ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2010年07月20日

Sony Student Project Abroad (China) 2010を開催

中国の高校生30名を日本へ招待
低炭素社会をテーマに、7月26日から8月1日まで開催

 ソニー株式会社は、7月26日(月)から8月1日(日)までの7日間、中華全国青年連合会との共催により、中国の高校生30名を日本に招待する社会貢献活動「Sony Student Project Abroad (China)(ソニー スチューデント プロジェクト アブロード チャイナ) 2010」<以下、SSPA(China)>を開催致します。
 SSPA(China)は今年で5回目の開催を迎え、<「若い視点で新しい発想を」 —低炭素社会の実現に向けたライフスタイルを見つけよう>をテーマに、広州、済南(さいなん)、瀋陽(しんよう)の地域から選抜された30名の学生が、環境学習プログラムを通して生物多様性や地球温暖化について学びます。
 クレイアニメーションのプログラムでは、学生がシナリオから粘土のキャラクター工作まで手掛け、ソニーのデジタルスチルカメラ“サイバーショット”等を用いて撮影します。東京造形大学(東京都八王子市)の協力の下、地球温暖化を防止するための独創的なショートムービーを作成します。
 またリサイクルについて考えるプログラムでは、ソニー製の使用済みテレビもリサイクルしているグリーンサイクル株式会社(愛知県名古屋市)にて、家電のリサイクル工程を見学します。実際に手解体・粉砕処理・選別などの工程を回り、これらの作業を通してどのような資源が回収できるのか学びます。
 なお、プロジェクトの最後にはソニー社員宅へのホームステイを予定しており、各学生が日中交流を深めるとともに、日本の日常生活を体験します。
※昨年の様子は「日中青少年交流プログラム Sony Student Project Abroad (China) 2009」からご覧になれます


 SSPA(China)はソニー・チャイナ設立10周年およびソニー株式会社創立60周年を記念して、2006年に開始したプロジェクトです。今回の開催を含め、累計140名の中国の学生を日本へ招聘し、中国の将来を担う若者の更なる成長の一助となるよう期待を込めて開催しています。7月25日(日)には中国の北京市にて式典を催し、過去にSSPA(China)に参加した学生約20名や中華全国青年連合会と共にこの5年間を振り返ります。
  • Sony Student Project Abroad (China)
このページの先頭へ