ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2011年11月16日

新開発CCD・DSP等の搭載により、さらなる高画質化を実現し、
3G光ファイバー伝送を標準搭載した放送用HDスタジオカメラ発売

  • マルチフォーマットポータブルカメラ「HDC-2500」
    マルチフォーマットポータブルカメラ「HDC-2500」
 ソニーは、新開発のCCDやDSP等の搭載によりさらなる高画質化を実現し、高ビットレート伝送を実現する3G光ファイバー伝送を標準搭載した、HDスタジオカメラを発売します。本機はスポーツ中継・スタジオ番組・ドラマ・映画等、様々な映像制作環境にフレキシブルに対応します。

型 名 発売日 メーカー希望小売価格
マルチフォーマットポータブルカメラ「HDC-2500」
※主要オプション標準搭載
2012年1月 8,400,000円
(税抜価格 8,000,000円)
HDポータブルカメラ「HDC-2400」 7,350,000円
(税抜価格 7,000,000円)
 本機は、新開発の2/3型220万画素広帯域プログレッシブCCDや信号処理DSP LSIを搭載し、従来機※1に比べS/N比の向上・高解像度化・スミアレベル※2低減など、さらなる高画質化を実現しています。同時に、16ビットA/Dコンバーターを採用することで、高精細な映像表現が可能となり、黒の再現性も向上しています。
 また、「HDC-2500」は3G光ファイバー伝送システムに標準対応し、1080/59.94p※3等の1080/59.94iの2倍のデータ量の伝送が可能です。
 さらに、「HDC-2500」は標準で1080/119.88iの撮像に対応しており、カメラコントロールユニット「HDCU-2000」/「HDCU-2500」(別売)から、スローモーション用の1080/59.94iの2倍速信号と、1080/59.94iの標準速信号を同時に出力することが可能です。※3これにより、スポーツ中継や劇場撮影の現場では、スローモーション専用カメラを設置することなく、「HDC-2500」を設置したすべてのカメラポジションにおいて2倍速スローモーション映像を撮影することが可能になります。
 また、放送業務用カメラとして初めて※4アウトサイドカバーにカーボン・ファイバーを採用するなど、屋外中継などのタフな撮影環境にも耐える軽量・強靭かつスタイリッシュな筐体 設計を施しています。

※1:「HDC-1500R」との比較。
※2:周囲より極端に明るい被写体を撮影した際に白飛びする現象。
※3:「HDC-2400」はオプションで対応。
※4:2011年11月現在。ソニー調べ。

『HDC-2500』『HDC-2400』の主な特長

1. 新開発2/3型220万画素プログレッシブCCDなど、最新テクノロジーにより高画質化を実現

 新開発の2/3型220万画素広帯域プログレッシブCCDや、新開発のDSP(映像信号処理LSI)を搭載し、従来機※1に比べS/N比の向上・一層の高解像度化・スミアレベルの低減(-140dB)などさらなる高画質化を実現しています。また、16ビットA/Dコンバーターを採用することで、さらに高精細な映像表現が可能となり黒の再現性も向上しました。
 スポーツ中継、スタジオ撮影、映画・ドラマ収録等、高画質映像が求められるあらゆる現場において、これまで以上に美しい映像撮影が可能です。

2. 3G光ファイバー伝送システムに標準対応。
 (「HDC-2500」標準対応。「HDC-2400」はオプション対応)

 高ビットレート伝送を実現する3Gファイバー伝送システムに標準対応しています。
 1080/59.94 p信号または、1080/59.94 i信号を2系統同時に伝送することが可能です。これにより、サブカメラとの組み合わせによる3D映像の撮影、被写体の動きの早いスポーツ中継など様々なシーンにおいて、より効率的な運用が可能になります。

3. 2倍速スローモーションを実現。標準速・2倍速の同時出力も可能にし幅広い運用に適合。
(「HDC-2500」標準対応。「HDC-2400」はオプション対応)

 1080/119.88iの撮像に対応しており、カメラコントロールユニット「HDCU-2000」や「HDCU-2500」からは1080/59.94i標準速信号と、2倍速スローモーション用の信号を同時に出力することができますので、 SRMASTERストレージユニット「SR-R1000」等と組み合わせることで、2倍速スローモー ションシステムを実現可能です。

