ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2011年09月07日

新開発8K CMOSイメージセンサーを搭載した業界最高画質のCineAltaカメラを発売

〜最高峰の映像制作機器群を総称するCineAlta(シネアルタ)ブランドも刷新〜

2011年09月07日発表
2011年09月09日追記
ハリウッドDGAシアターでの「F65」紹介イベントについて追記しました
2012年01月27日追記
(一部製品発売日変更)
2012年04月03日追記
(ラインアップ見直し)


ソニーは新開発の超高解像大判8KCMOSイメージセンサー(総画素数約2000万画素、有効画素数約1900万画素)を搭載したCineAltaカメラ「F65」を発売します。
  • CineAlta ロゴ
    CineAlta ロゴ
  • CineAltaカメラ 「F65」
    CineAltaカメラ 「F65」
  • 新開発 8K CMOSセンサー
    新開発 8K CMOSセンサー
 
型名 発売日 メーカー希望小売価格
CineAltaカメラ F65
「F65」
2012年1月 2012年5月
発売中止
4,935,000円
(税抜価格 4,700,000円)
CineAltaカメラ F65
(ロータリーシャッター、NDフィルタ内蔵モデル)
「F65RS」
2012年1月 5,985,000円
(税抜価格 5,700,000円)
“SRMASTER”ポータブルレコーダー
「SR-R4」
2012年1月 1,627,500円
(税抜価格 1,550,000円)
SR-R4用コントロールパネル
「SRK-CP1」
2012年1月 210,000円
(税抜価格 200,000円)

 「F65」は、新開発の単板8KCMOSイメージセンサーを搭載し、HDから4Kを超える制作まで、幅広い用途に活用できるCineAltaカメラです。CMOS特有のローリングシャッター現象を抑えるロータリーシャッターとNDフィルターを内蔵したモデル「F65RS」もラインアップに揃えました。
※ラインアップを見直し、「F65RS」のみ展開します。(2012年04月03日追記)
 記録には“SRMASTER”ポータブルレコーダー「SR-R4」を使用し、“SRMemory”に16bitリニアRAWデータ「F65RAW」を収録し、ファイルサイズを抑えながら高画質を実現するRAW制作ワークフローを可能にします。「F65」と「SR-R4」では、HD(1920×1080)のSRMASTERフォーマット(MPEG4 SStP)での記録も選択できるので※1、従来のHDコンテンツ制作機器としても活用いただけます。
 また、ソニーは「F65RAW」についてSRMASTERのオープンなライセンスプログラムを開始します。ハイエンドコンテンツ制作において機器の選択肢を広げて、さまざまなワークフローに柔軟に対応できるように推進します。※2

 なお4K映像の視聴については、ソニー製デジタルシネマプロジェクターが幅広く受け入れられており、全世界で既に約9000以上の映画館へ設置されています。国内においてもTOHOシネマズおよびティ・ジョイなど大手劇場チェーンをはじめとした映画館とデジタル化の契約を締結しており、上映側では4K映像が普及、浸透する環境が整いつつあります。

 ソニーは、4K映像の収録が可能な「F65」、ポータブルレコーダー「SR-R4」をラインアップに加え、編集環境も整えることで、撮影から上映まで4K制作が可能となる一連のワークフローを新たに構築し、映画・CM制作に代表されるハイエンド映像制作の更なる高画質化を促進して参ります。

※1:将来対応
※2:詳細は同日プレスリリースされた「4K高画質コンテンツ制作環境を実現するITオープンプラットフォームを推進」参照ください。

CineAltaブランドの刷新について

  • CineAlta ロゴ
 ソニーは、1980年代にHDの開発を開始して以来、高画質化に向けた技術開発を継続し、映像制作業界をリードし続ける提案を重ねてきました。
そしてソニーはハイエンドコンテンツ制作業界に向け、デジタルでの新たな映像制作の可能性を提示するべく、“CineAlta”(シネアルタ)ブランドで1999年よりHD24P映像制作システムを提供してきました。
この度ソニーは、「F65」の登場に合わせて新たな映像制作の可能性を追求していく象徴として、CineAltaブランドのロゴと定義を刷新します。新たなCineAltaブランドはHDTVを超えた、4K制作環境を提供する撮影機器につけられ、映像表現の無限の可能性を目指した新デザインとしました。

