ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2011年11月10日

業界初*1、モバイルFeliCa対応NFC無線通信LSIを商品化

〜複数の非接触IC技術に対応し、スマートフォン向けのソリューションを提供〜

 ソニーは、近距離無線通信規格NFC(Near Field Communication)において、モバイルFeliCaに加え、近接型非接触通信規格 ISO/IEC14443 Type A/Type B*2にも対応した、モバイル向け無線通信LSIを業界で初めて*1商品化しました。
  • NFC無線通信LSI 『CXD2235AGG』
    NFC無線通信LSI 『CXD2235AGG』
型 名 出荷時期 サンプル価格(税込み)
  NFC無線通信LSI 『CXD2235AGG』 2011年11月 600円
 非接触での決済機能などを実現するために、携帯電話やICカードなどに広く採用されている13.56MHz帯の周波数を利用した近距離無線通信規格NFCには、主に日本やアジアで普及しているFeliCaや、欧州や米国を中心に利用されているType A/Type Bの非接触IC技術があります。一方、世界的にスマートフォンによるモバイル決済の普及が見込まれる中、3つの非接触IC技術に対応し、ユーザーの利便性を向上することが求められてきました。
 今回開発したNFC無線通信LSI『CXD2235AGG』は、これら3つの非接触IC技術に対応した通信データの送受信を実現するもので、国内外のNFCを使用した端末でのモバイル決済に対応が可能となります。加えて、リーダー/ライター機能を搭載したことにより、NFC Tag*3を埋め込んだポスターからの情報取得や機器間通信、BluetoothやWiFiなどの認証機能としての使用が可能となります。
 また、本LSIに搭載したFeliCa/Type A/Type Bの自動判別機能によって、モバイルFeliCa同様、決済前の操作が不要なユーザーインターフェースと、FeliCaで要求される高速応答処理を実現しました。
 『CXD2235AGG』は、通信データの復調回路としてデジタル放送向けLSIの開発で培った技術を応用し、優れた受信性能を実現しました。さらに、1つのLSIでモバイルFeliCa対応NFCを実現したことにより、スマートフォンの部品点数削減などに貢献できます。
 本LSIは、日本の携帯電話向けに、国内外のスマートフォンメーカーへ広く販売していきます。

主な特長

・ 業界初*1非接触IC技術「FeliCa/Type A/Type B *2」対応
- モバイルFeliCa機能を実現するためのセキュリティLSIおよび、クレジットカード機能などを持つType A/Type B対応
SIMカードとの接続インターフェースを搭載
- NFC Tag*3 を埋め込んだポスター(スマートポスター)などのリーダー/ライター機能を搭載
・ FeliCa/Type A/Type Bの自動判別機能搭載(モバイル決済前の操作が不要)
・ FeliCaサービスで要求される高速応答処理の実現
・ 国際標準規格に準拠
- 無線通信規格:ISO/IEC-18092, ISO/IEC-14443、インターフェース規格:ETSI TS 102 613, ETSI TS 102 622

*1 2011年11月現在、ソニー調べ。
*2 ISO/IEC14443で規格化された13.56MHzを搬送波とする通信方式。
*3 ISO/IEC14443やFeliCaの通信方式で動作するICカードやICタグ。

※“ARM”はARM社の商標です。
※“FeliCa”は、ソニー株式会社の登録商標です。

『CXD2235AGG』を使ったスマートフォンの構成例

  • 『CXD2235AGG』を使ったスマートフォンの構成例

主な仕様

サイズ : 5.5mm×5.5mm
パッケージ: 78pin VFBGA (0.5mm ピッチ)
電源電圧 : 2.5〜3.3V
このページの先頭へ