ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2010年09月29日

ソニー、東京電力と共同でグリーン電力事業を行う新会社を設立


 ソニー株式会社(以下、「ソニー」)は、東京電力株式会社(以下、「東京電力」)と共同で、木質バイオマス発電事業などのグリーン電力事業を行う新会社「サステナブルグリーンパワー株式会社」(以下、「新会社」)を設立いたします。

 新会社は、株式会社ファーストエスコの100%子会社である株式会社白河ウッドパワー(以下、「白河ウッドパワー」)が福島県白河市に保有する木質バイオマスのみを燃料とする大信(たいしん)発電所(発電出力11,500kW)の事業譲渡を受け、同発電所が発電した電力を、特定規模電気事業者を通じてソニーの事業所に供給する予定です。新会社の設立時期は2010年10月上旬、出資構成は東京電力60%・ソニー40%を予定しています。

 ソニーは、現在、「グリーン電力証書」を通じて、再生可能エネルギー利用による温室効果ガス排出量の削減を進めておりますが、今回、本事業へ東京電力と共同で出資を行い、新たにグリーン電力を自社の事業所に直接供給する取り組みを行います。これは、昨今の国内におけるグリーン電力の需要の高まりを踏まえ、発電にも関わり、自ら使うグリーン電力を「自ら作る」ことで、積極的かつ自立的にグリーン電力の利用を拡大するものです。

 なお、本事業譲渡については、今後、白河ウッドパワーによる当該発電所譲渡に関する経済産業大臣の許可取得等、必要な諸条件が整い次第、実施される予定です。

このページの先頭へ