CineAltaカメラ「F65」の主な特長

  • CineAltaカメラ「F65」
    CineAltaカメラ「F65」
新開発スーパー35mmサイズ、総画素数約2000万画素の8K単板CMOSイメージセンサー搭載
新開発のCMOSイメージセンサーは、水平画素8K、総画素数約2000万画素*1を配置することで、スーパー35mmカメラとして業界最高*2の解像度を実現しました。(*1 有効画素数約1900万画素*2 2011年9月1日現在)
このCMOSイメージセンサーを「F65」に搭載することで、よりクオリティーの高い4Kコンテンツ制作を実現しています。
デジタルシネマカメラ「F35」を超える画質を実現
弊社製デジタルシネマカメラ「F35」のトータルラチチュード12ストップを超える14ストップを実現。暗部の粒状性がよく、かつハイライトの白飛びの少ない撮影が可能です。
また色再現性についても「F35」を超える、広色域を実現。ポストプロダクションにおけるカラーコレクションの自由度をさらに広げます。AMPAS-IIF仕様※3に準拠した現像処理を行うことで、極めてフィルムに近いコントラストと色再現性を得ることが出来ます。


※3:AMPAS-IIF:AMPAS(映画芸術化学アカデミー)による次世代シネマ制作マスターフォーマット

最大120コマ/秒のハイフレームレート撮影
ソニー独自の最新半導体技術を用いて、多画素・高密度センサーながらも、120コマ/秒のハイフレームレート駆動を実現。24pの映画制作なら5倍のハイスピード撮影、CMや番組などの30pの制作では4倍のハイスピード撮影ができます。また、可変速撮影にも対応し、1〜120pの任意のフレームレートの撮影や、記録しながらのフレームレート変更にも対応しています。

新開発ロータリーシャッターと4種類の内蔵NDフィルター(F65RS)
画面内を高速に移動する被写体の撮影では、CMOSセンサー特有のローリングシャッター歪みが生じますが、新開発のロータリーシャッターでCMOSを遮光して画素を読み出すことで、歪みのない画像が得られます。シャッター開角度は11.4°〜180°で、連続的に変更することも可能です。
またロータリーシャッターに合わせて4種類のNDフィルターも合わせて搭載し、マットボックス内にNDフィルターを取り付けることなく光量を調節することができ、撮影の準備時間を短縮します。

HD現像ハードウェアを装備
カメラ内部にもHD現像ハードウェアを内蔵しているので、通常のHDビューファインダー、HDモニタ等で従来通りのHDモニタリングが可能です。HD出力には任意のLUT(Look Up Table)を当てることができ、ユーザーの任意の色・コントラストに設定できます。また2倍、4倍の拡大機能を備えており、HDモニタでも4Kの画素単位でのフォーカス、解像度の確認が可能です。

タブレット端末からワイヤレスでカメラをコントロール
「F65」にWi-Fiアダプタ「CBK-WA01」をUSB端子経由で接続することで、タブレット端末(別売)からワイヤレスでカメラをコントロールできます。タブレット端末に専用フリーソフトウェアをインストールすることで、各種カメラ設定(シャッタースピードやフレームレートの変更、Recオン/オフ等)をワイヤレスで操作できます。撮影時は、撮影ステータスをタブレット端末画面にて表示することもできます。
  • コントロール画面イメージ
    コントロール画面イメージ
  • メニュー画面イメージ
    メニュー画面イメージ

