ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2011年08月31日

フィリップス、シャープ、TCL、東芝が「フルHD 3Dグラス・イニシアチブ」をサポート

パナソニック株式会社
サムスン電子株式会社
ソニー株式会社
X6D Limited (XPAND 3D)

パナソニック株式会社(以下、パナソニック)、サムスン電子株式会社(以下、サムスン電子)、ソニー株式会社(以下、ソニー)、X6D Limited (以下、XPAND)は、民生用3Dアクティブシャッター方式の3Dメガネ(以下、3Dアクティブメガネ)の標準化によりお客様の利便性の向上を目指す「フルHD 3Dグラス・イニシアチブ」(以下、イニシアチブ)に関して、ロイヤル フィリップス エレクトロニクス、シャープ株式会社、TCL集団股份有限公司、株式会社東芝の4社が、イニシアチブの活動へ賛同した旨を発表しました。

パナソニック、サムスン電子、ソニー、XPANDの4社は、2011年8月上旬にBluetooth®をベースにした無線(RF)システムを利用した3Dアクティブメガネに関する技術の開発およびライセンスで提携する旨を発表しました。共同で開発しライセンスする技術の中には、テレビ、PC、プロジェクター及びXPANDアクティブメガネ方式の3D劇場等の3Dディスプレイと3Dアクティブメガネとの間のRFシステム通信プロトコルが含まれています。さらに標準化の対象には、パナソニックとXPANDが共同開発した赤外線(IR)通信プロトコル*とサムスンおよびソニー各々が開発したIR通信プロトコルなどの複数のIR通信プロトコルも含まれています。

2011年9月下旬には、イニシアチブとしてライセンスプログラムを開始する予定です。これにより3Dディスプレイ、同期用エミッター、3Dアクティブメガネ、またそれらに使用されるチップデバイスなどのメーカーはライセンスを受け、イニシアチブの技術を採用した製品の開発や製造を行うことが可能になります。

さらに2011年後半には、イニシアチブのライセンスを受けて製造された製品の認証を開始する予定です。3Dテレビと3Dアクティブメガネなど、3Dアクティブシャッター方式の製品間の互換性をお客様が確認しやすくするため、認証を受けた製品に対しては、イニシアチブのロゴの使用が許可されます。
  • フルHD 3Dグラス
*パナソニックとXPAND 3Dが共同開発したプロトコル:長虹、船井電機株式会社、海信、日立コンシューマエレクトロニクス株式会社、三菱電機株式会社、セイコーエプソン株式会社、SIM2 Multimedia S.p.A.、ViewSonic Corporationのサポートにより、2011年3月に発表されたものです。
このページの先頭へ