ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2009年06月30日

中・小型TFT液晶ディスプレイ事業に関する事業資産の一部譲渡について

セイコーエプソン株式会社
ソニー株式会社



 セイコーエプソン株式会社(以下「エプソン」)とソニー株式会社(以下「ソニー」)は、エプソンイメージングデバイス株式会社(以下「エプソンイメージング」)が推進する中・小型TFT液晶ディスプレイ事業に関する事業資産の一部を、ソニーおよびソニーモバイルディスプレイ株式会社(以下「SMD」)へ譲渡することなどで合意し、本日正式に契約を締結いたしました。
 (以下、「エプソン」および「エプソンイメージング」を中心としたグループを「エプソングループ」、「ソニー」および「SMD」を中心としたグループを「ソニーグループ」という。)
  エプソンとソニーは、2009年3月の協議開始合意以降、中・小型TFT液晶ディスプレイ事業分野における提携に向けた協議を進めてまいりました。今回の締結により、各国関連当局の承認の取得を条件として、以下の通り、エプソングループにおける当該事業に関する資産の一部をソニーグループに譲渡し、集約します。第一弾として、お客様への対応を最優先するため、2009年内に、エプソンイメージングが推進する当該事業に関する営業機能をソニーグループへ引継ぎます。その後、2010年4月1日付で、エプソンイメージングの持つ当該事業に関する生産関連資産の一部をSMDに譲渡し、ソニーグループでのオペレーション体制へと移行します。


  主な合意内容は、以下のとおりです。

<2009年内(予定)>
1. エプソンイメージングが推進する中・小型TFT液晶ディスプレイ事業(高温ポリシリコンTFT液晶などを除く)に関する営業機能をソニーグループに移管(営業人員の出向を含む)
<2010年4月1日付(予定)>
2.  エプソンイメージングよりSMDへの、同本社(鳥取県鳥取市)のアモルファスシリコンTFT液晶の生産に関連する建物・設備等の一部譲渡および土地の一部貸与
3.  エプソンの有する中・小型TFT液晶ディスプレイ(高温ポリシリコンTFT液晶などを除く)に関する特許、ソフトウェア、技術情報等の知的財産のソニーグループへの一部譲渡
4. 中・小型TFT液晶ディスプレイ事業(高温ポリシリコンTFT液晶などを除く)の開発、設計、製造等に従事するエプソングループの一部従業員は、ソニーグループへ出向
  ソニーは、今回の事業資産の一部譲渡により、ソニーグループの持つ高精細低温ポリシリコンTFT液晶の営業力、技術力、商品設計力および生産力に加えて、エプソングループの持つ中・小型TFT液晶ディスプレイ事業の営業力、技術力、商品設計力やアモルファスシリコンTFT液晶の生産力を最大限活かし、技術とコストバランスを持った幅広いラインナップを持つ総合的な中・小型TFT液晶メーカーとして、お客様のニーズに今まで以上にお応えできるよう、中・小型TFT液晶ディスプレイ事業を強力に推進してまいります。

  エプソングループは、事業資産の一部譲渡を遅滞なくスムーズに進めるとともに、中・小型TFT液晶ディスプレイ事業のさらなる発展と成功を実現するため、ソニーグループと密接な連携を図ってまいります。

  なお、今回の資産譲渡についての対価の支払いは発生いたしません。
 
  また、両社の今期連結業績の見通しへの影響は軽微です。2010年度以降の連結業績に対する影響については精査中です。
このページの先頭へ