ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2009年09月03日

2010年、ソニーが家庭に届ける3Dエンタテインメント

 ソニーは、ドイツ・ベルリンにて現地時間9月2日に開催した記者会見※1において、2010年より、3Dによる新たな映像体験を家庭にお届けする旨の発表を行いました。
 今後は、魅力的なハードウェア・コンテンツ両方の側面で開発および制作を加速し、ソニーグループ全体で、3Dによる新たな楽しみを創出していきます。

 家庭における3Dエンタテインメント視聴の中心となる3D対応の液晶テレビ<ブラビア>は、フレームシーケンシャル表示方式※2とアクティブシャッター方式メガネを採用し、当社独自の4倍速動画表示技術を応用して、フルHD※3の高画質な3D映像表示を実現します。

 また、<ブラビア>に加え、“ブルーレイディスク”対応機器、パーソナルコンピューター“VAIO”、PlayStation®3などのハードウェアの3D対応についても開発を進め、3D映画や3D立体視ゲームなど、豊富なコンテンツを家庭でお楽しみ頂けるよう、取り組んでいきます。

 3D映画作品の増加を受け、全世界の3D上映対応スクリーンは2009年末時点で7,000に達すると見込まれています。※4拡大する映画館の3D上映において、ソニーは、撮影・制作から上映に至る幅広い機器を揃え、業界の立ち上げを支援してきました。今後も、映画に加え、演劇・コンサート・スポーツなど新たな3Dコンテンツの制作や上映を支える機器を普及させていきます。

 豊かな想像を現実に結びつけるという意味をこめたソニーグループの新たなブランドメッセージ、“make.believe” (読み:メイク・ドット・ビリーブ)のもと、ソニーは、業務用機器からコンスーマー向け機器までの幅広い事業領域における技術的・人的リソースを活かし、ソニーグループのシナジーを高めて、3D映像体験をお届けします。

※1 会見およびIFAへの出展に関する詳細はこちらをご参照ください。
※2 右目・左目用の映像を交互に表示する方式。映像に同期して、レンズ部に相当する液晶シャッターを交互に開閉するアクティブシャッター方式メガネを着用することで、3D映像の視聴が可能になる。
※3 右目・左目用の映像を1,920×1,080ドットで表示。
※4 出典:Screen Digest (2009年7月時点見込)
   
記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。
   

このページの先頭へ