SRMASTERポータブルレコーダー「SR-R4」の主な特長

  • SRMASTERポータブルレコーダー「SR-R4」
    SRMASTERポータブルレコーダー「SR-R4」
「F65」後部に光コネクタで接続
「F65」と「SR-R4」は専用の光コネクタでドッカブル接続することにより、「F65」の8KCMOSセンサーで撮像された「F65RAW」(16bitリニアRAWデータ)をSRMemoryにリアルタイムに記録することができます。

SRMemoryに「F65RAW」を記録
8K CMOSセンサーの情報は、SRMemoryに「F65RAW」として記録されます。Logやガンマをかけず、16bitリニアデータとして記録するため、高輝度の情報も忠実に記録できます。「F65RAW」はアライアンス賛同企業のツールにおいて、F65RAWをネイティブで直接扱えるよう開発を進めています。またソニーから配布する現像フリーソフトウェアでDPXなどへの現像も可能です。

HD(1920×1080)のSRMASTERフォーマット収録が選択可能
F65RAWのみではなく、 HD(1920×1080)のSRMASTERフォーマット(MPEG4 SStP)での記録も選択可能です。※4これによりF65とSR-R4の組み合わせで、従来のHDコンテンツ制作での運用でもご使用いただけます。
※4:将来対応

アナログオーディオ2ch入力とデジタルオーディオ16ch入力 を装備
音声入力はアナログ2chの他にも、AUX IN端子に入力されたHD-SDIから音声のみを取り出して最大16ch記録することが可能です。

コントロールパネル(別売「SRK-CP1」)
HDCAM-SRポータブルレコーダーSRW-1と同型のコントロールパネル(別売)を接続可能です。使い慣れた操作性を継続できます。

※「F65」は2011年4月のプレスリリース以来、以下の賞を受賞しました。

・8/24-27中国・北京で開催された中国最大規模の国際放送機器展<BIRTV>において、特に傑出した新製品・新技術に対して贈られるグランドアワードを受賞しました。

・6/5-6 アメリカ・ハリウッドで開催された映画撮影機材専門展示会において、特に傑出した新製品・新技術に対して贈られる Technical Award を受賞しました。その中でも特に8KCMOSセンサーについて、高い評価を得ました。

・4/14-19アメリカ・ラスベガスで開催された国際放送機器展において、特に傑出した新製品・新技術に対して贈られるTV Technology “Mario” Awardを受賞しました。

2011年9月9日追記
※ハリウッドのDGAシアターにおいて「F65」を紹介するイベントが開催されました。
ソニー・エレクトロニクスは9月6日午後4時半(米国太平洋時間)より、ハリウッドのDGA(Directors Guild of America:全米監督協会)シアターにて「F65」を紹介するイベントを開催しました。
“Join the Revolution in Digital Cinematography”と銘打ったプレミアには、映画業界関係者・ビジネスパートナー、メディア関係者を中心に約300名が参加しました。

イベントは、「F65」で撮影した映像上映で幕を明け、冒頭にソニー・エレクトロニクスのAlec Shapiro (SVP, Broadcast and Production System Division)からシネアルタの歴史、新しいロゴ等をアナウンス。続いて、Peter Crithary (Marketing Manager, PSA) がF65のスペック、特長等を説明しました。
その後、「F65」で撮影した複数の映像を流しながら、ASC(American Society of Cinematographers:米撮影監督協会),の映画監督、クリエイターなどとSPT(Sony Pictures Technology)によるパネルディスカッションおよび来場者との活発な質疑応答が行われました。

カラリストScott Ostrowsky氏(本イベントで上映した4Kデモ映像のカラーグレーディングを担当)のコメント:
『F65で撮影した映像にはノイズがほとんど無いという事実に感動しました。どのようなテクスチャーでもノイズ無しに実現できるのです。あらゆるショットでスイートスポットを見つけることができました』

