報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2011年2月2日

エプソンとソニー、エプソン100%子会社のソニーグループへの譲渡で合意

セイコーエプソン株式会社
ソニー株式会社

 セイコーエプソン株式会社(以下「エプソン」)とソニー株式会社(以下「ソニー」)は、エプソンの100%子会社であり、中国にて中・小型TFT液晶ディスプレイの生産を行っているSuzhou Epson Co., Ltd.(以下「SZE」)の全持分のソニーの100%子会社であるSony (China) Limitedへの譲渡について合意し、本日、正式に契約を締結しました。(本リリースにおいて、「エプソン」およびその連結子会社を「エプソングループ」、「ソニー」およびその連結子会社を「ソニーグループ」という。)

 エプソングループは、現在、長期ビジョン「SE15」および「SE15前期 中期経営計画」に基づき、中・小型TFT液晶ディスプレイ事業の事業構造改革に取り組んでおり、2010年4月にはエプソンの100%子会社であるエプソンイメージングデバイス株式会社(以下「エプソンイメージング」)が行う同事業に関する生産関連資産の一部(前工程)をソニーグループに譲渡しました。この事業構造改革の一環として、エプソンは今回、エプソンイメージングが行う同事業の後工程、タッチパネル工程を担うSZEをソニーグループに移管することが最適であると判断しました。

 一方、ソニーグループでは、中・小型TFT液晶ディスプレイの生産において、ソニーモバイルディスプレイ株式会社 鳥取事業所等における前工程にSZEの後工程、タッチパネル工程を加えた液晶の一貫オペレーション体制を構築することにより、事業運営のスピードアップ・効率化等につながると判断し、今回の譲渡に合意しました。SZEの有する車載機器やスマートフォン向けの液晶ディスプレイ、およびタッチパネルの生産能力を獲得することで、市場の要求等に一層応えていくことのできる生産体制を整えます。

 なお、ソニーグループでは、現在もSZEを中・小型TFT液晶ディスプレイの生産の後工程に活用しています。今回の譲渡の対価は、以下に記載のとおり775百万 人民元ですが、この対価は主に、SZEが保有している現預金のほか、ソニーグループがすでにSZEに発注した製品のSZE保有在庫を含めて算出されています。

 今後、関連当局の承認の取得などを条件として、エプソングループからソニーの100%子会社であるSony (China) LimitedへのSZEの全持分の譲渡につき、2011年度上期中を目処に実行してまいります。

SZEの概要

  • (1)商号
    Suzhou Epson Co., Ltd.(蘇州愛普生有限公司)
  • (2)所在地
    中華人民共和国 江蘇省蘇州市蘇州新区金楓路168号
  • (3)代表者名
    総経理 山田 滋敏
  • (4)設立年月
    1996年2月
  • (5)事業内容
    中・小型TFT液晶ディスプレイの製造
  • (6)決算期
    12月31日
  • (7)従業員数
    5,899人(2010年12月末現在)
  • (8)資本金
    1,043百万 人民元(約128億円 2010年12月末レートにて算出)
  • (9)出資比率
    セイコーエプソン株式会社 100%(間接所有分を含む)

持分譲渡価額及び譲渡日

  • 譲渡価額
    775百万 人民元
  • 譲渡日
    2011年度上期中(予定。関連当局の承認の取得などを条件とする)

業績見通しへの影響

本件による両社の2010年度連結業績見通しに与える影響は軽微です。

このページの先頭へ