報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2012年2月15日

高画質4K映画コンテンツの制作環境が実現

−ハリウッドのプロダクション、映像制作機器メーカー各社がソニーの4Kオープン制作フォーマットに対応−

 ソニーは業界最高画質で4K映像を撮影できるCineAltaカメラF65の記録フォーマットである「SRMASTERフォーマット(F65 RAWファイル及び2K/HD MPEG4 SStP(Simple Studio Profile))」をオープンプラットフォームな技術方式とすることを決め、2011年秋以来、映像制作機器メーカー各社へ技術仕様の公開や開発支援を通じて幅広く提案してきました。
 オープンプラットフォーム化は、撮影から編集、カラーグレーディングまでのワークフローの効率化、高画質化の加速を目指したものです。

 そして、フォーマット採用へ賛同を表明したノンリニア編集やカラーグレーディングなど多数のメーカーより、4K編集環境の実現に向けて、映像制作機器への対応が進められています。

 このなかで下記6社の製品の正式版(リリース版)によるSRMASTERフォーマットへの対応が完了し、オン・セット・デイリーズ(撮影現場での映像確認機器やシステム)やカラーグレーディング、コンポジット(編集工程での色調整やVFXとの合成)など編集領域においても4Kコンテンツが扱える環境が整いました。

 ◎ASSIMILATE、Blackmagic Design、Colorfront、FilmLight、MTI、YoYotta

 また、映画製作現場においては、ハリウッドの大手ポストプロダクション10社によるSRMASTERフォーマット対応が推進され、各ファシリティにおけるF65撮影プロジェクトのサポート環境が整いつつあります。

 ◎Colorworks、Company 3、DigitalFilm Tree、EFILM、Encore/Level 3、FotoKem、Hollywood DI、Light Iron、
Modern VideoFilm、Technicolor

 なお、今回対応が完了した6社以外にも、映像制作業界各社でソニーの4Kフォーマットへのサポートに向けた取り組みが行われており、開発が進行中です

 2012年1月からは発売前に約400台という大規模受注を得たCineAltaカメラF65の全世界への出荷を順次開始しており、すでにF65により複数の映画撮影が開始されています。

 ソニーは高画質なコンテンツ制作においてもITネットワークを活用したファイルベースのオペレーションを実現し、4K映像の撮影から編集まで、高品位なコンテンツが創出される環境を構築しました。
これからも映像表現の可能性を追求するクリエーション領域を支援し、エンタテインメント市場の活性化と人々の楽しみにプロフェッショナルソリューションの技術で応えていきます。

  • SRMASTERはソニー株式会社の登録商標です。
  • その他、当プレスリリースに記載された社名、製品名は各社の登録商標、または商標です。

お客様からのお問い合わせ先

ソニービジネスソリューション(株) 業務用商品相談窓口

  • TEL
    0120-788-333 (フリーダイヤル)
    0466-31-2588(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
  • 受付時間
    9:00〜18:00(土・日・祝日、および年末年始は除く)
  • ソニー製品情報URL
  • CineAltaオフィシャルサイトURL
  • SRMASTERオフィシャルサイトURL
このページの先頭へ