ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2009年07月08日

デジタルシネマプロジェクター『SRX-R220』、3D上映に対応

 ソニーは、2007年5月に発売を開始したフルHD(High Definition)の4倍を超える約885万画素(4,096×2,160)の高解像度4K映像を投影可能なデジタルシネマプロジェクター『SRX-R220』に、ソニー製の3Dプロジェクションレンズユニット『LKRL-A002』*1または『LKRL-A003』*1を含む、米国RealD(リアルディー)社の3Dデジタルシネマシステム*2を用いることで、3D上映に対応します。
 映画業界では、3D映画への期待が高まっており、3D作品の公開も増えています。今回の対応により、映画館では、2D上映(4K解像度)と3D上映(2K解像度)を1台のプロジェクターで提供することが可能となります。
 今後、当社は拡大が見込まれる3D映画を含む多様なデジタルコンテンツの上映など、映画館のデジタル化を推進する提案を積極的に行ってまいります。

※1: 『LKRL-A002』と『LKRL-A003』は、投射比が異なります。
サイドマスキング時において、『LKRL-A002』の投射比は1.1-1.9倍、『LKRL-A003』の投射比は、1.9-4.0倍です。
※2: ソニーのデジタルシネマプロジェクター『SRX-R220』を3Dに対応させるために必要な3Dデジタルシネマシステム(3Dプロジェクションレンズユニット『LKRL-A002』または『LKRL-A003』を含む)は、米国RealD社が供給する商品となります。

尚、7月10日(金)より開催される「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2009」にて、このシステムを用いた国内初の3D上映が行われます。 
■「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2009」について:
2004年より開催している、新しい映像制作スタイル、Dシネマ(デジタルシネマ)にフォーカスした映画祭。ソニーの4K“SXRD”デジタルシネマプロジェクターにて、全作品を高画質上映します。
日時:7月10日(金)〜20日(月・祝)
場所:SKIPシティ映像ホール、多目的ホール(埼玉県川口市)
 *SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2009オフィシャルサイト

■3D上映について:
日時:7月18日(土)10:30〜 
場所:SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ 4F 映像ホール
作品:「ナットのスペースアドベンチャー3D」

デジタルシネマプロジェクター『SRX-R220』向け3Dデジタルシネマシステムの主な特長

1. 高画質の3D映像を実現
RealD社の3Dデジタルシネマシステムは、当社の3Dプロジェクションレンズユニット『LKRL-A002』*1または『LKRL-A003』*1と、RealD社の3Dフィルター、3Dメガネで構成されます。
3Dプロジェクションレンズユニット『LKRL-A002』*1または『LKRL-A003』*1は、4K(4,096×2,160)の解像度をもつプロジェクターの優位性を活かし、ツインプロジェクションレンズから、独立したL/Rの2つの2K映像を同時に表示します。RealD社製の3Dフィルターを通過した映像はスクリーン上で1画面に合成され、3Dメガネを装着することで、立体視が可能になります。
4K解像度のプロジェクターを用いて、L/R用の2Kの画像を同時に出す方式により、2K・3D映像コンテンツのクオリティを、RGB4:4:4、水平解像度2048画素で、高解像度の3D上映を実現しています。

2. 60p上映に対応
外部入力で60p上映に対応しているので、映画以外の様々なコンテンツの3D上映に便利です。特に、スポーツ中継のような動きの速い映像に効果を発揮します。


注:“CineAlta 4K”、“SXRD”とそれらのロゴはソニー株式会社の商標です。
注:その他記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。なお、本文中ではTM、(R)マークは明記していません。
このページの先頭へ