ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2010年06月10日

「ブラウン管カラーテレビご使用中止のお願い」について


 ソニー株式会社が1990年末までに生産したブラウン管カラーテレビにおいて、長期の使用により内部部品が劣化し、過剰発熱にいたった場合、まれに内部部品が発火するおそれがあります。これらのテレビでは、本体キャビネットに難燃性の低い材料を使用しており、テレビ本体の焼損および周囲への拡大損害につながる可能性があるため、該当製品をご使用のお客様にご使用中止のご案内をさせていただきます。

 本日現在、日本国内において、本原因により、テレビを置いていた出窓の棚が焦げたという拡大損害の事例一件、テレビ本体の損傷の事例は三件確認されています。なお、海外では同原因によるテレビ本体の損傷の事例三件が確認されています。全ての事例において、お客様がケガをされたという報告はありません。

 お客様への対応については、本日より該当製品のご使用中止のお願いを当社ホームページでご案内いたします。また、お客様からのお問い合わせや製品廃棄等のご相談については下記の専用窓口にてお受けします。

− 記 −

〔対象機種〕
  1990年末までに生産されたブラウン管カラーテレビ
〔推定残存台数〕 国内 約1万3,000台 
  対象機種の国内出荷台数は、約1,328万台ですが、発売から約20年が経過していることから残存台数は、約1万3,000台と推定しています。
〔対象機種の確認方法〕
  本体正面、および背面の銘板に記載されている型名をご確認ください。本体形状は機種により異なります。


該当製品の型名については、下記URLにてご案内しております。
www.sony.co.jp/SonyInfo/News/ServiceArea/100726/models.html#list
〔連絡先〕
  ソニーテレビ受付センター
  電話番号 0120−256−654 (専用フリーダイヤル)
(PHS・携帯電話からもご利用可能です。)
  受付時間 月〜金曜日   9:00〜18:00
土・日・祝日   9:00〜17:00
〔ホームページによるお知らせ〕
  www.sony.co.jp/SonyInfo/News/ServiceArea/100610/

このページの先頭へ