ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2012年03月19日

スマートフォン向け放送局「NOTTV(ノッティーヴィー)」に撮影・収録・編集・字幕オーサリングなど放送制作機器一式を納入

〜新たな視聴スタイルに向けたデジタルコンテンツ制作ソリューションの提案〜



  • 機器納入現場写真 左より、「第1スタジオサブ」、「第2スタジオ」、「ビデオテクニカルセンター(VTC)」
 ソニー及びソニービジネスソリューションは、株式会社mmbi(以下mmbi)が提供するスマートフォン向け放送局「NOTTV(ノッティーヴィー)に、撮影・編集・字幕オーサリングなどに関わる放送制作機器一式を納入しました。
 また、同放送局のシステムは収録から送出までファイルベースで行いますが、ARIB TR-B31に準拠し、MXFファイルへ字幕重畳を行う事が可能な字幕オーサリングシステムも納入しました。※1

主な納入機器

●第1スタジオ/サブ、第2スタジオ/サブ
 ライブスイッチャー「MVS-6000」、
 デジタルトライアックスカメラ「HSC-300/HXC-100」、
 有機ELマスターモニター「BVM-Eシリーズ」、デジタルワイヤレス「DWXシリーズ」など

●ビデオテクニカルセンター(VTC、回線・収録センター)
 ルーティングスイッチャー「IXS-6700」、XDCAMプロフェッショナルメディアステーション「XDS-PD1000」、HDCAM SR VTR「SRW-5800」など

●ポストプロダクション
 Media Backbone Sonaps、XDSタッチ送出システム、MAシステムなど

●字幕オーサリング(MXFファイル字幕オーサリング)

 mmbiは、V-High帯の14.5MHz(13セグメント)を利用し、2012年4月1日にスマートフォン向け有料放送「NOTTV」を開局し、3チャンネルのリアルタイム型放送と蓄積型放送(シフトタイム視聴/デジタルコンテンツ)を行う放送局です。
 常に通信が可能なスマートフォンやタブレット端末などの特徴を活かし、双方向番組やソーシャルメディアを組み合わせた番組放送を行います。

 ソニーは、このような全く新しい放送スタイルに向け、機器納入のみならず自社の持つデジタルコンテンツ制作のノウハウやソリューションも積極的に導入し、映像制作の現場をサポートしてまいります。
 また、視聴スタイルの多様化に伴い、蓄積されたデジタルコンテンツのアーカイブ・二次活用需要が高まると考えられます。コンテンツ資産の管理に最適なソリューションを含め今後も多種多様な提案を続けて参ります。

※1:字幕オーサリングシステムは、エル・エス・アイジャパン株式会社様との共同納入です。
※:「NOTTV」は、株式会社mmbiの登録商標です。

お客様からのお問い合わせ先


ソニービジネスソリューション(株) 業務用商品相談窓口
TEL
0120-788-333 (フリーダイヤル)
0466-31-2588(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間
9:00〜18:00(土・日・祝日、および年末年始は除く)
ソニー製品情報URL
sony.jp/pro/

このページの先頭へ