ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2012年01月31日

ソニーの3Dコンテンツ体験チャンネル「3D Experience」、累計視聴回数1000万回を突破

 2011年7月よりスタートしたソニーの3Dコンテンツ体験チャンネル「3D Experience(3Dエクスペリエンス)」では、サービス開始から6カ月でコンテンツの累計視聴回数が全世界で1000万回※1を突破しました。「3D Experience」は、映画、音楽、スポーツ、ドキュメンタリーなどの幅広い3D映像のダイジェスト版を、3D対応の液晶テレビ<ブラビア>※2、ブルーレイディスクプレーヤー※3向けに、無料でインターネット配信するサービスです。当初5カ国で開始した本サービスは、現在60の国と地域に展開を拡大しており、世界中のお客様に向けて、3Dエンタテインメントをお届けしています。

 日本においては2011年8月のサービス開始以来、Sony Pictures Entertainmentから2012年に公開予定の期待の3D作品「アメイジング・スパイダーマン」、「メン・イン・ブラック3」の3Dダイジェスト映像や、「FIFAクラブワールドカップジャパン2011 」オフィシャルフィルムのトレーラー映像、「The 世界遺産3D GRAND TOUR」の15コンテンツなど、コンテンツを拡充しており、計100タイトル※4を無料でお楽しみいただけます。今後も配信する3Dコンテンツを一層充実させてまいります。
  • 「3D Experience」トップ画面イメージ図
    「3D Experience」トップ画面イメージ図
 当社は、「3D Experience」を通じて、幅広い3Dコンテンツの中から好みのジャンル、作品を見つけ、実際に体験いただく場をご提供し、3Dエンタテインメントをよりアクティブにお楽しみいただける環境を作ってまいります。

(※1)2012年1月24日時点の累計コンテンツ視聴回数
(※2)本サービスは2010年、2011年発売のインターネットテレビ機能搭載の3D<ブラビア>にてご利用いただけます。
(日本国内対象モデル:LX900/HX900/HX800/HX920/820/720/NX720/EX720/72Sシリーズ 計9シリーズ24機種)
(※3)2011年発売の「BDP-S480」にてご利用いただけます。
(※4)コンテンツ数は2012年1月31日プレスリリース時点。
このページの先頭へ