ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2011年10月03日

「CEATEC JAPAN 2011」出展のご案内

 ソニーは、2011年10月4日(火)から8日(土)まで開催される「CEATEC JAPAN 2011」(於:千葉市美浜区・幕張メッセ)において、最先端の多彩な商品群と豊富なコンテンツ、そして、ネットワークサービスの融合を通じて実現するソニーならではのユーザー体験を紹介します。

主な展示内容

■ “Sony Tablet”をはじめとしたネットワーク対応機器による新たなユーザー体験

 ネットワークサービスを通じて、音楽や映画、ゲームなど、お客様のお好みのエンタテインメントコンテンツを、ソニーの商品群で楽しめる新たなユーザー体験を演出。
映像配信サービス「Video Unlimited(“ビデオアンリミテッド”)」などのネットワークサービスや、“Sony Tablet(ソニータブレット)”をはじめ、液晶テレビ<ブラビア>、パーソナルコンピューター VAIO、“ウォークマン”や電子書籍リーダー“Reader”を紹介します。
また、株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)のPlayStation®Vita(プレイステーション ヴィータ)や、ソニー・エリクソンのXperia™ acro、Xperia™ ray、Xperia™ PLAYなどの商品も展示します。


■最先端の3D対応商品と多様なコンテンツを中心に広がるソニー3Dワールド

 多岐にわたる分野で3Dの普及に注力し、業務用から民生用へ、家庭用から個人用へと広がってきたソニー3Dワールドを紹介。映画館クラスの仮想ワイドスクリーン(仮想画面サイズ750型相当、仮想視聴距離約20m※1)が目の前に広がる、新たな3D視聴スタイルを提供するヘッドマウントディスプレイ“Personal 3D Viewer”『HMZ-T1』や2Dおよび3Dでのフルハイビジョン動画が撮影可能なデジタル録画双眼鏡『DEV-3』を展示します。また、SCEの24inchサイズの3Dディスプレイや、「プレイステーション 3」などを展示します。
※1: 体感サイズには個人差があります。


■高画質・高精細な映像を提供する4Kシアター

 4K映像を投影する家庭用ビデオプロジェクターを展示し、4Kの高画質・高精細な臨場感溢れる映像を紹介します。業務用の分野では2004年の“SXRD”の開発以来、全世界の映画館に4Kデジタルシネマプロジェクターの設置を進めており、先月には全世界の累計出荷が1万台を達成しました。また、ソニーは、4K映像を生成できるカメラ「F65」や、SRMASTERをはじめとした、4Kコンテンツ制作機器などを揃えています。これら業務用領域で培われたソニーの4K技術・ノウハウを結集して実現した、4K映像の魅力を紹介するとともに、「映画館の臨場感をご家庭で楽しむ」、という新たなスタイルを提案します。

主な展示製品

  • “Sony Tablet” Sシリーズ、Pシリーズ
    様々なハードウェアとソフトウェア、ネットワークを融合し、優れた操作性などで快適なエンタテインメント体験を提供するタブレットデバイス。
    “Sony Tablet” Sシリーズは、ネットワークを通じて様々なコンテンツを9.4型の大きな画面で自在に楽しめ、重心を片側に寄せた偏重心デザインを採用し、軽量感と持ちやすさを実現しています。“Sony Tablet” Pシリーズは、2つのディスプレイを搭載し、折りたたむことにより、コンパクトサイズで携帯することができます。

  • Android™ 搭載“ウォークマン” Zシリーズ『NW-Z1070』『NW-Z1060』『NW-Z1050』
    デジタルアンプ“S-Master MX”※2など6 種類の「クリアオーディオテクノロジー」を採用し、“ウォークマン”史上最高音質を実現。音楽・映像・多彩なアプリケーションを高音質でお楽しみ頂ける、Android™ 搭載の“ウォークマン”新シリーズです。
    ※2: ワイヤレスリスニングおよびFMラジオには無効です。

  • 電子書籍リーダー“Reader”『PRS-G1』『PRS-T1』
    6型の電子ペーパーと光学式タッチパネルを搭載し、文字の読みやすさ、世界最軽量※3となる約168gの本体、1回の充電で約7週間※4の読書を可能にするロングスタミナなど、読書専用機ならではの利便性をさらに高めました。加えて、3GおよびWi-Fi®に対応し、いつでも好きな場所でeBook ストア“Reader Store”で電子書籍の購入などが可能。
    3G接続の利用料最大2年間無料プランもご用意(3G+Wi-Fi®モデル『PRS-G1』)。
    ※3: 6型の電子ペーパーを使用した端末として世界最軽量。(2011年9月29日 広報発表時点)
    ※4: ワイヤレスオフ時。テキストベースのXMDFドキュメントを約1分/1ページで、1日約30分間読書した場合。


  • ヘッドマウントディスプレイ“Personal 3D Viewer”『HMZ-T1』
    新開発0.7型「HD有機ELパネル」(1280×720)を左目用と右目用にそれぞれ搭載。
    有機ELパネルの高コントラスト・色再現性・高速応答性能を生かした高品位なHD映像を、左右それぞれに独立して表示する「デュアルパネル3D方式」を採用しています。
    これにより、クロストークのない、自然で明るい高純度な3D映像を楽しめます。

  • デジタル録画双眼鏡『DEV-3』
    ズーム、オートフォーカス、手ブレ補正などこれまで培った技術を採用し、2Dや3Dでのフルハイビジョン動画※5の撮影を楽しめます
    ※5: フルハイビジョン動画(1920x1080)とは、垂直方向解像度が1920画素、水平方向解像度が1080画素のものを指します。

  • 家庭用蓄電池『CP-S300E』『CP-S300W』
    コンパクトなデザインと簡単操作で、ご家庭のコンセントから直接充電できます。

  • 業務用蓄電池『ESSP-2000』
    長寿命、高い安全性能、急速充電性能、高出力という特長を持つオリビン型リン酸鉄リチウムイオン蓄電モジュールを搭載し、さらにコントローラーやインバーター・コンバーター等と組み合わせることですぐに業務用途に使用することができます。
※ Androidは、Google Inc.の商標または登録商標です。
※ “WALKMAN”、“ウォークマン”およびそのロゴは、ソニー株式会社の日本国およびその他の国における登録商標または商標です。
※ “Sony Tablet”、<ブラビア> 、VAIO、“SXRD”、“Reader”は、ソニー株式会社の商標または登録商標です。
※ 「PlayStation」および「プレイステーション」は、株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの登録商標です。
※ 「Xperia」は、Sony Ericsson Mobile Communications AB の商標または登録商標です。
※ その他記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。
このページの先頭へ