報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2010年9月22日

世界最大規模の写真・映像関連の展示会
「Photokina2010」出展のご案内

 ソニーは、ドイツ・ケルンで現地時間2010年9月21日(火)から開催されている世界最大規模の写真・映像関連の展示会「Photokina2010」(フォトキナ2010)にて、デジタル一眼カメラ“α”、コンパクトデジタルスチルカメラ“サイバーショット”、デジタルハイビジョンビデオカメラ“ハンディカム”などの商品や写真や映像を楽しく鑑賞・共有することができるソフトウェアやサービスの展示をしています。
 また、“α”シリーズについては、レンズ開発の予定など今後の商品開発の方向性を示す参考出品も行い、ソニーのデジタルイメージング事業の総合力や発展性を紹介しています。

<デジタル一眼カメラ“α”>

・Aマウントシリーズ

透過ミラーを用いることで、一眼レフカメラに必要だったミラーの駆動をなくし、常にオートフォーカスセンサーとイメージセンサーに同時に光を当てることができる“Translucent Mirror Technology”(トランスルーセントミラー・テクノロジー)を中心としたラインアップの拡充を目指します。

(ラインアップ展示)

“Translucent Mirror Technology”を搭載し、秒間10コマの高速連写※1や動画撮影中でも作動する高速・高精度なオートフォーカスを実現した“α55”“α33”(既発売)など全ボディラインアップとレンズ群、豊富なアクセサリー類を展示しています。

  • ※1:“α55”の連続撮影優先AEモードにおいて。“α33”は最高で秒間7コマ。

(参考展示)

現在開発中の中級機にも “Translucent Mirror Technology”の搭載を予定しています。中級機に加え、中級機に最適な標準ズームレンズ、フラッシュ、縦位置グリップと合わせて展示を行います。また、交換レンズとしては、超望遠レンズ(500mm F4 G)を参考出品します。

・Eマウントシリーズ

交換レンズ群やフラッシュなど、Eマウントシステムの拡充を目指します。

(ラインアップ展示)

APS-Cサイズの大判イメージセンサーの搭載によって一眼レフカメラと同等の高画質とレンズ交換の楽しみを実現しながら、コンパクトカメラに迫るボディサイズの『NEX-5』『NEX-3』(既発売)とレンズ群、アクセサリー類を展示しています。

(参考展示)情報サイトURL: http://www.sony.jp/ichigan-e/evolution/

Eマウントレンズは、既発売の3本のレンズ(E 16mm F2.8・E 18-55mm F3.5-5.6 OSS・E 18-200mm F3.5-6.3 OSS)に加え、現在開発中の7本を含めた合計10本のレンズを展示します。開発中の7本のレンズは、2012年までに順次商品化する予定です。なお、アクセサリーに関しては、フラッシュの開発を進めています。
また、『NEX-5』『NEX-3』のボディカラーとして、合計8色のカラーバリエーションモデルを参考出品します。

加えて、ファームウェアアップグレードプログラムによって、以下の通り『NEX-5』『NEX-3』における機能追加と操作性の向上を図ります。(2010年10月中旬予定)このファームウェアアップグレードした商品を体験できる展示も合わせて行います。

1) マウントアダプター『LA-EA1』を介して、EマウントカメラにAマウントレンズを装着する時のオートフォーカスを可能にします※2。(“ハンディカム”『NEX-VG10』への対応は、11月中旬を予定)。

  • ※2:Aマウントレンズ装着時のオートフォーカスは、Eマウントレンズ装着時より遅くなります。
    (約2秒〜約7秒:ソニーの測定条件によります。被写体、撮影時の明るさなどにより変わります。)
    マウントアダプター『LA-EA1』(別売)のファームウェアアップグレードも必要です。

2) 使用頻度の高い機能を即座に操作できるよう背面のソフトキー機能に設定ができるカスタマイズ機能や、設定した絞り値で動画撮影が可能な機能などを追加します。

<デジタルスチルカメラ“サイバーショット”>

AVCHDでのフルハイビジョン動画撮影(1920×1080/60i,AVCHD)機能や撮影シーンに応じて最適な設定で高画質な静止画を撮影できる「プレミアムおまかせオート」機能、世界で初めて<sup>※3</sup>手軽に3Dの静止画撮影が楽しめる機種(『DSC-WX5』『DSC-TX9』)などを含む、“Tシリーズ”、“Wシリーズ”、“Hシリーズ”などのラインアップを展示しています。

  • ※3:2010年8月発売時点。単眼レンズ一体型デジタルスチルカメラとして。

<デジタルハイビジョンビデオカメラ“ハンディカム”>

裏面照射型構造のCMOSセンサー“Exmor R”(エクスモア アール)を搭載することで、暗い場面でもノイズの少ない高画質なハイビジョン映像が撮影でき、歩きながらの撮影に加え、ズームアップ撮影でも手ブレの少ない映像を実現した“XRシリーズ”、“CXシリーズ”などのラインアップを展示しています。
また、APS-Cサイズの大判イメージセンサーとEマウントレンズの組み合わせにより、高画質で豊かな映像表現を実現したレンズ交換式HDビデオカメラ『NEX-VG10』(既発売)も展示しています。

<モバイルHDスナップカメラ “Bloggie(ブロギー)”>

内蔵USB端子及びソフトウェアで、動画や静止画を簡単に“Personal Space™”(パーソナルスペース)などの動画共有サービスへアップロードが可能なモバイルHDスナップカメラ“Bloggie”『MHS-TS20K』などを含むラインアップを展示しています。

<デジタルフォトフレーム“S-Frame”>

AVCHDフォーマットのビデオをステレオ音声とともに再生できる機種、バッテリー駆動で持ち運びできる機種、プリンター搭載の機種など7型から10.2型までのラインアップを展示しています。

参考出品一覧

Aマウントシリーズ

カメラボディ

○中級機
・“Translucent Mirror Technology”を搭載
・新開発“Exmor” APS HD CMOSセンサーを搭載
・フルハイビジョン動画(AVCHD)機能を搭載

レンズ

○中級機標準ズームレンズ
○超望遠レンズ 500mm F4 G

アクセサリー

○フラッシュ
○中級機用縦位置グリップ

Eマウントシリーズ

ボディ

○『NEX-5』『NEX-3』のカラーバリエーション

レンズ

○カールツァイス 広角単焦点レンズ(2011年発売予定)  
○望遠ズームレンズ(2011年発売予定)
○マクロレンズ(2011年発売予定)     
○ポートレートレンズ(2011年発売予定)
○高性能標準ズームGレンズ(2012年発売予定) 
○広角ズームレンズ (2012年発売予定)
○中望遠レンズ(2012年発売予定)

アクセサリー

○フラッシュ

  • logoは、ソニー株式会社の商標です。
  • logo”および“サイバーショット” は、ソニー株式会社の商標です。
  • ハンディカム、HANDYCAM、logoはソニー株式会社の登録商標です。
  • “Bloggie”、ブロギー、logoは、ソニー株式会社の商標です。
  • “S-Frame”は、ソニー株式会社の商標です。
  • “BIONZ”および“<img src="brill_logo.png" alt="logo" width="53" height="15" border="0" align="absmiddle">” は、ソニー株式会社の商標です。
  • “Exmor R”および“Exmor”は、ソニー株式会社の商標です。
  • AVCHDおよびAVCHDロゴは、パナソニック株式会社とソニー株式会社の商標です。
  • その他記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。
このページの先頭へ