※1:SR-R1000の2倍速対応は、2012年度予定。
  • <2倍速スローモーションシステム例>
    <2倍速スローモーションシステム例>

4.スタイリッシュかつ強靭な筐体設計

 これまでの低重心設計を継承しながら、新たなデザインの新筐体を採用しました。 放送業務用カメラとして初めてアウトサイドカバーにカーボン・ファイバー素材を採用し、強度を高めています。 屋外中継などタフな撮影環境にも耐える軽量・強靭な筐体に加え、スタイリッシュなデザインを施しました。

5.多彩な映像調整機能を搭載

 HDC-1000/1000Rシリーズの豊富な映像調整用の各種機能を継承し、さらに機能の追加や性能改善を実現しました。
たとえば、本機に初搭載した「Natural Skin Detail機能」は、従来の「Skin Detail機能」に比べてより一層の機能改善を実現し、眉や顔の輪郭をくっきりと残したまま、肌の部分だけをなめらかに美しく撮影することが可能です。

6. カメラシステムの互換性を維持

 HDC-1000/1000Rシリーズとのカメラ、CCUとの相互接続が可能です。また、HDC-1000/1000Rシリーズ用の各種アクセサリー(RCP-1000シリーズ、MSU-1000シリーズ、HDVFシリーズ等)との互換性も確保していますので、柔軟なシステム構築が可能です。

7. 用途、目的に合わせて拡張可能なHDポータブルカメラ「HDC-2400」を用意

 1080/59.94i撮影における基本性能や標準的な機能、3G光ファイバー伝送機能はそのままに、用途や目的に応じて撮影フォーマットや機能をオプションで追加することが可能なHDポータブルカメラ「HDC-2400」を用意しました。これにより、お客様の様々なご要望や運用に対応して参ります。

<HDC-2400用オプション> 2012年1月発売予定。
  • ND/CCサーボフィルター「HKC-DF20」
  • 23.98PsF、24PsF、25PsF、29.97PsF対応ソフトウェア「HZC-PSF20」
  • 59.94p、50p対応ソフトウェア「HZC-PRV20」
  • 2倍速撮像対応ソフトウェア「HZC-DFR20」
  • ユーザーガンマ/RGB4:4:4対応ソフトウェア「HZC-UG444」(発売済み)

「HDC-2500」「HDC-2400」の主な仕様

  HDC-2500 HDC-2400
一般 外形寸法
(幅×高さ×奥行)
約135×198×362mm(突起物含まず)
質量 約4.5kg(レンズ、ビューファインダーを除く)
動作温度 -20〜+45℃
保存温度 -20〜+60℃
カメラ部 撮像素子 2/3型 プログレッシブ 3CCD
有効画素 1920(H) × 1080(V)
対応フォーマット 1080/50i, 59.94i, 720/59.94p, 50p
1080/23.98PsF, 24PsF, 25PsF, 29.97PsF *1
1080/50p, 59.94p *2
1080/100i, 119.88i, 720/100p, 119.88p *3 (2倍速スローモーション用)
RGB4:4:4出力 *4
分光系 F1.4プリズム方式
内蔵
フィルター
ND 1:素通し、 2:1/4ND、 3:1/8ND、 4:1/16ND、 5:1/64ND       1:素通し、 2:1/4ND、 3:1/16ND、 4:1/64ND、 5:クロスフィルター      
CC A:クロスフィルター、 B:3200K、  C:4300K、 D:6300K、 E:8000K
サーボフィルター
コントロール
有り
レンズマウント バヨネットマウント
感度(1080/59.94iモード) F10(2000lx、3200K、反射率89.9%)
クリアスキャン 60.0〜4300Hz
スミアレベル -140dB

*1:HDC-2400はオプション(HZC-PSF20にて対応)
*2:HDC-2400はオプション(HZC-PRV20にて対応)
*3:HDC-2400はオプション(HZC-DFR20にて対応)
*4:HDC-2400はオプション(HZC-UG444にて対応)

※記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

お客様からのお問い合わせ先


ソニービジネスソリューション(株) 業務用商品相談窓口
TEL
0120-788-333 (フリーダイヤル)
 
0466-31-2588(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間
9:00〜18:00(土・日・祝日、および年末年始は除く)
ソニー製品情報URL
sony.jp/pro/

このページの先頭へ