ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2010年11月11日

法人向けコンテンツ配信システム「“OPSIGATE”(オプシゲート)デリバリー」を発売

〜パソコンや「アクトビラ」対応テレビ、モバイル端末など多様な機器への大規模なコンテンツ配信に対応〜


 ソニーは、映像などのコンテンツをパソコンや「アクトビラ」対応のテレビ、モバイル端末などへ大規模かつ効率的に配信するシステム「“OPSIGATE”(オプシゲート)デリバリー」を発売します。

型 名 発売日
  コンテンツ配信システム「“OPSIGATE”デリバリー」 2011年1月

 “OPSIGATE”は、映像や各種ファイルの取り込み、コンテンツの管理、メタデータによる簡単検索、IPネットワーク経由でのコンテンツの視聴、ダウンロードなどの機能をトータルサポートするコンテンツ管理配信システムとして2009年から発売しています。
 今回発売する「“OPSIGATE”デリバリー」は、既発売の“OPSIGATE”マネジメントと組み合わせることで、システム上で管理されたコンテンツを様々な視聴機器へ配信することを可能にするものです。パソコンへの配信に限らず、「アクトビラ」対応のテレビやモバイル端末など、様々な視聴機器へのコンテンツ配信を実現します。また、追加で 配信エッジユニットを組み合わせることで大規模・多拠点への配信をより効率的なものにします。

 一般的にコンテンツ配信を行う際には、それぞれの視聴機器に対応した形式への「ファイル変換」や「公開期間や配信範囲の管理」など複雑な作業が必要となります。
一方、“OPSIGATE”は、コンテンツの配信指示やデータ転送などを、単一のWeb画面からシンプルな操作で行えます。これにより、複数のソフトウェアを操作するなどの煩雑な作業や、時間や環境の制限を気にする必要がなく、自動で各視聴機器のポータルサイトにコンテンツのアップロードが可能です。
 Webポータルサイト運営に関する専門的な知識も必要なく、作業工数も削減できるため、ローコストオペレーションを実現できます。

 なお、本システムの新機能である「アクトビラ」対応のテレビへのコンテンツ配信は、富士通株式会社(以下、富士通)との協業により実現しています。「アクトビラ ビデオ・フル」対応デジタルテレビへの映像コンテンツ配信を実現する、富士通製「FutureyeⅡ Live On Demand Server」と「“OPSIGATE”デリバリー」をシームレスに機能連携させるためのモジュールを開発しました。

 コンテンツのデジタル化や高精細な映像を手軽に撮影できる機器の普及に伴い、プロモーション、セミナー、商品勉強会など、企業内における映像活用シーンが拡大しています。
また、視聴機器や視聴スタイルも多様化しており、大量のコンテンツ管理と映像配信を簡素かつ効率的に実現するシステムニーズが高まっています。ソニーは、情報共有ネットワークを強化していく企業や教育機関、制作会社などを中心に、コンテンツの一元管理から多拠点配信、マルチデバイス視聴を実現するプラットフォームとして本システムを提案していきます。

“OPSIGATE”とは
動画や各種ファイルの取り込み、登録されたコンテンツの管理、メタデータによる簡単検索、IPネットワーク経由でのコンテンツの配信、必要なコンテンツのダウンロードなどの機能をトータルサポートするコンテンツ管理配信システムです。これにより、これまで行っていたDVDやVHSを制作するコストや配送コスト、衛星を利用した場合の通信コストを削減できるほか、ユーザー管理/アクセス管理によるセキュリティーの強化、テープ等の保管に要していたスペースの削減などが図られます。さらに、ネットワーク経由で新鮮かつ効果的な情報共有が可能となります。
“OPSIGATE”は、コンテンツの管理用の“OPSIGATE”マネジメントと、それらコンテンツを大規模・多拠点に効率よく配信する“OPSIGATE”デリバリーの2つのプラットフォーム、およびオプションラインアップと周辺システムより構成されています。

<“OPSIGATE”の全体像>

<コンテンツ配信システム「“OPSIGATE”デリバリー」の主な特長>

1. さまざまな視聴機器に対しコンテンツ配信を実現
 ユーザーのコンテンツ視聴スタイルは多種多様です。“OPSIGATE”デリバリーであれば、パソコンへの配信(タッチパネル端末への配信も含む)だけではなく、「アクトビラ」対応のテレビやモバイル端末など、さまざまな視聴機器へのオンデマンド配信が可能です。
「アクトビラ」対応テレビへのコンテンツ配信は、富士通株式会社様との協業により、「アクトビラ ビデオ・フル」対応デジタルテレビへの映像コンテンツ配信を実現する、富士通製「FutureyeⅡ Live On Demand Server」と「“OPSIGATE”デリバリー」のシームレスな機能連携により実現しています。
2. “OPSIGATE”マネジメントと“OPSIGATE”デリバリーのシームレスな連携による簡単なオペレーション
 様々な視聴スタイルに合わせたコンテンツ配信を行うためには、それぞれの視聴機器に適したファイル変換や配信スケジュール設定、配信機器設定など複雑な設定が必要となります。“OPSIGATE”はコンテンツの配信指示、ポータル画面の更新などをシームレスなワークフローで実現します。管理者は、コンテンツ管理用のWEB画面からシンプルな操作だけで配信指示を実行できます。配信指示画面にて、公開期間の設定、対象となる視聴機器、配信先などを登録すると、コンテンツは自動で対応ファイル形式に変換され、メタデータと共にポータルサイトにアップロードされます。管理者は、WEBポータルサイトに関する専門知識を必要とせず、シンプルなオペレーションが実現できます。

