ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2010年05月21日

ソニー、“Sony Internet TV”を開発

〜世界初の“Google TV”プラットフォームを採用したテレビの開発により、これまでにないテレビとインターネットの融合を実現〜


 ソニー株式会社(以下、ソニー)は、“Google TV”プラットフォームを世界で初めて採用した、“Sony Internet TV”の開発を発表いたしました。このプラットフォームは、本日、米国・サンフランシスコで開催された開発者会議“Google I/O”にてGoogle Inc.(以下、Google)、ソニー、Intel Corporation、Logitechにより、発表されたものです。
 ソニーは、これまでに培ってきたAV商品に関する開発から販売に至るノウハウと、Googleの将来的な発展性を持ったオープンなTV向けアンドロイドプラットフォームとを組み合わせて、“Sony Internet TV”の開発を進めています。“Sony Internet TV”は、先ず米国にて、2010年秋をめどにディスプレイ一体型と、ブルーレイディスクドライブを組み込んだセットトップボックス型の2タイプを発売する予定です。

 ソニーは新たなビジネスカテゴリーの創出を目指し、これまでの視聴概念を覆す視聴スタイルや、ダウンロードによる拡張性、さらには快適な操作性やマルチタスクを実現する「進化するテレビ」の開発を進めてまいりました。
 “Sony Internet TV”は、これらを実現し、インターネットとテレビを融合させることで今までに無い楽しみ方を提供するだけではなく、アプリケーションのダウンロードにより進化し続けるという、新しい時代のテレビです。Googleのオープンプラットフォームを活用することで、お客様に向けてより魅力ある豊富なコンテンツやサービスをタイムリーに提供することが可能になります。

 ソニーは、日々、新しいコンテンツやサービスが創出されるインターネットの世界を、テレビでも楽しめる環境を実現するべく、テレビの使い方や概念を変える「進化するテレビ」の開発を進めるとともに、今後もさらにお客様に価値を感じて頂けるような魅力的なテレビを商品化してまいります。

このページの先頭へ