ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2010年11月08日

新開発のスーパー35mm相当“Exmor”CMOSイメージセンサーを搭載し
PLレンズに対応したデジタルシネマカムコーダー『PMW-F3』シリーズを発売


  • デジタルシネマカムコーダー『PMW-F3L』

    (* 写真のレンズ、マットボックス、フォローフォーカス、ブリッジプレート、ライザープレートは別売です。)

 ソニーは、スーパー35mm相当単板CMOSイメージセンサーを搭載し、PLマウントレンズに対応したデジタルシネマカムコーダー『PMW-F3K』(レンズ付属)と『PMW-F3L』(ボディ本体のみ)を発売します。

※ PLマウント:映画用35mmフィルムカメラレンズ用で主流のマウント
型 名 発売日 希望小売価格
  デジタルシネマカムコーダー
  『PMW-F3K』
2011年2月1日 2,205,000円
(税抜価格2,100,000円)
  デジタルシネマカムコーダー
  『PMW-F3L』
1,522,500円
(税抜価格1,450,000円)

 デジタルシネマカムコーダー『PMW-F3K』と『PMW-F3L』は、スーパー35mmフィルムのサイズに相当する、新開発のスーパー35mm相当単板CMOSイメージセンサーを採用し、映画用フィルムカメラ同様の浅い被写界深度での撮影が可能です。
 また、F11(ISO 800)の高感度、S/N比63dBの高感度・低ノイズを実現しており、夕暮れ時など低照度環境下での撮影でも情感豊かに映像表現ができます。

 映像の圧縮フォーマットと収録メディアは、パソコンへの高速転送が可能で、衝撃など過酷な環境にも強く、映像制作業界で幅広く活用されている、従来の“XDCAM EX”シリーズと共通です。
 映像圧縮にはMPEG2 Long GOP方式を、収録メディアには“SxS”メモリーカードを採用しており、高い実績を持つ既存のワークフローを活用することができます。

 ソニーではスーパー35mm相当単板イメージセンサーを搭載したカメラとしてデジタルシネマカメラ『F35』およびHDCAM-SRカムコーダー『SRW-9000PL』をラインアップしており、今回の新モデルにより、PLレンズを使用した本格的なシネマ撮影市場の裾野拡大をはかっていきます。

『PMW—F3K』『PMW-F3L』の主な特長

1. 新開発スーパー35mm相当”Exmor”CMOSイメージセンサーを搭載
撮像素子にはスーパー35ミリフィルムのサイズに相当する大型単板CMOSイメージセンサーを搭載し、フィルムカメラと同様の浅い被写界深度での撮影を行うことができます。
このCMOSイメージセンサーは1つの画素面積を現行のデジタル一眼カメラ用や放送業務用カメラに搭載のCMOSイメージセンサーに比べて約4倍の大きさであり、感度F11(ISO800)、S/N比 63dBの高感度・低ノイズにより、夕暮れ時など低照度環境下での撮影でも情感豊かに表現することができます。
「スーパー35mm相当CMOSイメージセンサー」の詳細についてはこちら


2. PLレンズに対応
映画用フィルムカメラにおける標準となっているPLレンズを使用することが可能であり、多彩なシネマ用レンズによる豊かな映像表現が可能です。
また、『PMW-F3K』には35/50/85mm T2.0の単焦点PLレンズ3本を付属しています。
廉価な価格設定により映画はもとより、低予算のCMや、ドラマ、ミュージックビデオなど幅広い用途に利用することが可能で、単焦点PLレンズを使用した本格的なコンテンツ制作市場の裾野を拡大していきます。

3. XDCAM EXワークフローを採用
記録フォーマットや記録メディアは従来のXDCAM EXシリーズ製品と共通です。
収録から完パケまで高い実績を持つXDCAM EXシリーズと同じワークフローで安定した運用を行うことができます。
またDVCAMフォーマット(DV-AVI type2形式)によるSD記録にも対応します。

4. スロー&クイックモーション撮影
スロー撮影やクイックモーション撮影を簡単に行うことができます。
一例として、720/23.98p記録時にフレームレートを60フレームに設定すると1/2.5倍速のスロー映像の記録が可能です。

* スロー&クイックモーション撮影機能はHD記録時のプログレッシブモード時に使用できます。音声は記録されません。

5. 小型・軽量・低消費電力
小型ボディに本体重量も約2.4kgと非常に軽量で、高い機動性を活かしたフットワークの良い撮影が可能です。消費電力も24W と従来のデジタルシネマカメラに比べて非常に低く、収録時のコストを低く抑えながらも様々なスタイルでの撮影に対応できます。

