ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2011年10月31日

<参考資料>
米国販売中のSony Internet TV powered by GoogleTVに向けて、ソフトウェアアップデートを開始
Android™マーケットへのアクセスを可能とし、新しいテレビの楽しみを提供

(本参考資料は10月28日(金)(米国・現地時間)Sony Electronics Inc.による発表を和訳したものです。
 米国における発表文は、www.sony.com/news をご確認下さい。)

 ソニーは、10月28日(米国・現地時間)、米国発売中のSony Internet TVに搭載している“Google TV”プラットフォームのソフトウェアアップデート(無料)を来週より順次開始することを発表しました。

 アップデート以降、Android™ マーケットへのアクセスが可能になり、テレビ用に最適化されたものを含む、数百のアプリケーションの中から、お好みのアプリケーションやカジュアルゲームをダウンロードしてお楽しみいただけます。また、テレビ視聴により親和性が高く、使いやすいメニュー画面へと進化するとともに、“Google TV”プラットフォーム用に最適化されたYouTubeなど、アップデートによりこれまで以上に快適なコンテンツ視聴環境を実現します。
 ソニーは、進化するテレビとして、世界で初めて“Google TV”プラットフォームを搭載した “Sony Internet TV powered by GoogleTV”(テレビ一体型およびブルーレイディスクプレーヤー内蔵型)を、昨年10月より米国にて販売してきました。

 Android™ マーケットでは、スマートフォンやタブレット向けアプリケーションに加え、テレビならではの大画面を活用したものや、複数のプレイヤーで楽しむゲームのように、ご家族でお楽しみいただけるものなど、テレビ向けアプリケーションが用意されています。対応アプリケーションは今後も順次増えていく予定です。

 また、独自技術を活用したアプリケーションなど、ソニーならではのアプリケーションも提供します。

  • 「TrackID」−テレビ放送番組や、インターネットコンテンツ、ブルーレイディスクなどで使われている音楽の関連情報を検索できるアプリケーション。プリインストールで配布します。
  • 「Media Remote」−モバイル端末とテレビの間でURLを双方向で共有し、使い勝手を向上させる機能や、モバイル端末をゲームコントローラーとして使用して、複数のプレイヤーで一つのゲームを楽しむことができる機能など、新しいテレビとモバイル端末の使い方を提案するアプリケーション。Android™ マーケットから、ダウンロードしてお使いいただけます。
  • 「Clip Show」−動画・静止画を解析して、マンガのようなコマ割りやエフェクトを自動的に作成する アプリケーション。ハイライト検出技術や顔認識技術など、ソニーの独自技術を組み合わせた「コミック生成技術」により、デジタルカメラやデジタルビデオカメラで撮影した動画・静止画を使った新しいコンテンツ表現を提案します。Android™ マーケットから、ダウンロードしてお使いいただけます。

ソニー・エレクトロニクス・インク ホーム・ディビジョン・エグゼクティブ・バイス・プレジデント スティーブ・ヘイバーのコメント:

「インターネットテレビ機能はソニーがテレビユーザーに提供する重要な価値であり、中でもSony Internet TVはそれを最も高いレベルで実現しています。今後、Android™マーケットがユーザー個人にカスタマイズした楽しみを提供し、このソフトウェアアップデートにより、ユーザーがよりインタラクティブにテレビに関わっていく新しいテレビ体験をもたらすことを期待しています。」

 “Sony Internet TV powered by GoogleTV”は、放送番組やインターネット上のビデオストリーミングコンテンツなどのコンテンツ視聴に加え、他機器との連携や最新のアプリケーションを提供し続けることで、これまでにない新たなテレビのユーザー体験を提供します。


※ Google、Google TV、 Android™マーケットは、Google Inc. の商標また登録商標です。
※ 記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
このページの先頭へ