ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2011年03月07日

ソニーと全英ローンテニスクラブがウィンブルドン選手権の3D映像化に合意

映画館などでの3D視聴体験をソニーの技術で実現


 ソニーと全英ローンテニスクラブは、世界トップクラスのテニス大会「ウィンブルドン選手権」(全英ローンテニス選手権)を史上初めて3D映像で撮影し、世界各地の3D設備のある映画館に生中継することや3Dでのテレビ放送の実現等を目指して、オフィシャルサプライヤー契約を締結しました。有名なセンターコートの熱狂や空気感をそのままに、テニスファンにこれまでになかった体験をご提供していきます。

 ソニーは大会のオフィシャルサプライヤーとして、2011年大会では男子の準決勝および決勝、女子の決勝を高精細な3Dで撮影します。ソニーはSuperVision Media社を劇場配信におけるパートナーとして、3Dで見るテニスの興奮を同社と協力して世界各地の3D対応の映画館に届けます。さらに、ソニーの制作する3D映像は、大会ホスト放送事業者であるBBC(英国放送協会)の協力のもと、迫力のある優れた3Dコンテンツを求める世界各国の放送局にも、提供されます。これらに加えて、ソニーと全英ローンテニスクラブは、さらに多くの視聴者に大会の3D映像を届けるべく、劇場配信以外の可能性も引き続き検討していきます。

 ソニーはウィンブルドン選手権を3Dで撮影し、ライブで配信する取り組みを通し、フォアハンド、スマッシュ、ボレーなど1つ1つのプレーの迫力を存分に映し出す3D映像に収録し、ウィンブルドンの盛り上がりや現地の空気感を、これまで以上に多くの方々にお届けしていきます。

ソニーヨーロッパ社長 西田不二夫のコメント

「全英ローンテニスクラブと協力して栄誉ある大会を世界中のお客様に3Dでお届けできることを喜ばしく感じています。高精細な3Dでのテニス観戦は、迫力の体験です。選手の動きや心の動きを生き生きと描き出す映像は、センターコートでの観戦にひけをとらない感動をもたらすことでしょう。世界各地の3D対応映画館でウィンブルドンのライブ3D映像を視聴上映することで、さらに多くの方々に世界レベルの象徴的なスポーツイベントを、ウィンブルドン現地で見ているような感覚でお楽しみいただけると考えています。」


全英ローンテニスクラブ Chief Executive イアン・リッチーのコメント

「ウィンブルドンは、その品位や伝統が高い評価を受けている大会でもありますが、同時に私たちは伝統と革新を巧みに組み合わせ、大会をより良くお見せする方法を常に模索しています。ソニーとの3Dにおける協力関係は、私たちがライブスポーツ中継の最先端にあることを示すのみならず、新しい映像体験を若いファンを中心とする世界中の視聴者にお届けできることも示しています。」

このページの先頭へ