ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2010年11月01日

プロフェッショナルソリューション事業の成長に向けて


 ソニー株式会社は、放送・業務用領域で製品・サービス・ソリューションを提供する「プロフェッショナルソリューション事業」において、技術力の更なる強化と競争力強化、収益力向上を伴う事業の成長に向けて「映像制作」「デジタルシネマ」「セキュリティ」の三領域を重点に経営施策を積極的に推進します。施策の実現によりエレクトロニクス事業における中核事業の一つとして、中長期で連結売上高5,000億円を目指します。具体的な柱は以下の通りです。

「映像制作領域」における高画質化とシステムソリューション強化

大判イメージセンサーを搭載した4K解像度(4096x2160)高精細映像制作用カメラの来期中の市場投入と、4Kをベースとしたトータルなコンテンツクリエーションワークフローの確立
2D/3Dコンバーターなど業務用3Dアプリケーションソフトの拡充による3Dコンテンツ制作ソリューションの強化
映像制作プロセス効率化とコンテンツマネジメント、配信のシステムソリューション提供
高輝度・高精細有機ELディスプレイデバイスを採用した中型モニターの商品展開

業界唯一 4K SXRDプロジェクターでの「デジタルシネマ」市場の活性化

フルHDの4倍を超える885万画素のソニー独自液晶ディスプレイデバイス「4K“SXRD”」を搭載した高精細シネマプロジェクターが、全世界の映画館への累計出荷5000台を達成
プロジェクター、サーバーに加え上映を管理するシアターマネジメントシステム、運用をサポートするリモートモニタリング保守サービス、劇場売上を管理するPOSシステム等を統合したワンストップソリューション「デジタルシネマ・ソリューションサービス」で映画館のデジタル化を積極的に推進
2013年までに全世界でデジタルシネマを累計30,000システム投入し、業界シェアトップの40%獲得を目指す。

「ビジュアルセキュリティー」の技術力、商品力強化

キーコンポーネントの自社開発による性能差異化や CMOSイメージセンサーの特長を活かし、明部/暗部の視認性を飛躍的に向上させる View-DR(ビューディーアール)を代表とする高画質化技術の追求
半導体、コンスーマーグループとのプラットフォーム統一、シャーシ共通化による商品力強化
ハイエンドモデルである、広域モニタリングシステム「XI's(エクサイズ)」をはじめとした、コスト競争力ある商品開発とラインアップの拡充

 上記中核事業の育成とともに、ブラジルやインドなど、新興国市場での積極的なビジネス展開を図ります。また非接触IC技術FeliCa(フェリカ)についても、海外を含め一層の普及を進めてまいります。

 ソニーはプロフェッショナルソリューション事業の強化とコンスーマー事業やイメージセンサーをはじめとするキーデバイス、半導体事業との更なる連携により、エレクトロニクス事業全体の技術力向上、競争力強化と、より魅力的な製品、サービス、ソリューションの提供につとめて参ります。


このページの先頭へ