ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2009年10月23日

「Canvas @ Sony 2009」 開催
ソニービルの外壁「アートウォール」に掲げる三作品を発表

〜 今年のモデル製品 “VAIO”、“ウォークマン”、ヘッドホンを本日より発売開始 〜


 ソニー株式会社は、今年で第3回目となる「Canvas @ Sony(キャンバス アット ソニー) 2009」を開催し、3人の若手新進アーティストのキャンバスとなる銀座 ソニービル外壁「アートウォール」(縦38メートル×横6メートル)に本日より2010年1月14日(木)まで、順次掲げる作品を発表いたします。

 「アートウォール」に掲げる作品の選定にあたり、今年は、オンライン上で公開オーディションを実施。国内外約1,200名からの応募がありました。今年のアーティストは、一昨年のグラフィック的、昨年の手描きの風合いに対して、さらに斬新でオリジナリティの強い3名となりました。

 宮島亜希さんは、大胆な構図と配色でインパクトが強く、洗練された、時代を切り裂いたような作品。riyaさんは、古代エジプト文字「ヒエログリフ」をイメージさせるストーリー性の高い作品で、現代のデザインに新しさが感じられます。斉藤高志さんの人物画の作品は、重厚で圧倒的な存在感を示しています。

■ 今年の「アートウォール」

 また、ソニービル8階コミュニケーションゾーン OPUS(オーパス)のスペースを、各アーティストに開放したギャラリーを、本日より11月3日(火)まで開設。本ギャラリーには、「Canvas @ Sony 2009」モデル製品、アーティストのその他の作品が展示されます。

 なお、今年キャンバスとなった製品の“VAIO”、“ウォークマン”、ヘッドホンは、本日より期間・台数限定で、ソニースタイル 銀座・大阪、ソニースタイル(ウェブサイト)にて、販売されます。また、au向けのソニー・エリクソン製携帯電話「BRAVIA® Phone U1」と「S002」にも今年のアーティストの待受画面用静止画が3種類プリセットされています。さらに、デジタル写真や動画、ブログなど、個人が集めた様々なデジタルコンテンツをウェブ上で管理できる「Life-X」(http://life-x.jp/)でも本日より、今年の作品を着せ替えデザインとして選択することができます。

 「Canvas @ Sony」は、若手新進アーティストの発掘・支援を目的とし、ソニーブランドの発信拠点であるソニービルの晴海通りに面した外壁「アートウォール」や、ソニー製品を「アートキャンバス」、「表現の場」として提供する、ソニーとアーティストの協同プロジェクトです。ソニーは、新しい愉しさを創り出すという企業姿勢に基づき、アーティストと協力することで、新しい文化を発信していきます。

このページの先頭へ