ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2011年09月07日

最大で1TBに5.5Gbpsで記録可能な大容量・高速記録メディアSRMemoryと
SRMemory収録素材のデータトランスファーユニットを発売

− HDから3D、4Kまでカバーする、高画質SRMASTERフォーマット対応 −


  • SRMASTER対応 SRMemoryカード「SR-1TS55」        SRMASTERデータトランスファーユニット「SR-PC4」
 ソニーは、SRMASTERフォーマットに対応し記録容量最大1TB、記録レート最大5.5Gbpsで映像収録できる大容量・高速記録メディアSRMemoryと、SRMemoryに収録した素材の映像確認やノンリニア編集機やサーバーへの転送などを行うデータトランスファーユニット「SR-PC4」を発売します。

 SRMemoryはマルチチャンネル、高速ファイルベース運用の、HDをはじめ、3D、4K、といった将来まで見据えた映像制作に対応しています。また様々な制作用途に対応すべく、SRMemoryカードは記録レートと容量のバリエーションを揃えています。データトランスファーユニット「SR-PC4」は、SRMemoryに収録したSRMASTER素材の、HD-SDI出力によるモニターでの映像確認、ノンリニア編集機やサーバーへの高速転送、リムーバブルハードディスクドライブへのデータバックアップ記録などを行うことができます。また、SR-R4で収録されたF65RAW素材を映像確認することもできます。

 SRMASTERフォーマットは、高画質映像制作ビデオフォーマットであるHDCAM-SRをベースにし、新たにファイル形式での制作・編集に対応したフォーマットです。SRMASTERのコーデックには、マスタリングフォーマット・CM搬入/番組交換規準として広く普及しているHDCAM-SRと同じ圧縮方式であるMPEG4 SStP(Simple Studio Profile)と、新たに、CineAltaカメラ「F65」と接続するポータブルレコーダー「SR-R4」で撮影・収録される「F65RAW」を採用しています。

 ソニーは、SRMASTER制作機器群を、ハイエンドコンテンツ制作市場に向け提案します。
型名 発売日 メーカー希望小売価格
SRMemory 1TB カード(5.5Gbps)
「SR-1TS55」
2012年 上半期 未定
SRMemory 512GB カード(5.5Gbps)
「SR-512S55」
2011年 9月下旬 オープン価格
SRMemory 256GB カード(5.5Gbps)
「SR-256S55」
2011年 9月下旬 オープン価格
SRMemory 1TBカード(2.5Gbps)
「SR-1TS25」
2011年 9月下旬 オープン価格
SRMemory 512GBカード(2.5Gbps)
「SR-512S25」
2011年 9月下旬 オープン価格
SRMemory 256GBカード(1.5Gbps)
「SR-256S15」
2011年 9月下旬 オープン価格
SRMASTER データトランスファーユニット
「SR-PC4」
2011年 12月下旬 メーカー希望小売価格
735,000円
(税抜価格70万円)

SRMemoryの主な特長

1. SRMASTERに対応、高画質制作に最適なメモリーメディア
ファイルラッパーにMXF、コーデックにHDCAM-SRと同じMPEG4 SStP(Simple Studio Profile)を採用したSRMASTERに対応しています。SR-Lite (220Mbps), SR-SQ (440Mbps), SR-HQ (880Mbps)の各モードでの記録が可能です。さらに非圧縮やF65RAW記録にも対応します。

2.高速データ転送や多様なフォーマット記録が可能
SRMemoryは最大5.5Gbpsの高速記録レートを実現。HDから3D、4Kなど多様な映像制作に対応します。さらに高速転送やマルチチャンネル記録にも対応し、高画質制作の効率を大幅に向上します。

3.小型サイズに大容量データを保存
105mm×60mm×9.4mm(縦×横×奥行き)の持ち運びに便利な小型な本体サイズに、最大1TBのデータを保存できます。

4.高い信頼性を実現するデータセキュリティー構造
堅牢なエラーコレクションとサルベージ機能※を搭載、映画やドラマ、CMなど高付加価値コンテンツ制作に安心して使用できます。
※記録を正常に終了出来なかった際の記録データ損失を最小限にする機能。


