ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2010年12月13日

ノーベル化学賞受賞の根岸英一氏、ソニーの有機エレクトロニクス分野における
エグゼクティブ・リサーチ・アドバイザーに就任


 ソニー株式会社(以下、ソニー)は、2010年のノーベル化学賞受賞者で米パデュー大学特別待遇教授、北大触媒化学研究センター特別招へい教授の根岸英一氏をソニーの材料デバイス分野、特に有機エレクトロニクス分野の研究開発領域におけるエグゼクティブ・リサーチ・アドバイザー(特別研究顧問)として招聘することで、根岸氏と合意しました。今後、根岸氏には、ソニーが有機エレクトロニクス分野において社内外の拠点で進めている各研究テーマの報告会などに参加頂いて助言を頂くほか、中長期的な研究計画や優れた研究者育成についてもアドバイスを頂きます。これにより、ソニーは、有機エレクトロニクス研究開発における社内研究者の活性化を目指し、その結果その研究開発が加速されることを期待しています。

 根岸氏が、鈴木章・北海道大名誉教授、リチャード・ヘック・米デラウェア大名誉教授とともに、2010年にノーベル化学賞を受賞した研究成果「有機合成におけるパラジウム触媒クロスカップリング」は、有機合成における反応性を飛躍的に高める技術として世界中で広く用いられ、薬学・農薬・プラスチック・液晶など様々な産業の発展に寄与しています。

 ソニーでは、有機ELディスプレイ、フレキシブルディスプレイの背面回路などに用いる有機トランジスタ、有機太陽電池の一種である色素増感太陽電池、次世代充電池向けの電解質、植物原料プラスチックや再生プラスチックなど、有機化学や有機合成の技術を基盤とする研究開発において、世界的にも先端的な成果を出し続けており、これらの技術を次世代のソニー製品のコア技術として実用化すべく、研究開発を加速しています。
 有機エレクトロニクス分野では、有機合成によって新たな機能を発現する新材料を開発することが差異化技術育成の鍵で、無限ともいえる物質の化学的な結合を自在に制御して所望の機能を得る研究開発は、深い専門知識に加え、創造性、科学的なセンスと、膨大な実験時間を伴う、奥の深い世界です。このたび、有機化学の世界的権威である根岸氏をエグゼクティブ・リサーチ・アドバイザーにお迎えし、研究開発の多大なる経験や研究の進め方に対する考え方に触れることで、有機エレクトロニクスの研究開発に従事する研究者が触発され、活性化されて、ブレークスルーを生むきっかけになり、画期的なソニー製品への実用化につながることを期待しています。

根岸英一氏 略歴

1935年生まれ。1958年東京大学工学部卒後、帝人入社。1963年米ペンシルベニア大学で博士号取得。1966〜1972年米パデュー大学のH・C・ブラウン教授(1979年ノーベル化学賞受賞)の研究室に在籍。1972年米シラキュース大学助教。1979年パデュー大学教授。1997年日本化学会賞受賞。1999年パデュー大学特別待遇教授。2010年10月北大触媒化学研究センター特別招へい教授。2010年12月10日、有機合成におけるパラジウム触媒クロスカップリングの研究業績により、リチャード・ヘック氏、鈴木章氏とともにノーベル化学賞を受賞。75歳。

ソニーの有機エレクトロニクス研究開発の取組み

研究開発拠点:
・材料デバイス分野の基礎研究を行う「先端マテリアル研究所」と、より実用に近い次世代デバイスやシステムの開発を行う「コアデバイス開発本部」がある。
・東京(品川区、港区、東京医科歯科大学オープンラボ)、神奈川(厚木テクノロジーセンター)、独・シュツットガルト(マテリアルサイエンスラボ)、シンガポール(シンガポールリサーチラボ)、米・オレゴン(オレゴン大オープンラボ)、中国・上海(ソニー中国研究院)に研究拠点がある。

研究開発内容:
「先端マテリアル研究所」「コアデバイス開発本部」の研究開発分野は、エレクトロニクス分野の次世代デバイス技術、環境エネルギー、医療エレクトロニクス、有機エレクトロニクスとこれらを支える先端材料解析技術などがある。有機エレクトロニクス関連では、有機半導体材料、グラフェン、カーボンナノチューブ、有機太陽電池の一種である色素増感太陽電池、有機ELディスプレイ、有機TFT駆動有機ELフレキシブルディスプレイなどがある。


このページの先頭へ