「F65RS」の主な仕様

  F65RS
一般
電源 DC 10.5〜17V
消費電力 23.98PsF時:約67W(ロータリーシャッター動作時)
(レンズビューファインダー含まず)
動作湿度 0℃〜40℃
保存温度 -20℃〜60℃
質量 約5.3kg(ロータリーシャッターを含む本体のみ)
撮影素子
撮像素子 スーパー35mm 総画素数 2000万画素 8KCMOSイメージセンサー
方式 単板式
サイズ、アスペクト比 25.0mmx13.3mm、 対角28.3mm、 アスペクト比1.88:1
電気特性
トータルラチチュード 14Stop
フレームレート 最大120p, 可変速フレームレートに対応
ロータリーシャッター(F65RS) 可変範囲 11.4〜180度(ステップ、連続変更に対応)
光学系仕様
レンズマウント 54mmPLレンズマウント
入出力端子
DC IN LEMO8ピン、凸型(1)、DC10.5〜17V、20〜30V
DC OUT 12V:11ピン(1)、12V、max.4A
24V:3ピン(1)、24V、MAX.4A
(不可条件、入力条件などにより、仕様できる電流が制限される場合があります。)
VF 20ピン(1)
LENS 12ピン(1)
HD-Y OUT BNC型(1)、HD-Y 75Ω、1.0Vp-p
HD-SDI OUT HD-SDI1/HD-SDI2, 4:2:2、BNC型(2)、HD SDI信号、BTA-S004A準拠、75Ω、0.8Vp-p、1.485Gbps
GENLOCK IN BNC型(1)、75Ω、SMPTE 274 HD3値シンク、0.6Vp-p
SHUTTER  BNC型(1)、75Ω
REMOTE 8ピン(1)
EXT I/O LEMO5ピン、凹型(1)
ネットワーク RJ-45型(1)、10BASE-T、100BASE-TX
レンズマウントホットシュー 4ピン(2)、ARRI LDS(Lens Data System)およびCooke /I Intelligent Electronic Lens System に対応

「SR-R4」の主な仕様

  SR-R4
一般
電源 DC 11〜17V
消費電力 23.98PsF時:約37W(F65RAW、24fps収録時)
(レンズビューファインダー含まず)
動作温度 0℃〜40℃
保存温度 -20℃〜60℃
質量 約1.8kg(SRMemoryを含まない)
外形寸法 141×89×190(突起含まず)
ビデオ系
F65RAWフォーマット
 RAWシグナル F65RAW
 量子化特性 16ビットリニア
 コンプレッション ソニーオリジナル
HD(1920x1080)フォーマット
 サンプリング周波数 RGB:74.25MHz
 量子化特性 10ビット、12ビット
 コンプレッション MPEG4 SStP
オーディオ系
デジタルオーディオ
 サンプリング周波数 48kHz(映像同期)
 量子化特性 24ビット
 ヘッドルーム 20dB
アナログオーディオ
 A/D量子化ビット数 24ビット
入力端子
TC INPUT BNC型(1)、75Ω、0.5~18Vp-p、10kΩ SMPTEリニアタイムコード準拠
AUDIO INPUT CH-1、CH-2 XLR3ピン、凹(2)、LINE/MIC/MIC+48V
AUX IN BNC型(1) HD SDIエンベデットオーディオ(1.485Gbps)(SMPTE-292M準拠)
出力端子
TC OUT BNC型(1)1.0Vp-p(75Ω)、2.2Vp-p(10kΩ) SMPTEリニアタイムコード準拠
EARPHONES ステレオミニジャック(1)
入出力端子
CTRL SRK-CP1接続端子(1)

※その他記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。なお、本文中ではTM、®マークは明記していません。


※お客様からのお問い合わせ先 :ソニービジネスソリューション(株) 業務用商品相談窓口
TEL 0120-788-333 (フリーダイヤル)、
TEL 0466-31-2588(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間 9:00〜18:00(土・日・祝日、および年末年始は除く)
ソニー製品情報URL sony.jp/pro/
CineAltaオフィシャルサイトURL sony.jp/cinealta/
このページの先頭へ