ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2010年12月27日

ソニー、イメージセンサーの生産能力を倍増

〜製造設備の取得と製造ラインの増強などへ約1,000億円の設備投資〜
〜経済産業省の立地推進事業に基づく助成金を活用〜


 ソニー株式会社(以下「ソニー」)は、ソニーセミコンダクタ九州(株)長崎テクノロジーセンター(以下「長崎テック」)におけるCMOSイメージセンサーの生産能力の増強を目的とした投資を2011年度に実施します。
 この中には、(i)2010年12月24日に発表した株式会社東芝(以下「東芝」)との基本合意書に基づき実施することが予定されている半導体製造設備の取得、及び(ii)当該半導体製造設備の一部をCMOSイメージセンサーが製造できるウェーハラインへ整備するための投資に加え、(iii)長崎テック3号棟における、ソニーのCMOSイメージセンサーの差異化にソニー独自の技術により貢献する、ウェーハ加工の一部設備などの設置・整備のための投資が含まれております。今回の投資のうち主に(iii)に関して、経済産業省の「平成22年度『低炭素型雇用創出産業立地推進事業』」に基づく助成金を活用しています。なお、投資総額は約1,000億円と見込んでいます。※1

※1 これらの投資は、ソニーと東芝にて(i)に関する法的拘束力のある正式契約が締結され、当該半導体設備の譲渡が完了することを前提としています。
 今回の投資により、スマートフォンやデジタルスチルカメラ市場などで拡大する需要に応えられるCMOSイメージセンサー“Exmor”(エクスモア)、“Exmor R”(エクスモア アール)の供給体制を強化し、これにより、ソニーは、CCDイメージセンサーに加え、CMOSイメージセンサーにおいてもリーディングカンパニーとしての地位を強固なものにしていきます。

 なお、ソニーセミコンダクタ九州(株)熊本テクノロジーセンターへの約400億円の投資(2010年9月1日に発表)に加えて、今回の投資により、ソニーはCCDとCMOSイメージセンサーの総生産能力を、現在の約25,000枚/月から2012年3月末までに約50,000枚/月へ増強する予定です。※2

※2 総生産能力(300mmウェーハ枚数ベース)の算出にあたっては、一部の製造工程の他社委託分を含めており、また、鹿児島テクノロジーセンター及び長崎テックの200mmウェーハラインの生産能力分を300mmウェーハベースで換算しています。

【設備投資の概要】

投資目的 CMOSイメージセンサーの需要拡大に対応するための生産能力増強
展開場所 ソニーセミコンダクタ九州株式会社
長崎テクノロジーセンター(長崎県諫早市)
投資内容  ・東芝所有の半導体製造設備の取得
・東芝から取得予定の製造設備(長崎テックのFab2棟内に所在)の一部をCMOSイメージセンサーの製造設備に整備(新規設備及び設備改造
・長崎テック3号棟にCMOSイメージセンサーのウェーハ加工の一部設備などを整備・設置
(※1をご参照ください)
投資時期 2011年度
設備投資額 約1,000億円 (※1をご参照ください)

ソニーセミコンダクタ九州株式会社の概要

(1)本社 福岡市早良区百道浜2-3-1
(2)設立 2001年4月1日
(3)代表者 代表取締役社長 岡山 政紀(おかやま まさのり)
(4)資本金 242.5億円(ソニー(株) 100%出資)
(5)生産拠点 鹿児島、大分、長崎、熊本
(6)従業員数 約9,000名(平成22年3月末現在、請負派遣を含む)
(7)事業内容 半導体の開発設計、製造など

同 長崎テクノロジーセンター

(1)所在地 長崎県諫早市津久葉町1883-43
(2)設立 1987年12月1日
(3)敷地面積 194,000㎡
(4)延床面積 209,000㎡
(5)生産品目 MOS LSI、CMOSイメージセンサーなど

※“Exmor”、“Exmor R”は、ソニー株式会社の商標です。

このページの先頭へ