ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2010年07月12日

FIFAとソニーが〈ブラビア〉と“VAIO”を南アフリカの慈善団体等に寄贈

〜FIFAワールドカップ大会運営に使用された機材を教育・医療の現場で活用〜


※南アフリカ・ヨハネスブルクにて7月9日に発表致しましたプレスリリース(英文)の要旨です。

 ソニーは、FIFAとLocal Organising Committee(ローカル オーガナイジング コミッティー) (現地運営委員会)と共に、ソニーの液晶テレビ〈ブラビア〉とノートパソコン“VAIO”を、南アフリカ全土に亘る様々な地域開発プロジェクトに提供します。

 FIFAが取り組む社会貢献活動「Football for Hope(フットボール フォー ホープ)」支援の一環として、ワールドカップ期間中に大会運営に使用された〈ブラビア〉4700台と“VAIO”350台を、現地の学校・医療クリニック・青年育成プロジェクト・社会開発活動にて活用してもらえるよう寄贈します。

 一つのスポーツを取り上げる大会としては、世界最大の大会であるFIFAワールドカップは、大会運営に多くのIT機材・製品を要し、2010 FIFAワールドカップで使用された機材の多くは、オフィシャルFIFAパートナーであるソニーが提供しています。これらのソニー製品を大会後に寄贈することで、FIFAとソニーの長期的なコミットメントの一環として、恵まれないコミュニティにおけるメディア及びコミュニケーション・スキル向上の手立てを提供していきます。

プレスリリース(英文)URL:www.sony.net/SonyInfo/News/Press/201007/10-0709E/

このページの先頭へ