3. 配信エッジユニットを使った効率的な配信方法により大規模・多拠点配信が可能
 大規模配信または多拠点配信を実現するには、ネットワーク効率が非常に重要となります。“OPSIGATE”は拠点に配信エッジユニット(別売)を追加することで、配信センターサーバーへのネットワークの負荷をコントロールし、効率的な配信を実現します。この配信エッジユニットには、データ転送の中継、中継したデータの蓄積、公開日前の事前登録、転送時の途中再開などの多様な機能が実装されています。

4. ローコストなシステム構築を実現
 “OPSIGATE”管理配信パッケージ(「“OPSIGATE”マネジメント」+「“OPSIGATE”デリバリー」のセット)では、パソコン約500台※1、「アクトビラ」対応のテレビ20台※1までの一斉オンデマンド配信が可能です。この基本パッケージの市場推定価格は約1,300万円からと、大規模配信システムとしては比較的安価にシステムを構築できます※2。また配信エッジユニットを追加していくことで、スケール拡張(パソコンや「アクトビラ」対応テレビの配信台数を増加させる)にも柔軟に対応できます。

※1:ネットワーク使用帯域が十分で、映像ビットレートがパソコン用は500〜700Kbps程度、「アクトビラ」対応テレビ用は6〜8Mbpsの場合での理論値。ネットワーク環境や映像ビットレートによって使用可能台数は変わります。
※2:PC,TVなどの視聴機器は価格に含みません。



5. 柔軟なシステム拡張性
 小規模配信から大規模配信まで、また、ライブ配信や専用ポータルの開発など、配信の方法や規模、状況によりお客様の要望に合わせたインテグレーション・カスタマイズ開発を提供することも可能です。


ご参考:<コンテンツ管理システム「“OPSIGATE”マネジメント」の主な特長>

“コンテンツマネージャー”による、簡単なコンテンツ登録と管理
 管理者は、WEBブラウザ上でのユーザーIDとパスワードによるログイン認証で、“コンテンツマネージャー”の画面にアクセスし、簡単な操作でコンテンツの登録や管理を行うことができます。
“コンテンツマネージャー”の特長:
① さまざまなフォーマットのファイル登録が可能:
汎用ファイル(動画、静止画やドキュメント)をはじめ、カメラやレコーダーで記録されたAVCHD, MP4, MXFなどのファイル※3をファイル形式を変更することなく、登録することが可能。また、オプションの追加※4によって、テープ素材、カメラの映像やノンリニア編集機からの取り込みを実現。
② 「プレビューファイル自動生成」機能:
素早く動画コンテンツの内容を確認するための低解像度プレビューファイルを自動生成。
③ 高精度な「シーン検出」機能:
コンテンツ取り込みの際に、シーン切り替わりポイントを検出し、各ポイントのサムネイルを自動生成。
④ 自由なメタデータ項目設定:
メタデータ(コンテンツの属性情報)は、管理者が「タイトル」「作成日時」「テープID」などのプリセット項目から必要なものを選択できるほか、自由に編集・追加することが可能。例えば、学校関連のお客様が「講義日」「授業名」「講師名」などの項目を新たに追加するなど、各業界やお客様固有の管理項目に合わせて自由に設定することができます。また、各項目の入力内容を、プルダウン選択方式に設定できるなど、入力作業の簡素化も可能です。
⑤ その他:
トリミング編集や静止画切り出しなどの簡易編集、コンテンツ同士の紐付け管理機能なども搭載。Microsoft® Officeファイルの検索は、ファイル内テキストの全文を検索対象とする「全文検索」に対応。

※3:“XDCAM”MXFファイルや“XDCAM EX” MP4ファイルなどを登録する場合は、付属ソフトウェア“コンテンツトランスファー”が必要です。
※4:テープやカメラの映像を取り込むには、「インジェストオプション」(別売)の購入が必要となります。
        ノンリニア編集機からの取り込みには、「ノンリニア編集機連携オプション」(別売)の購入が必要となります。

●“OPSIGATE”の活用シーン例は以下ホームページよりご確認ください。
http://www.sony.jp/opsigate/sample/index.html

●11月17日(水)から千葉市・幕張メッセで開催される「2010年国際放送機器展(Inter BEE 2010)」において“OPSIGATE”デリバリーを参考出展いたします。

サービス提供価格はお客様のご利用環境・構成により異なりますので、個別にお見積りいたします。
logo および“OPSIGATE”はソニー株式会社の商標です。
「アクトビラ」「アクトビラ ビデオ」は、株式会社アクトビラの商標または、登録商標です。
その他記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。なお、本文中ではTM、®マークは明記していません。


お客様からの問い合わせ先

ソニービジネスソリューション(株) 業務用商品相談窓口
TEL 0120-788-333 (フリーダイヤル)、
0466-31-2588(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間 9:00〜18:00(土・日・祝日、および年末年始は除く)
ソニー製品情報URL sony.jp/pro/
“OPSIGATE”Official Web:http://www.sony.jp/opsigate


このページの先頭へ