ニュースリリース

コンテンツメニュー

【NAB Show 2010】 高品位な3Dコンテンツの効率的な制作を実現する
3D制作のトータルソリューションを提案

 ソニーは、撮影・編集から上映にいたる業務用機器から家庭用の豊富なハードウェア、映画やゲームなどのコンテンツまで、グループ全体で高品位な3D体験をお客様に提供すべく積極的に事業を展開しています。

 今回は、4月12日(月)〜15日(木)に、米国・ラスベガスで開催される国際放送機器展 “NAB(National Associations of Broadcasters)Show 2010”において、マルチイメージプロセッサー、光ファイバーアダプター等の新製品を加え、3D制作のワークフローに必要なソリューションを総合的に提供するだけでなく、高品位な3Dコンテンツの効率的な制作を実現するソリューションを提案します。

【3D関連の新製品】

・ 42型 業務用3D対応モニター 『LMD-4251TD』
・ 24型 業務用3D対応モニター 『LMD-2451TD』

2010年秋発売
2D、3D両方の再生が可能で、3Dでは円偏光方式(マイクロポラライザーフィルター)を採用。
・ 光ファイバーアダプター 『HDFA-200』
2010年秋発売
3D映像を2台のカメラで撮影する際、それぞれのカメラからのHD SDIの映像信号を1つにまとめ、3Gbpsの光ファイバーケーブルを介してCCU(カメラコントロールユニット)に通します。カメラとCCU間のケーブルが1本になり、2台のカメラのビデオ信号、コントロール信号、電源を1台のCCU、およびRCP(リモコンパネル)から同時に操作することができ2Dカメラシステムと同等の運用効率を実現します。
・ マルチイメージプロセッサー 『MPE-200』※1
2010年3月15日発売済み
3D映像を2台のカメラで撮影する際に生じる映像のずれを測定して表示し、またそれを調整することで、3D映像の撮影と制作の効率化を実現します。

※1 ステレオイメージプロセッサーソフトウェア『MPES-3D01』が別途必要です。

【国内3D関連導入事例】

・ スカパーJSAT株式会社
2010年夏にスカパー! HDでの3D放送を予定しているスカパーJSAT 株式会社に、中継や編集、送出など様々な場面で高品位な3D コンテンツの制作環境を提供するマルチイメージプロセッサー『MPE-200』 2式を納入。

【3D制作ソリューション 展示概要】

3Dコンテンツ制作
3D制作領域では、すでに撮影から映像データの補正、編集、ビューイングまで一貫してサポートする「3D制作ソリューション」を提案しています。
《撮影》 3D撮影は、2台の同じカメラをカメラリグで固定し、3Dカメラシステムを構築します。マルチパーパスカメラ『HDC-P1』マルチフォーマットカメラ『HDC-1500R』HD CCDブロックアダプター『HKC-T1500』の組み合わせを用いれば、小型のシステムが構築でき、デジタルシネマカメラ『F35』『F23』を用いれば、より高画質でフィルムライクな3D撮影が可能です。また、光ファイバーアダプター『HDFA-200』をカメラシステムに設置し、2つのカメラからの映像を1台のCCUからコントロールすることも可能です。
《補正》 マルチイメージプロセッサー『MPE-200』※1は、2台のカメラで3D映像を撮影する際に生じるカメラ間の色味や光軸等のわずかなずれを解析して表示、また簡単に補正することができます。左右の映像のわずかなずれも画像処理で微調整することができるため、ずれの少ない見やすい3D映像へ補正します。
《編集》 撮影した3Dコンテンツは、マルチフォーマットプロダクションスイッチャー『MVS-8000G』または『MVS-8000X』HDCAM-SRデジタルレコーダー『SRW-5800』を使って3Dライブ中継や、編集が可能です。
《ビューイング》 3Dコンテンツ制作用途では、業務用3D対応モニター『LMD-4251TD』(42型)や『LMD-2451TD』(24型)で確認したり、映画館では、デジタルシネマプロジェクター『SRX-R320』※2に米RealD社製の3Dデジタルシネマシステム※3を組み合わせたシステムで上映することができます。
また、大型画面で大勢で3D鑑賞が可能な280型2D/3D LEDディスプレイを技術展示します。

※2 “NAB Show 2010”のソニーブースでの展示はありません。
※3 ソニーのデジタルシネマプロジェクターを3Dに対応させるために必要な3Dデジタルシネシステム(ソニー製3Dプロジェクションレンズユニット『LKRL-A002』または『LKRL-A003』を含む)は、米国RealD社が供給する商品となります。


3D中継
・ 制作会社、AMV(All Mobile Video)社向けに製作した3D中継車を展示
マルチフォーマットポータブルカメラ『HDC-1500』、マルチフォーマットプロダクションスイッチャー『MVS-8000G』、HDCAM-SRデジタルレコーダー『SRW-5800』等の機材が搭載されています。

【NAB Show 2010】

-会期:   2010年4月12日(月)~15日(木)
-場所:   LAS VEGAS Convention Center (LAS VEGAS, Nevada USA)
-ソニーブース:  Booth No.C11001, Central Hall


※ HDCAM-SRおよびそのロゴはソニー株式会社の商標です。
※ その他記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。なお、本文中ではTM、®マークは明記していません。



このページの先頭へ