ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2009年12月04日

ソニー、「2010 FIFA ワールドカップ」に向けた3D、ネットワーク、社会貢献に関する活動を開始

 オフィシャルFIFAパートナーのソニーグループは、「2010 FIFAワールドカップ」に向けブランド戦略の一環として、サッカーを活用した「3D」、「ネットワーク」に関する活動を展開します。また、これらとともに、「社会貢献活動」も展開いたします。
 現地時間12月4日に南アフリカで開催された2010 FIFAワールドカップ南アフリカ大会最終組合せ抽選会を契機に各テーマにおいて、以下の活動を実施していきます。

それぞれの詳細は以下の通りです。

■ 3D

 ソニーとFIFAは、FIFAワールドカップを世界で初めて3D映像化することで契約を締結しました。両者は、本大会の感動と、ソニーの技術と製品による臨場感のある3D映像を組み合わせ、試合の様々なシーンを世界の人々にお届けし、スタジアムにいなくても実際に観戦しているような体験を創造していきます。

■ ネットワーク

 現地での試合観戦やテレビでの視聴を中心とした、これまでのサッカーの楽しみ方に加えて、ソニーはネットワークを通して、2010 FIFAワールドカップやFIFA主催のサッカー大会をはじめとした、サッカーの臨場感のある新しい体験や楽しみ方を提供します。その一部施策として、本日、ネットワークサービス「PlayStation®Network」を介し、PlayStation®3(PS3®)ユーザー同士がコミュニケーションやゲームを楽しめるオンライン上のコミュニティ空間「PlayStation®Home(プレイステーションホーム)」内に、サッカーファン向けのコミュニケーションエリア「FevaArena(フィバアリーナ)」を開設。「FevaArena」では今後、ソニー以外のオフィシャルFIFAパートナー企業、2010 FIFAワールドカップ公式マスコット「Zakumi(ザクミ)」、南アフリカ観光局との共同イベントを開催し、アバター向けサッカーグッズショップをオープンするなど、オンラインコミュニティ空間で、サッカーを盛り上げていきます。「FevaArena」は、日本を皮切りに、世界各地域で順次開設します。

 また、2009年6月からソニーは、フットボール・サイト「FevaCasters(フィバキャスターズ)(www.sony.com/football/ ※左記サイトはwww.sony.co.jp/united/football/に変更されました ※掲載終了。現在はアクセスできません。 )」を開始しました。南アフリカ、ワールドカップなどのFIFA大会に関連する情報を世界の若手ジャーナリスト「FevaCasters」を起用して、臨場感あるレポートを情報発信しています。今後、「FevaCasters」を増やし、コンテンツの充実を図ると同時にレポートの頻度を拡大させていきます。また、「FevaCasters」のレポートコンテンツは、2010年3月を目処に、「FevaArena」でもご紹介できるよう準備を進めております。また、12月4日より、「FevaCasters」のレポートは、ドイツのソニー・ピクチャーズ テレビジョン(SPT)※1AXNのチャネルの「Inside South Africa」番組で放送される予定です。

 また、ソニー・エリクソンは、2010 FIFAワールドカップに向けて、ユニークなモバイル・アプリケーションをとおした様々なサッカー体験の提供、ソーシャルネットワーク上で「Sony Ericsson Twitter Cup」を開催する予定です。(詳細は、ソニー・エリクソンから後日発表いたします)

■ 社会貢献活動

 ソニーは、初めてアフリカ大陸で開催となるFIFAワールドカップの機会を捉え、社会貢献活動の方針に基づき、「技術」、「社員の参加」、「パートナーシップ」を活用し、新たに以下の活動を実施します。

