード・ストリンガーおよび同社副社長の吉岡浩、サムスン電子副会長の李潤雨(イ・ユンウ)および同社専務の李在鎔(イ・ジェヨン)、S-LCD CEOの張元基(チャン・ウォンキ)および同社CFOの小野寺純をはじめ、約300名の関係者が出席しました。

 2008年4月に行った広報発表のとおり、S-LCDは、テレビ用液晶パネルの生産を目的とする8-2ラインに対して、約1.8兆ウォンの投資を実行しました。同ラインにおいて生産される液晶パネルは、サムスン電子およびソニーを中心とする、32V型/46V型/52V型の液晶テレビに搭載される予定です。8-2ラインの稼動により、S-LCDはさまざまなサイズの液晶パネルの安定供給を実現することで、液晶パネルのサプライヤーとして市場を牽引するポジションを強化してまいります。
 S-LCDは、安定稼動を実現している第7世代第1生産ライン(以下、7-1ライン)、第8世代第1生産ライン(以下、8-1ライン)で培ったノウハウを生かし、今年末までに、8-2ラインにおいて月産70,000枚の生産体制を確立する予定です。

 S-LCD CEOの張元基(チャン・ウォンキ)は、「S-LCDは、サムスン電子およびソニーが現在の経済危機を克服し、液晶テレビ市場における牽引力を高められるよう、努力を尽くしていく。また、S-LCDは、7-1ライン、8-1ラインでの成功実績を元に、8-2ラインにおいても生産体制を確立し、成果をあげていきたい。」とコメントしています。

 S-LCDは、サムスン電子とソニーの合弁会社として2004年に設立され、2005年に7-1ライン、2007年に8-1ラインの稼動を開始しています。 現在稼働中のラインに加え、8-2ラインにおけるフル稼働が実現することで、S-LCDは、サムスン電子およびソニーなどへの、より安定した効率の良い、大型液晶パネルのサプライヤーとなります。

【S-LCDにおける現在までの流れ】

- 2004年4月:   S-LCD株式会社設立
- 2005年4月:   第7世代生産ライン稼動開始
- 2006年7月:   第8世代生産ライン新設に関する契約を締結
- 2007年8月:   第8世代生産ライン稼動開始
- 2008年4月:   第8世代第2生産ライン新設に関する契約を締結
- 2009年6月:   第8世代第2生産ライン稼動開始
このページの先頭へ