型名 容量 記録レート 記録モード
SR-Lite
記録モード
SR-SQ
記録モード
SR-HQ
SR-1TS55 1TB 5.5Gbps 約457分 約241分 約128分
SR-512S55 512GB 5.5Gbps 約228分 約120分 約64分
SR-256S55 256GB 5.5Gbps 約114分 約60分 約32分
SR-1TS25 1TB 2.5Gbps 約457分 約241分 約128分
SR-512S25 512GB 2.5Gbps 約228分 約120分 約64分
SR-256S15 256GB 1.5Gbps 約114分 約60分 約32分
記録時間は概算値、1920x1080/10bit/60iフォーマット記録の場合

SRMASTERデータトランスファーユニット「SR-PC4」の主な特長

1.ビューイング機能
HD-SDI出力を装備、SRMemory収録素材のマスターモニターによる画質確認が可能です。

2.インジェスト機能
SRMemory素材の高速ファイル転送が可能です。インターフェースはGbEを標準装備します。また、他社製PCIeカードを装着することで、10GbE、eSATA(host)にも対応します。

3.バックアップ機能
リムーバブルハードディスクドライブと接続して、SRMemory素材からの高速コピーが可能。

4.パソコンからWebブラウザーアプリを使って制御
IPアドレスを入力するとコントロールGUIが立ち上がります。特に専用ソフトをインストールする必要はありません。

2011年4月11日に発表済みのSRMASTERフォーマット対応商品群の発売日・価格を以下の通りご案内します。

型名 発売日 メーカー希望小売価格
SRMASTER ストレージユニット
「SR-R1000」
2011年 9月下旬 4,830,000円
(税抜価格460万円)
SR-R1000用 HD入力ボード
「SRK-R201」
2011年 9月下旬 2,079,000円
(税抜価格198万円)
SR-R1000用 HD出力ボード
「SRK-R202」
2011年 9月下旬 2,079,000円
(税抜価格198万円)
SRMASTER ポータブルレコーダー
「SR-R1」
2011年 12月下旬 1,732,500円
(税抜価格165万円)
SRMASTER ポータブルレコーダー
「SR-R4」
2012年 1月 1,627,500円
(税抜価格155万円)
SR-R4用コントロールパネル
「SRK-CP1」
2012年 1月 210,000円
(税抜価格20万円)
SRMASTER データトランスファーユニット
「SRPC-5」
2012年 1月 1,554,000円
(税抜価格148万円)

SRMASTER ストレージユニット「SR-R1000」の主な特長

SRMemoryを同時に4枚搭載可能な高速マルチチャンネルレコーダー。
マルチカメラ収録、スロー出しなどのライブ制作や、高速マルチインジェスター、リニア編集など、さまざまな分野で制作効率を向上させます。

1. マルチチャンネル スタジオ収録、撮って出しに最適なストレージシステム
4系統のSDIインターフェースを装備、SRMemoryによる高速ランダムアクセスとリムーバブルメディア運用を実現、マルチチャンネルのスタジオ収録や撮って出し、スローリプレイに対応します。

2.多彩なフォーマットに対応
各系統のSDIは3G-SDIデュアルリンクまで対応、1080 60pやRGBフォーマットでの3D×4chや、4K×2chの同時記録再生など、多彩なフォーマットでの運用に対応します。

3.ネットワーク機能を装備
GbEネットワークインターフェースを標準装備、SDI記録再生をしながらSRMemoryに記録したファイルをFTP転送することができます。

4. 1台でABロールのリニア編集に対応
4系統のRS-422Aを装備、マルチチャンネル入出力機能とあわせて、テープデッキ3台が必要とされたABロールのリニア編集を本機1台で行うことが可能です。(2012年対応予定)