6. RGB & S-Log出力オプション
別売オプション(2011年春発売予定。型名および価格未定)によりRGB & S-Log出力に対応します。HDCAM-SRシリーズ製品と組み合わせたハイエンド制作ワークフローにも対応します。対応機器との接続はHD-SDI 1.5G Dual-Linkと3G Single-Linkを切り替えることができます。

7. 3Dオプション
別売オプション(2011年発売予定。型名および価格未定)により2台のPMW-F3を専用線で接続し1台のカメラリモコンから同時に制御可能です。これにより3D リグを使った3D撮影においてカメラの同期運転が可能です。

8. HDMI端子搭載
業務用機器のHD出力として標準的なHD-SDI出力のほか、民生機分野で普及しているHDMI出力も装備しました。HDMI入力端子のある民生用テレビと接続し、簡易的なモニタリング用途として使用することが可能です。

オプション製品

・RGB & S-Log出力オプション 型名未定
 希望小売価格:未定  発売予定日2011年春予定

・3D オプション 型名未定
 希望小売価格:未定  発売予定日2011年予定

『PMW-F3K』『PMW-F3L』の主な仕様

一般
外形寸法(幅×高さ×奥行) 約151×189×210mm(PMW-F3L 突起部含まず)
質量 約2.4kg(本体のみ)
電源電圧 DC 12 V (11.0 V〜17.0 V)
消費電力 約24 W (Typical)(記録時、HD-SDI Dual Link On、EVF On、LCDモニター Off)
動作温度 0℃〜+40℃
保存温度 -20℃〜+60℃
連続動作時間(BP-U60使用時) 約130分(HD-SDI Dual Link On)
約170分(HD-SDI Dual Link Off)
レンズ(PMW-F3K)
焦点距離 35mm 50mm 85mm
絞り値 T2.0〜Close T2.0〜Close T2.0〜Close
最短撮影距離 0.35m 0.5m 0.85m
フィルター径 95mm 95mm 95mm
カメラ部
撮像素子 スーパー35mm相当 単板“Exmor” CMOSイメージセンサー
内蔵フィルター OFF:クリア、1:1/8ND、2:1/64ND
感度(2000lx、反射率89.9%、
1920×1080/59.94i時)
F11 ISO800(Typical)
S/N比(1920×1080/59.94i時) 63dB(Typical)
レンズマウント 標準装備アダプターにてPLマウント
シャッタースピード 1/32 〜 1/2000秒
スローシャッター 2、3、4、5、6、7、8フレーム蓄積
スロー&クイックモーション  720p 1〜60fps 切り換え可能(HD-SDI Dual Link OUT使用時は17〜60fps)
                                   1080p 1〜30fps 切り換え可能(HD-SDI Dual Link OUT使用時は17〜30fps)
ホワイトバランス プリセット、メモリーA、メモリーB/ATW
ゲイン -3、0、3、6、9、12、18dB、AGC
入出力端子
HD/SD SDI OUT BNC×1(HD-SDI/SD-SDI切り換え可能)
HD-SDI Dual Link OUT BNC×2
4:2:2 1080 50/59.94P 10bit出力 (RGB&S-Log出力オプション無し)
4:4:4 1080  23.98p/25p/29.97PsF 10bit出力 (RGB&S-Log出力オプション有り)
※RGB&S-Log出力オプション装着時、3G Single-Linkとの切り替え可能
VIDEO OUT BNC×1(HD-Y信号またはComposite信号)
HDMI OUT HDMIコネクター(Type A)×1
i.LINK IN/OUT IEEE1394 S400 4ピンコネクター×1
AUDIO IN XLRタイプ 3ピン(凹)×2、LINE/MIC/MIC+48V切り換え式
AUDIO OUT RCA×2
GENLOCK IN BNC×1
TC IN/OUT BNC×各1
DC IN XLRタイプ 4ピン(凸)×1
REMOTE 8ピン×1
USB ミニTypeB端子×1
PHONES ステレオミニジャック×1
表示部
ビューファインダー 0.45型、アスペクト比 16:9 、852(H)×3(RGB)×480(V)相当
LCDモニター 3.5型、アスペクト比 16:9、640(H)×3(RGB)×480(V)、ハイブリッド(半透過)型
オーディオ部
内蔵スピーカー モノラル
メディアスロット
タイプ ExpressCard/34×2
インターフェース ExpressCard 準拠
付属品
  PLマウントアダプター、PLレンズ3本セット(PMW-F3Kのみ)、外部マイク、赤外線リモコン、CD-ROM(XDCAM Browser、SxS デバイスドライバソフトウェア、PDF版取扱説明書)、
取扱説明書、他


