ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2009年07月01日

グリーン電力導入により、年間約10万トン*の温室効果ガスを削減

〜ソニーシティ(本社ビル)の使用電力約50%をグリーン化へ、
欧州で100%再生可能エネルギーを達成、米国もさらに施策強化〜

2009年7月1日発表
2009年8月18日改訂


 ソニー株式会社(以下、ソニー)は、温室効果ガス排出量削減のため、エネルギー効率向上に重点的に取り組んでいます。削減施策の一環として、再生可能エネルギーの導入を促進しており、この度グリーン電力証書システムの利用や、太陽光発電システム導入などによる2008年度のCO2排出削減貢献量は、グローバルで約10万トン*に達しました。

 ソニーはグループ全体で、今後もさまざまな形での再生可能エネルギーの活用や省エネルギーを推進し、温室効果ガスの削減に取り組んでまいります。
各地域での取り組み

【日本】

2009年7月1日付けで、日本自然エネルギー株式会社(東京都中央区)と新たに年間1,600万kWhのグリーン電力証書を契約し、10月1日よりソニーシティ(本社ビル)で使用する電力の約50%をグリーン電力化いたします。このグリーン電力は、東京都下水道局 森ヶ崎水再生センターのバイオマス発電によるものです。ソニーシティにおける使用電力の年間を通じてのグリーン電力化は、今回が初となります。今回の導入により、ビル全体の昼間*1 の使用電力量に相当する量(一般家庭の約4,400軒分*2 の年間電力消費量に相当)のグリーン電力を使用することとなり、その温室効果ガス削減効果は年間約6,800トン*3 となる見込みです。

2008年度の国内ソニーグループ各社の再生可能エネルギー発電業務委託量は5,549万kWhで、今回の契約により合計7,094万kWhとなり(7月1日現在)、引き続き国内最大級*4 の「グリーン電力証書」契約企業となります。
【欧州】
すべての製造事業所と非製造事業所(100人以上)が100%再生可能エネルギーの電力使用を達成したことが、独立認証機関より認定されました。これは約1億9,000万kWhの電力、約5.5万トンのCO2に相当します。
エネルギー使用の効率化向上と再生可能エネルギーの導入を通し、欧州では2000年度比でCO2排出量を90%削減しました。

【米国】

2008年度のグリーン電力証書の購入量は、約4,200万kWhでした。これはCO2に換算すると約2.5万トンの削減に相当します。
2009年4月には、光学ディスクメディアの生産を行っているソニーDADCが、自社電力使用量の44%にあたる、年間8,300万kWhを超すグリーン電力の購入を決定しました。
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントは、アリゾナ州のデータセンターを100%再生可能エネルギーで運用しています。カリフォルニア州カルバーシティの本社では、太陽光エネルギーのパイロットプログラムの一環として、太陽光発電セルを本社ビルの屋根に設置しました。


*1 8:00〜22:00
*2 一般家庭の年間電力消費量を3,600kWhとして算出
*3 平成19年度電気事業者別二酸化炭素排出係数(東京電力)0.000425 t-CO2/kWh を用いて算出
*4 ソニー調べ

*グリーン電力導入により、年間約10万トンの温室効果ガスを削減としておりましたが、2009年8月調べで約9.2万トンに訂正させていただきます。

このページの先頭へ