報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2009年9月1日

ソニー、米州における液晶テレビ生産体制を改革

〜台湾の鴻海精密工業と戦略的提携関係構築〜

 ソニー株式会社(以下、ソニー)は、台湾の鴻海精密工業(Hon Hai Precision Industry)と、米州における液晶テレビの生産について戦略的な提携関係を構築することに合意しました。現在、ソニーグループが所有するソニーバハカリフォルニア社の株式の90%、および主に米州向けの液晶テレビを生産するメキシコのソニーバハカリフォルニア社のティファナ工場(以下、ティファナ工場)の生産関連の資産を、鴻海精密工業へ譲渡します。これにより、ソニーバハカリフォルニア社は、鴻海精密工業90%、ソニーグループ10%の出資比率となります。株式および資産の譲渡完了後も、ソニーの米州向け液晶テレビ生産の重要拠点というティファナ工場の位置づけは変わりません。また、ティファナ工場の現在の従業員の雇用は、そのまま引き継がれます。

 ソニーは、液晶テレビ事業における社内のリソースを、商品の差異化につながる技術開発や設計、デザイン等の業務に集中し、お客様にとって魅力ある商品をいち早く開発できる体制を整えます。同時に生産分野では、外部のリソースを積極活用することで固定費その他のコストの削減を進め、収益改善と事業の拡大を促進します。

 株式・資産の譲渡は、各国において必要とされる政府当局または監督官庁の承認を得た上で実行されることになります。
 なお、本件によるソニーの連結業績に対する重要な影響はないものと見込んでいます。

【概要:ソニーバハカリフォルニア社・ティファナ工場】

  • 所在地:
    メキシコ合衆国バハ・カリフォルニア州ティファナ市
  • 設立年月:
    1985年10月 (操業開始年月:1986年3月)
  • 従業員数:
    3,300人(2009年7月末現在)
  • 敷地面積:
    152,289m2
  • 代表者:
    川村 高弘
  • 主な生産品目:
    液晶テレビ、チューナー、ホームオーディオ、カーオーディオ
このページの先頭へ