ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2011年10月27日

ソニー、ソニー・エリクソンのエリクソン保有株式を完全取得

・ ソニー・エリクソンをソニーの100%子会社とし、ソニーのネットワーク・コンスーマー製品群に統合
・ ソニーは広範なクロスライセンス及び5つの重要特許群をあわせて獲得
・ エリクソンは10億5,000万ユーロの現金支払いを受領
・ ソニー及びエリクソンは、様々なプラットフォーム間の接続性を加速するため、ワイヤレス接続の分野で協力


 ソニー株式会社(以下、ソニー)とエリクソン社(以下、エリクソン)は、本日、ソニーがエリクソンの保有するソニー・エリクソンの50%の株式を取得し、携帯電話事業を営むソニー・エリクソンをソニーの100%子会社とすることで合意に至ったと発表しました。

 今回の取引により、ソニーはお客様の利便性向上、また事業の成長に向けて、タブレット、テレビ、PCなど、ソニーの幅広いネットワーク対応コンスーマー製品群の中にスマートフォンをより迅速に組み込んでいくことが可能になります。さらにソニーは、ソニーの全ての製品及びサービスを対象とする広範な知的財産権のクロスライセンス及びワイヤレスモバイル技術に関する5つの重要特許群もあわせて獲得しました。

 今回の取引に基づき、ソニーからエリクソンに対し、10億5,000万ユーロの現金が支払われます。

 過去10年の間に、携帯電話市場の中心は、単純な通話端末からネットワークサービスやコンテンツにもアクセスできる多機能なスマートフォンへと変化してきました。両社はこのような携帯電話の進化、そして市場における重要性を考慮し、合理的な結論として今回の取引に至りました。

 エリクソンにとっては先駆的な技術及び通信サービスのポートフォリオと、携帯端末事業双方を保有することによるシナジーは低下しています。今日におけるエリクソンの重要戦略は、ワイヤレス通信を、電話という形を超えて人々、ビジネス、社会にとって有益なものにしていくことです。その一環として、エリクソンとソニーはワイヤレス接続の分野で協力し、様々なプラットフォームを接続するワイヤレス通信の普及を推進し、発展させていきます。


ソニー株式会社 代表執行役 会長 兼 社長 CEO ハワード・ストリンガーのコメント
「今回の取引はソニーにとってもエリクソンにとっても有意義なものであり、そして何よりも、いつ、どこででも好きなコンテンツを楽しみたいというお客様の期待に応えるものとなるはずです。
スマートフォンという成長事業を統合し、同時に、広範なクロスライセンスを含む戦略上大変重要な知的財産権へのアクセスを取得することで、我々が目指す“フォー・スクリーン戦略”の体制が整いました。ソニーは、スマートフォン、タブレット、ノートPC、テレビなどをシームレスに連携させ、より迅速にまた強いラインナップでお客様に提供しています。これらの製品とソニー自身が運営するネットワークサービスであるプレイステーションネットワークやソニーエンタテインメントネットワークを通じて、新しいオンラインエンタテインメントの世界を開拓していきます。また、今回の株式取得によって、商品設計、ネットワークサービスの開発、マーケティング活動など多くの事業領域で、商品群を横断した事業の効率性の向上も目指していきます。ソニーは、自らが保有する映画・音楽・ゲームなど全てのコンテンツを、幅広い商品を通してお楽しみいただける環境を、ソニーにしか成し得ない形で広げていきます。」

エリクソン社 代表取締役社長兼CEO ハンス・ヴェストベリのコメント
「両社が10年前に合弁会社を設立した時には、ソニーのコンスーマー商品に関する知見とエリクソンの通信分野における技術力は、多機能携帯電話(フィーチャーフォン)を開発していくために、最適な組み合わせでした。今日、当社の保有するソニー・エリクソンの株式をソニーが取得してスマートフォンを幅広いコンスーマー商品群と融合するということも、前回と同様に合理的なステップであると考えています。一方、私たちは、研究開発の強みと業界随一の特許ポートフォリオを活かし、全てのデバイスに通信機能を持たせることで真につながった世界を実現するという目的に向かって注力していきます。」


 ソニー・エリクソンは、2001年10月1日に、当時不採算であったソニー及びエリクソンそれぞれの携帯電話事業を統合し、事業活動を開始しました。携帯電話事業の黒字化を達成した後、ソニー・エリクソンはソニーのコンスーマー領域での知見とエリクソンの通信分野の技術力を組み合わせることで、フィーチャーフォンの開発における市場のリーダーとなりました。Walkman® Phone、Cyber-shot™ ケータイなどはよく知られたヒット商品です。

 2007年にスマートフォン “P1”を発売するなど、ソニー・エリクソンはスマートフォンの領域でも存在感を拡大し、フィーチャーフォンからAndroidベースのXperia™シリーズへと事業の軸足を移してきました。2011年度第3四半期終了時点では、アンドロイド端末の市場において11%の金額シェアを有し、これらの端末が同四半期の売上の80%を占めるに至っています。過去10年の事業活動を通じて、ソニー・エリクソンは約15億ユーロの利益を創出し、両親会社に合計約19億ユーロの配当を支払っています。2011年には“Xperia™ arc”及び“Xperia™ mini”がEISAアワードを受賞するなど、ソニー・エリクソンはこれまでに多数の優れた製品を発売しており、直近では“Xperia™ PLAY”、“Xperia™ arc S”などをラインナップに加えています。

 ソニー及びエリクソンは本取引の実行に関する機関決定をそれぞれ既に行っており、今回の取引は、2012年1月を目途に、各国において必要とされる政府当局または監督官庁の承認を得た上で実行される見込みです。

 本取引を通じて、ソニーがソニー・エリクソンの発行済議決権付株式の全てを取得することにより、ソニー・エリクソンは、本取引の完了日をもって、ソニーの連結子会社となります。なお、本取引が2011年度のソニーの連結業績に与える影響については現在精査中です。


ソニー・エリクソンについて:
・売上(2010年度):62億9,400万ユーロ
・純利益(2010年度):9,000万ユーロ
・従業員数(2010年12月):7,500人
・本社:ロンドン
・研究・開発拠点:北京、ルンド、シリコンバレー、東京
・アンドロイド端末の市場シェア(2011年度第3四半期):11%
・売上の80%をアンドロイド搭載スマートフォンが占める(2011年度第3四半期)
このページの先頭へ