5. キーソース、キーフィルの同期収録に対応
各系統のSDIはHD-SDIデュアルリンクに対応、キーソース、キーフィルのT/Cを同期させた録再を、4chまで同時に行うことができます。

6.長時間記録に対応
SRMemoryドライブを4スロット装備、収録後すぐにコンテンツを持ち出すことができます。さらにオプションの内蔵メモリー(2012年対応予定)を加えて、最大で12TBの記録容量を実現、4Uの筺体で約90時間(SR-Lite)の収録が可能です。

SRMASTER ポータブルレコーダー「SR-R1/R4」の主な特長


  • SR-R1(HD記録)

  • SR-R4(F65RAW記録)
SRMASTERによる高画質記録に対応、RGBや1080 60p、HD非圧縮、F65RAWデータ記録など多様なコンテンツ制作に対応するポータブルレコーダーラインナップです。

1. 「SR-R1」 (HD記録)
・HD-SDI/3G-SDIデュアルリンク入出力を装備。さまざまなカメラと組み合わせての収録に対応。RGB / S-Log / 60fps / 3D記録(2012年対応予定)など多様な映像制作が可能です。
・SR-Lite、SR-SQ記録を標準サポート。HQ記録オプション(将来予定、詳細別途ご案内)により、SR-HQ及び非圧縮記録にも対応。
・HDCAMカムコーダーとのドッキング運用に対応。
・PMW-F3との連携で、SelectFPS(17〜60fps)に対応、また SxS(オフライン)及びSRMemory(オンライン)にタイムコード同期した同時記録が可能。
・AJA VIDEO SYSTEM社との連携で、データストリーム転送による高速ファイルインジェストを実現、撮影現場でのノンリニアシステムへの高速取り込みなどに対応します。

2. 「SR-R4」 (F65RAW記録)
・8K CMOSイメージセンサー搭載CineAltaカメラ「F65」専用のドッカブルレコーダー。
・16bit RAWデータ収録で、最大120コマ/秒までのSelectFPSに対応。

SRMASTERデータトランスファーユニット「SRPC-5」の主な特長

SRMemoryに収録した素材のビューイング、ノンリニア編集機やサーバーへの高速インジェスト、HDCAM-SRテープへのバックアップ記録などを行う、データトランスファーユニットです。
小型(1U)で軽量な筐体を実現しています。

1.ビューイング機能
HD-SDI出力を装備、SRMemory収録素材のマスターモニターによる画質確認が可能です。

2.インジェスト機能
GbEネットワーク経由でSRMemory素材の高速ファイル転送を実現。10GbEネットワークにもオプションで対応。

3.テープバックアップ機能
SRW-5800/2(HKSR-5804装着)との組み合わせにより、SRMemoryからHDCAM-SRテープへの最大2倍速でのクローン作成が可能。

※ HDCAM-SR、SRMemory、SRMASTERおよびそのロゴはソニー株式会社の商標です。
※その他記載されている会社および商品名は各社の商標または登録商標です。なお、本文中では™、®マークは明記していません。
市場推定価格:
「SR-512S55」 47万円前後(税抜)
「SR-256S55」 32万円前後(税抜)
「SR-1TS25」  47万円前後(税抜)
「SR-512S25」 32万円前後(税抜)
「SR-256S15」 12万円前後(税抜)

「市場推定価格」は、発売前の製品について、市場での販売価格を当社が推定したものです。
なお、製品の実際の販売価格は、各販売店により決定されます。


※お客様からのお問い合わせ先 :ソニービジネスソリューション(株) 業務用商品相談窓口
TEL 0120-788-333 (フリーダイヤル)、
TEL 0466-31-2588(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間 9:00〜18:00(土・日・祝日、および年末年始は除く)
ソニー製品情報URL sony.jp/pro/
SRMASTERオフィシャルサイトURL http://www.sony.jp/srmaster/
このページの先頭へ