ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2011年04月05日

【ISC West 2011】
セキュリティビジネスにおける技術の差異化で顧客毎に最適なソリューションを提案

 ソニーは米国・ラスベガスで開催されるセキュリティ製品関連で業界最大規模の展示会、「ISC West 2011」において、今後一層の拡大が期待される市場を視野に入れながら、IPネットワークカメラ、アナログカメラ、レコーダーなど幅広い製品群から顧客毎に最適なソリューションを紹介します。

 ソニーの独自技術である高速信号読み出しが可能な”Exmor”CMOSイメージセンサーを活かして明暗部の画像をクリアに表示するView-DR(ビューディーアール)のほか、監視用音声技術や動体検知・画像分析技術などを様々な用途に合わせて提案します。

 展示会場では、『ソニーは技術の違いでお客様へ最適なソリューションを提供します』(The technology makes a difference. Sony has the right answers for you)をメッセージとして、公共交通機関や市街地、スポーツ施設や流通店舗、教育施設など、様々なシーンに合わせた豊富な製品ラインナップと、セキュリティカメラに不可欠な高画質技術などを紹介し、ソニーの技術で「安心、安全を見守る」ソリューションを提案します。



【ISC West 2011】

会期: 2011年4月5日(火)〜7日(木)
場所: LAS VEGAS Convention Center (LAS VEGAS, Nevada, USA)
ソニーブース: #15099

このページの先頭へ