参考資料

HDカムコーダーの高感度化など、高画質性能を実現する
新開発 スーパー35mm相当“Exmor”(エクスモア)CMOSイメージセンサー


【新開発「スーパー35mm相当“Exmor”CMOSイメージセンサー」について】
本CMOSイメージセンサーは、スーパー35mmフィルムのサイズに相当する大型単板CMOSイメージセンサー(1.7型、対角27.1mm)です。1つの画素面積を当社現行のデジタル一眼カメラ用や放送業務用カメラに搭載するCMOSイメージセンサーに比べて約4倍の大きさにすることで、感度やダイナミックレンジを大幅に向上させました。ソニーのデジタルシネマカメラへCMOSイメージセンサーを採用するのは初めてになります。
※ デジタル一眼カメラ用に搭載する有効約1620万画素 “Exmor” APS HD CMOSイメージセンサー、放送業務用カメラに搭載する2/3型 “Exmor” フルHD CMOSイメージセンサー。

●開発背景など
これまでソニーのデジタルシネマカムコーダーにはCCDイメージセンサーを採用してきました。今回、シネマ市場の裾野拡大を目的に、高速な画像読み出し性能や低消費電力などCMOSイメージセンサーの特性を生かした新しいHDカムコーダーに搭載するセンサーを開発しました。
静止画用カメラのセンサーには、撮影データを引き伸ばして印刷することを想定して、多い画素数を要求されます。一方、動画用カムコーダーのセンサーには、解像度以外にも、感度、ダイナミックレンジ、動画の滑らかさなどの特性が画素数以上に重要視されます。新開発の「スーパー35mm相当“Exmor”CMOSイメージセンサー」は、フルハイビジョンに対応するための十分な画素数を維持しながら、さらに一画素あたりの画素面積を大きくすることで、高感度、低ノイズなど、動画の高画質特性を決める要素の向上を実現しています。

●新開発スーパー35mm相当“Exmor”CMOSイメージセンサーの特長
卓越した高感度特性
画素面積は、当社現行の放送業務用カメラに搭載するCMOSイメージセンサーに対し約4倍、当社現行のデジタル一眼カメラに搭載するCMOSイメージセンサーに対しても約4倍の画素サイズを採用し、飛躍的な高感度特性を実現しています。2011年2月から発売を予定するデジタルシネマカムコーダー(『PMW-F3K』と『PMW-F3L』)に搭載され、カメラとしてF11(ISO800)の高感度、S/N比63dBの高感度・低ノイズを実現しており、夕暮れ時など低照度環境下での撮影でも情感豊かな映像表現ができます。

高品質な動画撮影の実現
A/D変換器を画素の垂直列毎に並列配置した独自の“列並列A/D変換方式(カラムA/D変換方式)”の採用により、全画素読み出し性能 毎秒60フレームの高フレームレート撮影、およびフルハイビジョン動画撮影が可能です。

動画用途カメラの筐体の小型化・軽量化への貢献
低消費電力で動作可能なCMOSイメージセンサーを動画用途カメラ向けに開発することで、カメラの筐体の小型化・軽量化への貢献が可能です。


本機は電源スイッチをOFFにした状態でも、わずかに待機電力を消費します。本機を長時間使用しないときは、バッテリーを取り外してください。
HDV出力はSPモード再生時およびEE出力時(SPモード設定時)。HDV入力はSPモード記録時。DVCAM出力は再生時およびEE 出力時(共に、出力モードSD時。HQモードで23.98p時除く)。
製品の外観は発売までに変更される可能性があります。
CINEALTA、シネアルタ、SxS、XDCAM EX、およびそのロゴはソニー株式会社の商標です。
“Exmor”およびlogoは、ソニー株式会社の商標です。
その他記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。なお、本文中ではTM、®マークは明記していません。


お客様からのお問い合わせ先

ソニービジネスソリューション(株) 業務用商品相談窓口
TEL 0120-788-333 (フリーダイヤル)、
0466-31-2588(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間 9:00〜18:00(土・日・祝日、および年末年始は除く)
ソニー製品情報URL sony.jp/pro/
“XDCAM EX”オフィシャルサイトURL sony.jp/xdcamex/

このページの先頭へ