 ワールドカップ開催期間中、ソニーと独立行政法人国際協力機構(JICA)、国連開発計画(UNDP)は、ワールドカップのアフリカ代表国の一部(ガーナ、カメルーン(予定))で、ソニーのビデオプロジェクター、ブルーレイプレーヤー、オーディオミキサーを活用した大型映像装置を設置し、ハイビジョンでワールドカップの試合を無料中継するパブリックビューイング「For Local Communities(フォーローカルコミュニティーズ)」プロジェクトを実施します。これは、JICA、UNDPが実施している貧困削減とHIV/エイズへの理解や予防の促進などの、社会啓発プロジェクトと共に行なうもので、サッカーの夢と感動の提供と同時に、開発途上国の社会/経済開発の促進を図ることを目指します。
今年7月に、ガーナでJICAと共同で実施した同様のプロジェクトでは、従来の約5倍 7,500人を集客、HIVのカウンセリングと検査の会場で、従来の約3倍 1,100人が検査を受けるなど啓発活動の効果が向上しました。(本プロジェクトについて: http://www.youtube.com/watch?v=7b70saN66qQ

 またソニーは、南アフリカで、貧困などにより試合観戦ができない人々が多い環境下、15,000人の南アフリカの子どもたちを試合観戦に招待することを目指す「For the Children(フォーザチルドレン)」プロジェクトを実施します。HIV/エイズ教育活動を子ども向けに展開する現地NGO団体などと共同で本活動を実施することで、HIV/エイズの予防や教育活動の促進を図ります。

 さらに、FIFAが取り組む社会貢献活動「Football for Hope(フットボールフォーホープ)」支援の一環として、「Siyakhona(シヤコナ)」プロジェクトをNGO団体と共同で実施します。「Siyakhona」では、サッカーを通じた社会開発を目指して活動するFIFAの約40のNGOパートナーに、“サイバーショット”や“VAIO”などのソニー製品を提供し、映像制作などNGOのコミュニケーション活動を支援していきます。
ソニーは、「For Local(フォーローカル) NGOs」プロジェクトとして、世界のNGOを支援しています。

 その他、2010 FIFAワールドカップに向けた活動については、順次、お知らせいたします。
サッカーを活用したソニーの活動については、www.sony.co.jp/football/ をご参照下さい。※掲載終了。現在はアクセスできません。

※1 SPTは、AXN、Sony Entertainment Television, ANIMAXなどのチャネルを保有し、約400カ国で番組を放送しています。 ※ PlayStation®3は株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの商品です。また、“PlayStation”は同社の登録商標です。 ※ 各ソニー製品の商品名・サービス名はソニー株式会社またはグループ各社の商標又は登録商標です。 ※ その他の製品及び会社名は、各社の商号、登録商標又は商標です。

■ 参考情報 (その他活動例、写真)

 FIFAでは2007年以来、ソニー・コンピュータエンタテインメントおよびエレクトロニック・アーツ社と連携し、PS3®専用サッカーゲーム『FIFA』シリーズを使った「FIFA Interactive World Cup(フィファ インタラクティブ ワールドカップ)」を開催しています。  「PlayStation®Network」の活用により、オンライン予選を実施し、FIFA主催のワールドカップで唯一、世界中にいるユーザーが「主役」として参加できる機会を提供しています。今年5月にスペインで決勝戦が行われた「FIFA Interactive World Cup 2009」には、予選を含め世界52カ国から50万人以上のPS3®ユーザーが出場し、世界チャンピオンの座をかけて競い合いました。2010年大会は、今年10月から予選を開始、FIFAワールドカップに先立ち2010年5月にスペインで決勝戦が開催される予定です。  その他、ソニーは、試合前のセレモニーとしてFIFAの旗を持ちスタジアムのピッチに入場することができる子供(10〜16歳)「Flag Bearer(フラッグベアラー)」の募集や、ピッチの撮影エリアで試合開始前のウォーミングアップ時間に選手を写真撮影できる「Fan Photographer(ファンフォトグラファー)」の募集を、販売促進キャンペーンと連動させ、著名選手と同じピッチに立てるという夢のある体験を人々に提供しています。


  • JICAと開催した「パブリックビューイング」

  • FIFA Interactive World Cup 2009

  • 「FevaCasters」

  • PlayStation®Home上の「FevaArena」

  • 「Fan Photographer」

  • 「Flag Bearer」

 また、ソニーは、日本代表チームのサポーティングカンパニー、UEFA(欧州サッカー連盟)チャンピオンズリーグのスポンサーとなり、現・ブラジル代表のカカ選手を広告宣伝で起用するなど、各地域において、サッカーと様々なブランド/マーケティング活動を展開しています。

このページの先頭へ